スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」をつくる、その3

 飛行ブースターを組みます。最初にイーグルファイターを組んだわけですが、そのおかげでパーツの精度に難があるという事を実感する事ができました(笑)。
 ですので本格的に可動部位が仕込まれているランドライガー、ランドクーガー、ビッグモスを組む前に、練習と確認の意味合いを込めて、先に飛行ブースターを組んでみよう、という算段です。

IMG_0738.JPG


 まずは機首。翼をはめ込む際、調整をするところまでは行きませんでしたが、注意は必要です。

IMG_0742_LI.jpg


 基部にあたる部分です。キャノン砲の可動とダンクーガのドッキング用パーツ(←肩部分)を1本の軸で支える事になります。サイズ上仕方がないと思いますが、もし何かあれば・・・。考えるだけで恐ろしいです。
 しかし、緩くし過ぎると支障が出るので、あえてパーツの調整をせずに組みました。当然ながら、かなり気を使いました。

IMG_0739.JPG


IMG_0743.JPG


 キャノン砲。基部にあたる部位のはめ込みはキツかったです。パーツK-9(8)は向きに注意です。
 砲身は左右分割のパーツ割りなので、本来合わせ目処理を行うところですが、今回は素組みで進めるので、特に処理はしていません。
 この合わせ目も気になりますが、パーツの切り出し面もまた気になるところなので、より見栄えを高めたいならば、合わせ目消し~塗装といった処理は必須です。

IMG_0744.JPG


IMG_0746_LI.jpg


 これで飛行ブースター、完成です。

 ダンクーガとのドッキング(←腰部分)に使う左右のジョイント(パーツK-1、2)がかなり緩めでした。今の時点ではさほど気になりませんので、特に弄っておりません。
 また、翼にはシャープペンシルを使って、スジ彫りされた部分にスミ入れを行っています。しっかりとモールドが入っているので、かなり見た目が良くなったように思いますが、はてさて?
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント