テーマ:模型

35分の1スケール「巡航戦車 A41センチュリオン」をつくる、その9

 チョコチョコと進めます。  砲塔の側面に装備される道具箱?です。  車体後部もまだまだパーツを取り付けねばなりません。ただ、ワイヤーに関しては後回しとします。ワイヤーの再現用に糸が付属していますが、コレをどのように扱ったものか、考えあぐねています。さすがに「そのまま」という訳にはいきませんし、ワイヤーが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「巡航戦車 A41センチュリオン」をつくる、その8

 砲塔に手を付けていきます。  ひとまずカタチにしてみました。パーツQ-14とQ-1を合わせる際、軸受け用のパーツを挟み込むよう説明図の絵では描かれていますが、この軸受け用パーツの番号が振ってありません。ここはパーツR-5となります。  また、パーツP-3を取り付けた際、かなり強引に取り付けたためスキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「巡航戦車 A41センチュリオン」をつくる、その7

 簡単に組めるところを組むことにします。とは言え、パーツが細かいので、その分気は使いますが・・・。  足回りと車体前部ハッチ、そして予備履帯です。足回りに関しては、「焼き止め」加工をする手前までです。ハッチに関しては、クリアパーツの取り付けがあります。実車では潜望鏡を使うような感じで外を見る事が出来るのでしょうか? このク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「巡航戦車 A41センチュリオン」をつくる、その6

 足回りに手を付けていこうと思いますが、その前に。  このキット、サスペンションが稼働するのですが、そのキモとなる金属製スプリングです。コレにタミヤさんのサーフェイサーを吹いた後、ガンメタルで塗装しています。  組んでしまえば、見えなくなる部位ですし、動かすこともまず無いとは思いますが、一応念のために、です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「巡航戦車 A41センチュリオン」をつくる、その5

 車体後部の続きです。  ここも、「ああ、なるほど」です。「く」の字に組んだ部品から伸びる支柱部位が、パーツO-18にもハマる訳ですか・・・。このO-18とB-19の取り付けには難儀しました。  ちなみに、ひっくり返して車体後部を見ると、こんな感じ。  写真が上手く撮れてません(爆)。自身で撮った写真ではあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「巡航戦車 A41センチュリオン」をつくる、その4

 リヤ部品の続きです。ダクト(?)にあたる部分を組んでいきます。  [B-16、17]をセットにして×8、そして[B-10、11]をセットにして×2、それぞれ「く」の字のカタチになるように組みます。この組んだパーツを、パーツO-14に取り付けていきます。  説明書によると、各々取り付ける場所が決まっているようですので、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「巡航戦車 A41センチュリオン」をつくる、その3

 車体本体にパーツO-7を取り付け、車体を箱状に組み上げております。で、パーツが固定できたのが確認できましたので、ここに取り付ける事になる各種リヤ部品に手を付けていきます。  装備品がかなり細かく分割されている上に、構成するパーツ自体も細かいので、切り出すだけでも大変です。  車体後部、フックなどが装着されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていますので、見てきました。  ホビージャパン誌では、RG「νガンダム」の作例を手始めに、『シャアの逆襲』以降の宇宙世紀(~F90まで)を扱っています。バンダイさん自体が「ガンダムUC」以降のMSも積極的に扱っていこうとしているらしく、ガンプラの責任者の方が、これからのガンプラの展開についてインタビューに答…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「巡航戦車 A41センチュリオン」をつくる、その2

 ボチボチと組み進めていくことにします。  説明書の順番とは異なりますが、まずは簡単そうに見えたフェンダー部分を組んでみました。このキットの足回りを組む際に使う技術である「焼き止め」を行うのが不安だからという理由もあります(←ヲイ)。  車外装備品(シャベルやハンマー等)は後回しです。 プラッツ ガールズ&am…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メカコレ「地球連邦主力戦艦ドレットノート級セット①」、完成

 メカコレ「地球連邦主力戦艦ドレットノート級セット①」、完成です。  量産型の戦艦という事なので、2艦とも同じ色で塗装しています。2202版カラーで塗るのは面倒くさかったので、旧作準拠で塗っています。  艦橋部。  艦尾側から。旧版プラモデルはもっさりしていて、好きではなかったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「巡航戦車 A41センチュリオン」をつくる、その1

 「ガールズ&パンツァー劇場版」にて、大学選抜チーム隊長車として鬼神のごとき強さを発揮した「巡航戦車 A41センチュリオン」。最終章を観た事でテンションが上がりましたので、ようやくこのキットを組もうという気持ちになりました。  ポルシェティーガーも手元にありますし(笑)。  「組むぞ」と言っても、まずは下準備程度です。金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メカコレ「地球連邦主力戦艦ドレットノート級セット①」をつくる、3

 塗装完了です。  ノズル部分等は筆塗りで赤色を塗っています。  飾り台も塗装しました。いつもと同じガンメタル塗装です。 宇宙戦艦ヤマト2202 メカコレクション 地球連邦主力戦艦 ドレッドノート級セット 1 プラモデル 宇宙戦艦ヤマト2202 地球連邦主力戦艦 ドレッドノート級 火星絶対防衛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メカコレ「地球連邦主力戦艦ドレットノート級セット①」をつくる、2

 塗装です。  アンドロメダカラーを使って塗装です。    甲板はマスキング処理を行って塗り分けます。艦橋部分も同様の方法で進めましたが、失敗しました(笑)。ですので、艦橋部分にある赤色は筆塗りです。 宇宙戦艦ヤマト2202 地球連邦主力戦艦 ドレッドノート級 火星絶対防衛線セット 1/1000スケール …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メカコレ「地球連邦主力戦艦ドレットノート級セット①」をつくる、1

 メカコレ「ドレットノート級主力戦艦」を作っていきます。  パーツに黒サーフェイサーを吹きました。2艦とも同じ色に塗ります。旧シリーズ準拠です。 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち ‐全記録集‐ シナリオ編 COMPLETE WORKSKADOKAWA 2019-06-28 Amazonアソシエイト …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(最終章版)」

 ガールズ&パンツァーにおいて、大洗女子チームが所有する戦車のひとつ「ポルシェティーガー」。この車両も以前にプラッツさんから公式キットが発売されていました。今回「最終章」にあわせ、公式キットの内容が大幅にリニューアルされて再発売されるという告知がありましたので、そのリニューアルキットを購入しました。  TVシリーズ最終話での「弁慶の仁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていますので、見てきました。作例として、ヤマト2202に登場した「戦艦アクエリアス」(「銀河」と「アンドロメダ」のニコイチ)や、科学忍者隊ガッチャマンⅡに登場する「ニュー・ゴッドフェニックス」などが載っています。  ホビージャパン誌ではOVA「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」に登場するモビルス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メカコレ「次元潜航艦UX-01」、完成

 メカコレ「次元潜航艦UX-01」、完成です。  全体をぐるぐると。何もいじらず、塗装するだけでココまでになってくれます。良いキットですね~。  こちらはFS宙雷艇。ネオジム磁石を内部に仕込んだものの、それ以外は塗って、スミ入れをしただけです。  さすがはネオジム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メカコレ「次元潜航艦UX-01」をつくる、その4

 塗装していきます。  船体が上下に分かれているので、塗り分けも楽ちんです。セイル部分の塗り分けが細かいことくらいでしょうか。  「ガミラス目玉」も塗装。で、写っている船は、「1/1000スケール宇宙戦艦ヤマト・コスモリバース版」に付属している「FS型宙雷艇」です。メカコレ版UX-01と合わせても、殆ど違和感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メカコレ「次元潜航艦UX-01」をつくる、その3

 黒色サーフェイサーを吹きました。  この辺りはいつもの手順です。  いや~、素組みって、良いな(笑)。  キットの組み立て自体はサクサク組めて良いのですが、ブログのシステム変更による「使い勝手」には本当に困っています。反応も悪くなりましたし・・・。  正直、使い勝手は本当に酷いです。長年お世話になってきた「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メカコレ「次元潜航艦UX-01」をつくる、その2

 パーツを切り出し、組めるところを組んでみました。    外観を弄る作業をしないので、いや、簡単(笑)。しかし、パーツA-15と16はめがっさ小さいので紛失に気をつけなければなりません。 ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX (特装限定版)バンダイナム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メカコレ「次元潜航艦UX-01」をつくる、その1

 メカコレ「次元潜航艦UX-01」を作っていきます。この艦は、僅かばかりですが弄ります。  船体内部の出っ張りを少し切り取り、スペースを作ります。  そのスペースに、手持ちのネオジム磁石を仕込もうと目論んでいましたが、・・・別にやらなくてもよかったかも(爆)。後部甲板(パーツA-6)を取り付けた際に出来た隙間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラー、完成。

 ウェブリブログが大幅なリニューアルを行っています。これまでのデザイン・使い勝手と随分変わってしまっています。 今までのシステムに慣れきってしまっているので、今回のリニューアル版に慣れるまで、かなり時間がかかりそうです。  今回のリニューアル後、最初のネタはこれです。   1/300スケール HGゴウザウラー、完成です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その14

 組み立て作業も、これでラストです。  ランドステゴの頭部。目は付属のシールを使用しました。とうとう手抜き。  ザウラージェットの機首も完成。この部分がランドステゴの尻尾になりますが。ポリパーツは使用されていませんので、いずれは「緩々」になると思われます。  サンダーブラキオ胴体(ゴウザウラー胴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていますので、見てきました。  ホビージャパン誌では、リニューアルされたMGガンダムNT-1の作例をはじめ、模型製作に使う各種工具を特集しています。最近のホビージャパンは「模型製作の基礎」を改めて特集することが多いように思います。模型製作の新規さんを増やしたいという面とともに、工具類も色々種類が増えて、どれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その13

 組んでいきます。  マッハプテラの胴体ですが、説明書に不備がありますので、封入されていた修正用紙の記載に従って組んでいます。  ウイング完成~。ただ、マッハプテラの胴体との取り付け部位の強度や耐久性がちょっち不安です。  ザウラーシールドにも手持ちのホログラムシールを貼ってみました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その12

 もしかすると、ここがこのキットにおける最難関かも知れません。  ゴウザウラーの額部分にある飾りパーツです。パーツC2⑧をはめ込む部分に手持ちのメタリックシールを貼ってみました。  ・・・、あまり意味が無かったかも(爆)。それよりもパーツC2⑧です。細かいです。はめ込み作業の際、上手くはまらず、「コノヤロー」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その11

 組み立てていきます。  まずは肩部分。パーツA1①(A1②)ですが、取り付け前にガンダムマーカー黒で部分塗装を行っています。  前腕部分。  腕部の完成です。 EMOTION the Best 星界の紋章 DVD-BOXバンダイビジュアル 2010-05-28 Amazo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その10

 組み立てに入っていきます。  股関節や太ももを組みました。何のヒネリもない素組みです。どうでもよいことですが、股関節の軸に沢山の小さな穴が開いています。  強度は問題ないと思いますが、もしかすると、こういった部位に至るまで「コスト削減」(プラスチックの使用量を抑える)を行っている表れではないかと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その9

 残っていたパーツを切り出し、スミ入れを行った後、半ツヤを吹きつけました。  これにて組み立て準備、完了です。 エアーブラシ大攻略2018改訂版: 解決!器材選びからプラモ塗装の基本技法マスターまで大日本絵画 Amazonアソシエイト GSIクレオス Mr.リニアコンプレッサー L7 レギュレーター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その8

 塗装が続きます。  サンダーブラキオ頭部です。結局こんな感じと相成りました。塗装のはみ出た部位に関しては、スミ入れ処理を派手めに行う事で誤魔化しました。  ゴウザウラー頭部にも色分け部分がありましたので、赤色で塗っています。    ザウラーブレードの柄部分にも肉抜き穴を発見しましたので、ここも処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の記事

テーマ別記事

過去ログ

QRコード

商品紹介