700分の1スケール「万能潜水艦ノーチラス号」をつくる、その9

 船底部にある潜水球をいじります。第14話「ディニクチスの谷」で活躍した装備です。

IMG_0043 (2).JPG


 キットでは只の半球状パーツでしたので、ピンバイスを使い、窓っぽいディテールを彫ってみました。設定画を見ると、更にマニュピレーターも左右に装備されているようです。この装備は劇中では使用していませんでしたので、再現は『パス』と言う事で(←あ、逃げた)。
 腕のある方なら、潜水球自体をスクラッチしてしまうところなのでしょうが、くるくるにはそこまでの技量がありません。ですので「それっぽく」止まりです(^^;)。
 また、左右のダクトパーツも船体に取り付けてしまいました。どうせ継ぎ目の処理を行いますし。



"700分の1スケール「万能潜水艦ノーチラス号」をつくる、その9" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント