テーマ:模型

35分の1スケール「ヘッツアー」(ガールズ&パンツァー最終章版)、完成

 完成しました~。ああ、今回もやはり手こずりました(笑)。  デカールを貼ると、一気に「ガルパン風味」になるのが面白いトコロです。そして『別に細々とした改造なんてやらなくても良かったんじゃないの?』という気持ちにもさせてくれます(笑)。  砲身はタミヤさんのパーツですが、違和感なく馴染んでくれました。キットパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ヘッツアー」(ガールズ&パンツァー最終章版)をつくる、22

 残っていた装備品を取り付けました。  ヘマをやらかした排気管も、微調整程度で何とか収まってくれました。嗚呼、ヤレヤレです。ここは赤褐色で塗ってみました。  また、車体背面に取り付けられる予備履帯なのですが、劇中では7枚セットされているにも関わらず、説明書指定の枚数では6枚となってしまっています。なので劇中同様に7枚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ヘッツアー」(ガールズ&パンツァー最終章版)をつくる、21

 あれ?  ジャッキですが、劇中の位置に取り付けてみたものの、違和感がどうも・・・。どうやら劇中のジャッキはキットのものより小さい?ようです。そこでタミヤさんの該当パーツを組み立てたのち、切断し短くしてみました。  タミヤさんのパーツを使ったのは、こちらの方が劇中のイメージに近いのではないかと判断したからです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていますので、見てきました。ホビージャパン誌では、「ジオラマ制作」、モデルグラフィックス誌では「模型製作に使用するツール類」をそれぞれ特集しています。  ジオラマ制作では、市販されている素材だけでなく、自然に存在する身近な素材も活用するアイデアが紹介されています。模型製作に使うツールとしては、紙ヤスリの使い分け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ヘッツアー」(ガールズ&パンツァー最終章版)をつくる、20

 車体背面です。  予備履帯とワイヤーを取り付けました。ワイヤーを引っ掛けるフックを折らないかとヒヤヒヤしました・・・。 タミヤ エアーブラシシステム No.43 スプレーワーク HG コンプレッサー レボ II HGシングルエアーブラシ付き 7454374543-000 タミヤ エアーブラシシステム No…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ヘッツアー」(ガールズ&パンツァー最終章版)をつくる、19

 とにかく進める事にします。  装備品(ワイヤーカッター)を取り付け。  履帯ですが、車輪の取り付けと並行して組み立てを進める事にしました。あまりに上手く組み立てられない不甲斐なさに、発狂寸前となっております(笑)。  直線状になる部分だけでも難儀しているのですが、それに輪をかけて難儀しているのが起動輪・誘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コレが本当の戦車模型道」購入。

 月刊アーマーモデリング誌にて連載されている「コレが本当の戦車模型道」をまとめたものが書籍化され、発売されています。この本を見かけましたので購入しました。  連載されていた内容をまとめた本と言う事ですから、連載分を手元に置いている方は別段手に取る必要はないかと思います。  今回は市販キットをガルパン仕様にする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM「ゴジュラスキャノンセット」、完成

 あっさりとではありますが、ゾイドHMM「1/72スケール ゴジュラスキャノンセット」、完成です。  このキットはあくまで「オプションパーツ」なので、コレ単体でどうとか言うものではありません。ただ、これだけは言えます。  『デカい』( ̄▽ ̄;)。  これで1/72スケール・・・。  以前作った1/10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM「ゴジュラスキャノンセット」をつくる、4

 つや消しを吹きます。クリアパーツを取り付けたりと、最終的な組み上げはこの後です。    砲身はジャーマングレーで塗装しました。また、砲本体の一部とAZ4連装ショックカノンの「盾」に当たる一部を(チ-3、エ-1)は「差し色」として赤色で塗ってみました。 ZOIDS RHI-3 コマンドウルフ リパッケージ版 全長約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ヘッツアー」(ガールズ&パンツァー最終章版)をつくる、18

 想像以上に手こずっています(^^;)。いつか来た道です。くるくるの脳ミソ内は進歩と言う分野が実装されていないようです(笑)。  履帯の組み立てですが、うううむ~、なかなか上手くいきません。先に塗装を済ませたのがアダになったようです。《ある程度組み立て⇒塗装》という段取りの方が良かったかも。  後悔先に立たず、です( ̄▽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM「ゴジュラスキャノンセット」をつくる、3

 砲身後部です。シリンダーっぽい部位は、ゴールド、シルバー、カッパーで各々塗装しています。  砲身の後ろ側は前後に可動するようになっています。第2次世界大戦の記録映像などで見る事が出来る野砲の動きを取り入れたもののようですね。 壽屋 ZOIDS RZ-041 ライガーゼロ イエーガー マーキングプラスVer. 全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM「ゴジュラスキャノンセット」をつくる、2

 弾倉です。脱着可能になっています。  弾丸のみカッパー+クリアーレッドで塗装しています。 ZOIDS EZ-036 デススティンガー 全長約450mm 1/72スケール プラモデル ZOIDS RMZ-11 ゴドス 旧共和国仕様 全高約135mm 1/72スケール プラモデル 壽屋 ZOIDS RZ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM「ゴジュラスキャノンセット」をつくる、1

 急に思い立ち、長年棚の肥やしになっていたこのキットを組む事にしました。ゾイドHMMカスタマイズパーツ「ゴジュラスキャノンセット」です。  後の事は何も考えておりません(^^;)。  今回は、あくまで「部分塗装」のみの「素組み」で行くことにします。継ぎ目を消したり、全塗装したりなんてな事にまで踏み込んでしまうと取り返しの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ヘッツアー」(ガールズ&パンツァー最終章版)をつくる、17

 塗装に入っていきます。 「ガールズ&パンツァー」専用色(黒森峰ゲルプ1)を使っています。また、転輪は黒色を使い塗り分けを行っています。これは筆塗りです。  ガルパンの専用色ですが、再販は無いのでしょうかねぇ・・・。最終章もまだ続きますし、再販しても良いような気がするのですが・・・。 ガールズ&パンツァー2 自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ GEAR戦士電童 凰牙&データウェポンセット

 本日はこちら。スーパーミニプラ GEAR戦士電童 凰牙&データウェポンセットです。  では、いってみまっしょい!  箱です。こちらも気合入りまくりのイラストです。電童のパッケージアートと組み合わせる事が出来るよう工夫されています。  箱を開けると、やはり中身がギュウギュウに入っております(笑)。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ GEAR戦士電童 電童&データウェポンセット

 スーパーミニプラの新作となる「GEAR戦士電童」購入しました。今回購入したネットショップ(でじたみん)では「電童&データウェポンセット 」と「 凰牙&データウェポン」の2つがセットになっている形で販売されており、それを選んで購入しました。  この商品が発売される事が決定した時期に、YouTube上でアニメの前半部分が公開されておりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ GEAR戦士電童 フルアーマー電童オプションパーツ&ガトリングボア&ドラゴンフレアセット

 プレミアムバンダイさんにて注文していた「スーパーミニプラ GEAR戦士電童 フルアーマー電童オプションパーツ&ガトリングボア&ドラゴンフレアセット」が届きました。長い商品名です(笑)。    箱です。プレミアムバンダイさん限定商品ですので、専用の梱包箱に入っていました。  一般流通品と見間違うような普通のパッケー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていましたので、見てきました。    ホビージャパン誌では、塗装器具のひとつであるエアブラシと、塗料を吹き出すための空気を送るコンプレッサーの特集が組まれています。  最近エアブラシが各ホビー誌で度々特集されるようになりました。コロナ禍による「巣ごもり需要」の影響なのでしょう。  また、エアブラシもコンプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ヘッツアー」(ガールズ&パンツァー最終章版)をつくる、16

 塗装の下準備です。  黒サーフェイサーを吹いています。いつも通りのやり方です。 コレが本当の戦車模型道: 『ガールズ&パンツァー』に登場する車輛を現在のAFVモデル環境でよりよく再現する - 月刊アーマーモデリング編集部 駆逐戦車ヘッツァー (グランドパワー2017年5月号別冊) タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ヘッツアー」(ガールズ&パンツァー最終章版)をつくる、15

 ワイヤーを再現しました。  手持ちのゴミ箱(笑)の中に使えそうなワイヤー線がありましたので(以前に作った戦車模型の余りパーツ?)、コレを使いました。パーツの固定には瞬間接着剤を使用しています。 ガールズ&パンツァー TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOX (特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ヘッツアー」(ガールズ&パンツァー最終章版)をつくる、14

 以前自作した、リアフェンダーの支柱ですが・・・。  ほぼ同形状のパーツがタミヤさんのランナーパーツに含まれていました。こりゃあ『劇場版もしくは最終章版のヘッツアーを作るなら、タミヤさんのキットで問題ないよ~』と言っちゃって良いのではないでしょうか。  どうやらタミヤキットでガルパン版ヘッツアーを作る際、一番の問題点は足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ヘッツアー」(ガールズ&パンツァー最終章版)をつくる、13

 履帯に手を付けます。  履帯を一枚一枚ランナーから切り出し、接着していきます。成型不良のものもあるので、ある程度奇麗に成型されているパーツを選んで切り出していきました。  誘導輪や転輪の曲線に合わせるように接着しなければならないところもあります。ある程度奇麗なパーツを選んで接着しているハズなのに、奇麗な直線状に並んでく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コスモドラグーン(戦士の銃)」(水鉄砲Ver)、改修終了。

 「コスモドラグーン(戦士の銃)」(水鉄砲Ver)、こんな感じとなりました。  ↑↑これは改修前↑↑  一体成型されたことによって生じていた不要部位を削り取り、再塗装した状態。塗装作業最期の工程として光沢クリアーを吹いています。  写真に撮ると、寸胴っぽい印象を受けますね。実際手にすると、そんな印象は無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1000分の1スケール「ゲルバデス級航宙戦闘母艦 ダロルド」の塗り直し、終了

 1000分の1スケール「ゲルバデス級航宙戦闘母艦 ダロルド」の塗り直し、これでお終いです。  艦首にあるガミラスマークは、付属の「ガルント」に使うものを転用。サイズ的には一回り小さくなりましたが、この方が見栄えが良いような感じがします。  ウワサでは「ヤマト2205」に、「デスラー戦闘空母」が登場す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コスモドラグーン(戦士の銃)」(水鉄砲Ver)をいじる、11

 グリップにあるメダリオンです。  ドクロ部分だけシルバーで塗りました。後はバラバラにしたパーツを再度組み上げれば終了です。 ハセガワ クリエイターワークスシリーズ 劇場版 銀河鉄道999 宇宙海賊戦艦 アルカディア 1/2500スケール 色分け済みプラモデル CW20 世界地図の中で考える (新潮選書) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていましたので、見てきました。今回の記事、若干18禁に近い内容の文章となってしまいました。申し訳ありません。  もし、それでも『読むよ』と言う奇特な方は、そこのところをよくよく注意していただけたらと思います。    ホビージャパン誌では、新機動戦記ガンダムWがメイン特集となっています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コスモドラグーン(戦士の銃)」(水鉄砲Ver)をいじる、10

 グリップです。  艦底色を吹いた後、ブラックで木目調を再現・・・、と出来れば良かったのですが、今回も上手くいきませんでした(笑)。パースエイダーの時も上手くいきませんでしたし・・・。基本的なセンスの欠如でしょうね。一応半ツヤクリアーを吹き、これで「仕上げ」としています。  所ジョージさんみたいに上手く塗れればなぁ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コスモドラグーン(戦士の銃)」(水鉄砲Ver)をいじる、9

 本体の塗装です。  ガンメタリックを吹いた後、クリアーブルーを吹き、仕上げにクリアーブルーを少量混ぜた黒鉄色を吹いています。 GSIクレオス Mr.リニアコンプレッサー L7 レギュレーター/プラチナセット ホビー用塗装用具 PS309 PG UNLEASHED 機動戦士ガンダム RX-78-2 ガンダム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1000分の1スケール「ゲルバデス級航宙戦闘母艦 ダロルド」を塗り直す、4

 塗装です。  今回の再塗装ですが、「ミランガル」にする訳ではありませんので、そのまま赤色で重ね塗りをしています。飛行甲板はマスキングを行い、再塗装の対象から外しました。  また、飾っている間に船体の「トゲトゲパーツ」のいくつかが失われてしまっていたので、プラ板を切り出し、それっぽいパーツをでっち上げておきました。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more