ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN、第7話を観る

 ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN、第7話を視聴しました。予告の印象ではルッキーニが中心になるかと思っていましたが、どちらかと言うと中心はリーネという印象です。
 ルッキーニも充分過ぎるほど活躍?してますが( ̄▽ ̄;)。

 ネウロイ迎撃のため出撃する宮藤芳佳でしたが、やはり魔法圧が安定せず、皆に迷惑をかけてしまう事に。心配したリーネは、少しでも彼女の役に立てればと、魔法圧安定の効能がある薬草を取りに山中に向かいます。そこで妙な祠を見つけ、(よせばいいのに)安置されていた箱を基地に持ち帰ります。
 その箱を誤って宮藤芳佳が割ってしまい、中から変な土偶が。その土偶をルッキーニが面白半分にいじっていると、急に胸が大きくなり・・・・。

 これまでのシリアスさ中心のエピソードがら急転直下、第1期の「スースーするの」第2期の「モゾモゾするの」に続く、《おバカ(&ちょっちH)なエピソード》に相当するお話となっています。とはいえ、今回は若干ホラー風味になっているのが大きく違うトコロ。
 スタッフの執念(信念?)とキャストの熱演に対し万雷の拍手を送りたいと思います。(←いいのか、ヲイ)

 しかし・・・、大昔のウィッチが残す遺跡というか遺産というのは、何故そろいもそろって「困ったちゃん」が多いのでしょう? いやいや、作られた当時は「あくまで真剣で神聖なもの」だったのかも知れませんが・・・。
 今回の騒動を502部隊(ブレイブウィッチーズ)のラル司令が知ったなら、事あるごとにこのネタでミーナを揶揄うのでしょうねぇ(笑)。

 今回のお話は、深夜、部屋を暗くして1人で視聴するのが一番良い視聴法だと思います。

 色々な意味で。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント