テーマ:模型

700分の1スケール「万能潜水艦ノーチラス号」をつくる、その17

 パーツを取り付けていきます。  給水口?はイエローで塗装しています。  左右の補機には形状に合わせて切り出したプラ板を貼り付け。  超電磁推進器も取り付け。艦尾周辺は艦底色で塗っています。給水口もそうですが、作中において配色には結構バラつきか見られます。  艦首パーツはキャラクタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1000分の1スケール ガイペロン級多層式航宙母艦「バルグレイ」をつくる、3

 全体に塗装していきました。  7色星団会戦に参加したガイペロン級の内、この艦はお馴染みの「ガミラスグリーン」となっています。 宇宙戦艦ヤマト DVD MEMORIAL BOX - 納谷悟朗, 富山敬, 仲村秀生, 松本零士 宇宙戦艦ヤマト2 DVD MEMORIAL BOX - 富山敬, 麻上洋子, 仲村秀生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1000分の1スケール ガイペロン級多層式航宙母艦「バルグレイ」をつくる、2

 船体には黒サーフェイサーという、いつもの処理を行ったうえで塗装です。今回は専用カラーを使います。  2199の時は、こういった「専用カラー」も充実していましたが、あれは泡沫の夢だったのでしょう(笑)。  バルグレイの特徴である甲板先端部は、マスキング処理を行って塗り分けました。 宇宙戦艦ヤマト21…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1000分の1スケール ガイペロン級多層式航宙母艦「バルグレイ」をつくる、1

永らく放置していた、ドメル機動部隊の一角を占めるこの艦に手を付けていきたいと思います。と、言うよりかは、『引っ張り出してきた』という表現の方が正しいかも知れません・・・。  ガイペロン級多層式航宙母艦、バルグレイです。  『ガーレ、ドメル!』  一応、飛行甲板の塗装とライン引きまではランベアと同時進行で進めていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

700分の1スケール「万能潜水艦ノーチラス号」をつくる、その16

 細々としたパーツを仕上げました。  窓に当たる部位は、いつものごとくシルバー→クリアーイエローと塗っています。 あなたの大切な人が「うつ」になったら - 小野 一之 正直、仕事のこと考えると憂鬱すぎて眠れない。―リアルすぎる!仕事の悩みあるある図鑑 - じゅえき 太郎 会社員でぶどり - 橋本 ナオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていますので、見てきました。  ホビージャパン誌ではプロモデラーによる「ガンプラ工作」のテクニックが紹介されています。他キットからのパーツ転用や、プラ板等を使った改造など、様々な技法が紹介されています。  可動や色分けなど、確かに近年のガンプラの進化は素晴らしいものがあるのですが、気になるところもあります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

700分の1スケール「万能潜水艦ノーチラス号」をつくる、その15

 塗装中です。  ノーチラス号の本体色ですが、アニメでは2種類あります。「浮上航行時」と「潜水航行時」です。浮上航行時はライトグレーっぽい色なのですが、潜水航行時はダークブルーっぽい色になっています。両方とも印象深い色なので、どちらを取るのかは大いに悩むトコロです。  今回は「浮上航行時」を基本に決め、手持ちのライトグレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」、完成

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」、完成です。  前後から。  斜め後ろから。ゲペックカステンの形状を微修正しましたが、よく分かりませんね(笑)。  基本、ストレート組みでも『許せる』キットですが、キューポラだけはタミヤさんの「ティーガーⅠ初期型」と交換する事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その18

 つや消しクリアーを吹きました。  塗装作業~組み立て作業の間にも、色々なしくじりを発生させましたが(汗)、これで作業終了です・・・。 「氷菓」BD-BOX [Blu-ray] - 中村悠一, 佐藤聡美, 阪口大助, 茅野愛衣, 雪野五月, 置鮎龍太郎, ゆかな, 小山茉美, 早見沙織, 悠木碧, 武本康弘 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その17

 デカールを貼っていきます。キットに付属しているものを使用します。  ちなみに、本体の塗装なのですが、大洗グレーで行ってはみたものの、どうもイマイチしっくりしません。劇中の印象と、どこか違うのです・・・。  グリーンの色味が無いのが原因かも?と思い、改めて大洗グレーの上から「大洗グレー+聖グロリアーナグリーン+黒」と混色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

700分の1スケール「万能潜水艦ノーチラス号」をつくる、その14

 塗装の下準備が出来ました。  全てに黒サーフェイサーを吹きつけています。 ふしぎの海のナディア Blu-ray BOX【完全生産限定版】 - 鷹森淑乃, 日高のり子, 滝沢久美子, 堀内賢雄, 桜井敏治, 大塚明夫, 井上喜久子, 羽佐間道夫, 庵野秀明 ブルーウォーター (21st century ve…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その16

 履帯です。  いつも通り(←ヒネリが無い)黒鉄色で塗装。  履帯を取り付け。履帯の「たわみ」を表現すべく、瞬間接着剤を使って転輪の一部に接着しました。完成するまで詰め物をしておきます。 ブラタモリ1-18巻セット 新サクラ大戦 設定資料集 - ファミ通書籍編集部 銀河英雄伝説 Die …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その15

 塗装は「大洗グレー」を基本にしています。複雑な塗り訳がある訳でないので(と、言いますか、履帯以外は「単色」)、スムーズに済み、組み立てに入っていったのですが・・・。  ありゃ・・・。  うっかりです。車体左側に装備される備品ですが、アニメに合わせた位置に取り付けようとすると、位置がが合いません(笑)。パーツにある取り付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ「ジャガーバルカン」をつくる、1

 サンバルカンロボも完成しましたし、その母艦でもあるジャガーバルカンを組んでいきたいと思います。  ・・・、さっそくメンドーな事をやっています(笑)。サンバルカンロボ発進状態のとき、船体を大きく展開するのですが、その際に見える裏面があまりにも「素っ気ない」ので、プラペーパーやジャンクパーツで適当にディテールをデッチ上げまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

700分の1スケール「万能潜水艦ノーチラス号」をつくる、その13

 ブリッジの処理です。  窓に関しては、市販のリベットパーツを貼り付けました。この窓の数ですが、設定画で確認できる数と、劇中で見られる数とではブレがあります。この窓の数に限らず、ノーチラス号のディテールに関しては、話数ごと、カットごとに微妙に違いが見受けられます。   「ふしぎの海のナディア」は、放送当時としては「ハイク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その14

 最後の黒サーフェイサー吹きです。  起動輪はガンメタルにて塗装済み。ようやく塗装作業に入る準備が整いました。 ガールズ&パンツァー 樅の木と鉄の羽の魔女 上 (MFC) - むらかわ みちお, 才谷屋 龍一, ガールズ&パンツァー製作委員会 交響曲ガールズ&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

700分の1スケール「万能潜水艦ノーチラス号」をつくる、その12

 船体にチマチマとディテールを加えたりしていましたが、中でも、ここの再現が最大の関門でした。それが飛行爆雷発射口の処理です。失敗の連続の果て、プラペーパーを使って再現する事で、どうにか「それっぽく」仕上げる事が出来ました。  当初はスジ彫りで再現しようと思っていましたが、失敗の連続。で、プラペーパーで再現しようと試みました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていましたので、見てきました。  モデルグラフィックス誌は、ダブルゼータガンダムのバリエーション機体であるFAZZ(ファッツ)の特集を組んでいます。  個人的にですが、この機体とフルアーマーダブルゼータガンダムの区別がつきません(笑)。要は「アーマーの脱着が出来るか否か」「額のハイメガキャノンが装備されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その13

 エッチングパーツを取り付けました。  取り付け部位に合わせ、エッチングパーツの隅を折り曲げています。  瞬間接着剤を使って取り付けました。左右のダクトですが、悩みに悩んだ末「見た目」を採用して、説明書の指定とは逆向きに取り付けました(笑)。 プラッツ ガールズ&パンツァー最終章 ポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その12

 サスペンションと車輪です。説明書通りに組んでいます。  バネによる可動が仕込まれていますが、反発力は強くありません。ジオラマ制作の際、《あると便利な》ギミックですが、単に組むだけだあればあまり神経質になる必要はないかと思います。  ただ、履帯と転輪の取り付けを行う際には、この部位を動かして調整できると便利ですので、接着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ「サンバルカンロボ」、完成。

 コズモバルカンとブルバルカンを合体させ、サンバルカンロボの完成です♪  う~ん、カラフル(笑)。  コズモバルカンのランディングギアは背面にセット出来ますので、余剰パーツはブルバルカン時に使用するクレーンアームだけになります。こりゃあスゴイ!  ぐるぐると。初期の戦隊メカらしい、もっさりした「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ「サンバルカンロボ」をつくる、8

 ブルバルカンを作ります。少しだけ細工をします。  足首にネオジム磁石を仕込みました。ブルバルカン時、左右の脚はピンを使用して固定されるのですが、それを「補助」してくれれば、という感じです。    それ以外はストレートに組んで、足首の完成です。  ブルバルカン時に使用されるキャタピラ展開ギミックを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ「サンバルカンロボ」をつくる、7

 各種の付属品を仕上げています。  ブルバルカンに装備されるクレーンアーム。アーム部分のみ塗装しました。また、バルハンドとクレーンアームには金属チェーンが使われています。  バルシールドとバルトンファ。バルシールドは手動で回転させることが出来ます。単純なギミックですが、楽しいです(笑)。  バルトンファは付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ「サンバルカンロボ」をつくる、6

 コズモバルカンの続きです。  股関節ですが、結構な数のパーツを使って組み立てます。HGマジンガーZ程度の構造を想像していたので、これは以外でした。  股関節、完成です。  腰回りも完成。フロントアーマーは前後にも可動し、脚の可動範囲拡大に貢献しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ「サンバルカンロボ」をつくる、5

 曲がりなりにも、塗装作業が済みましたので、コズモバルカンを組んでいきます。    肩関節は引き出し式が採用されています。  胴体部分、完成です。  お次は腕部。上腕部と肩アーマーの接続が独特のように思います。腕を動かす際には注意した方が良いかも・・・。  腕部完成。続きます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その11

 車体を組みました。フェンダーも取り付けています。  パーツの貼り合わせの際、気をつけてはいたのですが、微妙なズレがあったようで、最期の方はかなり「強引」に接着しています。パーツの精度は良いと思いますが、正確にパーツを切り出し&組み合わせないと、後々ツケを払う事に・・・。  ハイ、くるくるは大いにツケを払っておりますです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

700分の1スケール「万能潜水艦ノーチラス号」をつくる、その11

 ブリッジをいじります。  キットのまま(パーツ-20)では、窓のディテールがもっさりしているので、思い切って全て削り取りました。そのあと、元のディテール跡にエンピツで印を付け、位置を忘れないようにしておきました。  このキット、後部甲板のディテールに関しては力が入っているのですよねぇ。ありがたいのですが、ちょっち他の部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ「サンバルカンロボ」をつくる、4

 『シールで再現されている色分けは、部分塗装で処理しよう』  ・・・、そう考えたのが運の尽き。ドツボ状態( ̄▽ ̄;)。  部分的に塗装済みとなっていますが、それ以外の配色はシールによる再現となっています。付属のシールを参考にしつつ、マスキングテープをひたすら貼っていきました。  機首部分は、テープを貼った後、塗り分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ「サンバルカンロボ」をつくる、3

 頭です。  ストレート組みです。塗装済みパーツや、巧みなパーツ分割の恩恵は大きいです。一応、額の黄色パーツは、シャープペンシルを使ってスミ入れっぽい事を施しています。ただ、彫りが浅いので、しっかりと色が乗りませんでした。スジ彫りをし直せば良いのでしょうが、下手に手を出して『ギャ~~~』となるくらいなら、キットのままでも別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ「サンバルカンロボ」をつくる、2

 ちょっとだけ、ちょっとだけ弄りました。  ブルバルカン時に使用するクレーンアームです。肉抜き穴が少し目立つかなと思ったので、プラ棒を貼りつけて目立たないように(←ホンマでっか??)してみました。  その後シルバーで塗装しています。 GSIクレオス Mr.カラー スプレー S8 シルバー (銀) タミヤ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more