テーマ:模型

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、12

 背面です。  今回の部位は、ブースターや背びれを取り付ける事になるみたいですねぇ。 映画「ゴジラ」(1954)全曲版~ライブ・シネマ形式完全劇伴全曲録音(仮) - 和田薫 指揮 日本センチュリー交響楽団 【Amazon.co.jp限定】キングコング対ゴジラ 4K リマスター 4K …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、11

 足首です。  足の甲に当たるところです。  ひとまず、ここまで。  足首の外部装甲も組んでおります。最終的につや消しを全体に吹きますので、完全に組み上げるのはまだ先です。 コトブキヤ ZOIDS ゴジュラス・ジ・オーガ 全高約370mm 1/7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていますので、見てきました。  ホビージャパン誌では、映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場するMS「RX-93 ν-ガンダム」を取り上げています。ガンダムはさほど興味がないくるくるでも、この機体は好きなデザインということもあって、ちょっち嬉しい特集でした。  今回の特集は、時系列的に「逆襲のシャア」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ 「GEAR戦士電童 超獣王 輝刃」

 プレミアムバンダイさんにて注文していたスーパーミニプラ 「超獣王 輝刃」が届きました。GEAR戦士電童が完成品トイの「スーパーロボット超合金」シリーズで展開されていた時でも商品化されなかったアイテムとなります。  箱です。プレミアムバンダイさん限定の商品なのですが、箱のデザインが通常販売商品と変わりないほど力の入ったもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、10

 背面に装備されるブースターです。  メッシュ状のディテールにはエナメル塗料の黒色で「塗装に近いスミ入れ」を行っています。  ブースター本体は完成。  シリンダー状のパーツがありますが、可動はしません。ポリキャップ接続する部位の軸可動のみです。  ブースターを支えるアームで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、9

 脚部です。今回は太ももに当たる部位です。  各部に見られるサスペンション状のパーツですが、出来る限り塗り分けています。  旧タカラ版(オリジナル版)と比べ、一番変更された部分ではないでしょうか。オリジナル版では「電動歩行」のためのパーツ構成でしたが、HMM版では「重い巨体を支える」た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ GEAR戦士電童 凰牙&データウェポンセットをつくる、1

 スーパーミニプラ GEAR戦士電童 凰牙&データウェポンセットを組んでいきます。これも部分塗装で済ませます。ロボット系は全塗装したところで動かしているうちに塗装が剥げたりします。その時のショックときたらもう・・・。その事を考えると『全塗装処理まで行うのは、くるくる的にはあまり意味が無いかなぁ』と思うようになりました。  何より、全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、8

 脚部です。  太増しいサスペンションのディテールは、ダンパー部は黒色、スプリング部は銀色と塗り分けています。  脚部は全てを支える事になる部位ですから、ポリキャップの大きさも半端ではありませんし、組み込みも力が要ります。  このキットはフル可動仕様ですから、強度面は大丈夫なように設計してあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、7

 背面です。  どうやら肩の基部となるようです。可動部位がある事はわかりますが、何せモノが大きすぎて、組んだパーツ達がどのように連動し、動く事になるのか把握しきれません( ̄▽ ̄;)。  ・・・、ワタクシは何の建物を作っているのでしょうか?(笑)。 ZOIDS EZ-015 アイアンコングイエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モデロイド「バルキング」( ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU)

 最後は「バルキング」です。  箱です。このロボも「ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU」オリジナルのロボとなります。ポジション的にはゲッターロボのゲッター3ですね。  箱を開けると、こんな感じ。  パーツ群。「ガイキング LEGEND OF DAIKU-MAR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モデロイド「ライキング」( ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU)

 お次は「ライキング」です。  箱です。このロボは「ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU」でのオリジナルメカとなります。イメージとしてはゲッターロボの「ゲッター2」ポジションでしょうか。  箱を開けると、こんな感じ。  パーツ群。翼の一部などが塗装済みになってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モデロイド「ガイキング」( ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU)

 グッドスマイルカンパニーさんから発売されているプラモデルシリーズ「モデロイド」。このシリーズから「 ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU」がラインナップに加わりましたので、購入しました。  ガイキング、ライキング、バルキングの3体から分離した各パーツによって構成・合体した姿「ガイキング・ザ・グレート」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、6

 今回も脚部です。ふくらはぎ辺りに装備されているブースターです。  ブースターノズルは、外側をガンメタル、内側をシルバー→クリアーレッド、クリアオレンジで塗装しました。別にこんな塗装をしなくても良いのですが、突発的に起こるワタクシの「悪い癖(=発作)」と思ってくだされば(←で、自分の首を絞める、となる訳です)。一応、以前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、5

 足を作ります。  パーツをバシバシ切り出します。これが足指となる訳です。  パーツを組み上げ~。  ひとまず、足の指は組みあがりました。指は左右には動きますが、上下には動きません。人型の模型(ガンプラ等)と違い、ゾイドは動物をモチーフとしていますので、そこは意識しておかないといけません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていますので、見てきました。  ホビージャパン誌では、サンライズ制作のロボットアニメを特集しています。近年スーパーミニプラシリーズで色々と新作キットが発売された事もあるのでしょうが、ええと・・・、作例として取り上げられたキットのほとんどが「今や販売終了」となっております。  ですので、手元に該当キットを持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、4

 上顎です。  シートは艦底色・黒鉄色などを使って塗装しました。  とりあえずここまで。今回の製作は部分塗装で済ませるのですが、つや消しだけは全体に吹きたいと思っています。ですのでクリアパーツの取り付けや取り付けは全て後回しとします。 壽屋 ZOIDS アイアンコング プロイツェン ナイツ 全高約3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディアゴスティーニの新作は「ナイトライダー」

 様々な「~をつくる」シリーズを販売しているディアゴスティーニさん。  今回、ディアゴスティーニさんが新しいシリーズをラインナップに加えました。  『知らないままでいたかったのに!』  と、ふしぎの海のナディアに登場するエレクトラ(演:井上喜久子さん)のセリフを思わず口走ってしまったそれは・・・、  「週間ナイトライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、3

 組んでいきます。今回は胸のあたりです。    可動部にはポリパーツが使われています。キットのサイズがサイズだけに、ポリパーツも大きいものがゴロゴロと・・・。コトブキヤさんのポリパーツはあまり良い印象が無いのですが、改善されているのでしょうか??      首と胸のあたりが組めました。なんと言いますか、「どこぞの秘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、2

 今回のゴジュラスですが、部分塗装のみの「素組み」で済ませる事にします。合わせ目消しもしませんし、パーツの切断面も特に処理をする事はしません。説明書の順序通りに組む事すらしません(笑)。とにかく「組み立てる」ことが最優先です(汗)。  何と言っても「オオモノ過ぎるキット」ですからねぇ・・・。とにかく手を動かすことで「どんなキットなのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、1

 積んだままにしていても仕方ないので、後の事は考えず組む事にしました。    コトブキヤさんがリリースするゾイドHMMのフラッグシップキット「ゴジュラス」を組みます。  ガムテープを使い、ランナーにタグを振りました。  事前にわかっていた事とは言え、大量のランナー群に眩暈がします(◎_◎;…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ヘッツアー」(ガールズ&パンツァー最終章版)、完成

 完成しました~。ああ、今回もやはり手こずりました(笑)。  デカールを貼ると、一気に「ガルパン風味」になるのが面白いトコロです。そして『別に細々とした改造なんてやらなくても良かったんじゃないの?』という気持ちにもさせてくれます(笑)。  砲身はタミヤさんのパーツですが、違和感なく馴染んでくれました。キットパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ヘッツアー」(ガールズ&パンツァー最終章版)をつくる、22

 残っていた装備品を取り付けました。  ヘマをやらかした排気管も、微調整程度で何とか収まってくれました。嗚呼、ヤレヤレです。ここは赤褐色で塗ってみました。  また、車体背面に取り付けられる予備履帯なのですが、劇中では7枚セットされているにも関わらず、説明書指定の枚数では6枚となってしまっています。なので劇中同様に7枚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ヘッツアー」(ガールズ&パンツァー最終章版)をつくる、21

 あれ?  ジャッキですが、劇中の位置に取り付けてみたものの、違和感がどうも・・・。どうやら劇中のジャッキはキットのものより小さい?ようです。そこでタミヤさんの該当パーツを組み立てたのち、切断し短くしてみました。  タミヤさんのパーツを使ったのは、こちらの方が劇中のイメージに近いのではないかと判断したからです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていますので、見てきました。ホビージャパン誌では、「ジオラマ制作」、モデルグラフィックス誌では「模型製作に使用するツール類」をそれぞれ特集しています。  ジオラマ制作では、市販されている素材だけでなく、自然に存在する身近な素材も活用するアイデアが紹介されています。模型製作に使うツールとしては、紙ヤスリの使い分け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ヘッツアー」(ガールズ&パンツァー最終章版)をつくる、20

 車体背面です。  予備履帯とワイヤーを取り付けました。ワイヤーを引っ掛けるフックを折らないかとヒヤヒヤしました・・・。 タミヤ エアーブラシシステム No.43 スプレーワーク HG コンプレッサー レボ II HGシングルエアーブラシ付き 7454374543-000 タミヤ エアーブラシシステム No…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ヘッツアー」(ガールズ&パンツァー最終章版)をつくる、19

 とにかく進める事にします。  装備品(ワイヤーカッター)を取り付け。  履帯ですが、車輪の取り付けと並行して組み立てを進める事にしました。あまりに上手く組み立てられない不甲斐なさに、発狂寸前となっております(笑)。  直線状になる部分だけでも難儀しているのですが、それに輪をかけて難儀しているのが起動輪・誘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コレが本当の戦車模型道」購入。

 月刊アーマーモデリング誌にて連載されている「コレが本当の戦車模型道」をまとめたものが書籍化され、発売されています。この本を見かけましたので購入しました。  連載されていた内容をまとめた本と言う事ですから、連載分を手元に置いている方は別段手に取る必要はないかと思います。  今回は市販キットをガルパン仕様にする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM「ゴジュラスキャノンセット」、完成

 あっさりとではありますが、ゾイドHMM「1/72スケール ゴジュラスキャノンセット」、完成です。  このキットはあくまで「オプションパーツ」なので、コレ単体でどうとか言うものではありません。ただ、これだけは言えます。  『デカい』( ̄▽ ̄;)。  これで1/72スケール・・・。  以前作った1/10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM「ゴジュラスキャノンセット」をつくる、4

 つや消しを吹きます。クリアパーツを取り付けたりと、最終的な組み上げはこの後です。    砲身はジャーマングレーで塗装しました。また、砲本体の一部とAZ4連装ショックカノンの「盾」に当たる一部を(チ-3、エ-1)は「差し色」として赤色で塗ってみました。 ZOIDS RHI-3 コマンドウルフ リパッケージ版 全長約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more