テーマ:模型

144分の1スケール「HG マジンガーZ」(INFINITY Ver)をつくる、その2

 サクサクと組んでいきます。まずはコレ。  ホバーパイルダーです。左右のウイングパーツを間違えないように注意です。小さいですが、よく出来ています。ウイングは可動します。  ・・・、今更ですが、このキット、144分の1スケールなのですね。一般的なガンプラの縮尺と同じですので、並べると大きさのイメージをつかむのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

144分の1スケール「HG マジンガーZ」(INFINITY Ver)をつくる、その1

 144分の1スケール「HG マジンガーZ」(INFINITY Ver)を作っていきたいと思います。これも部分塗装でお手軽に済ませます。    マジンカイザー同様、胸の放熱板の裏はシルバーで塗装したのち、クリアーレッドで上塗りしています。  ホバーパイルダーの一部にイエローを。小さい部位ですが、結構目立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その6

 キューボラを組みます。  キューボラ内側の窓部分。  砲塔上面のハッチ。  キューボラ本体。ここまでの作業、捻る事無く、説明書のとおり進めました。  ・・・、??  何かが変です。違和感を感じます。  あ、キューボラ本体のカタチが違う・・・。  そうです、ガルパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていますので、見てきました。  ホビージャパン誌では、模型改造に使う各種マテリアルの特集です。主にプラ板、パテなどを取り上げていますが、さらに3Dプリンターに関しても話が及んでいます。出来ればもう少し3Dプリンターによる立体制作に関して解説が欲しいなと思いました。  う~ん、プラ板にしてもパテにしても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その5

 車体上面の左右にあるダクト?とフェンダーを組みました。  説明書のとおりに組んでいます。よく見ると、フレーム(パーツD-4、5)の形状がアニメと少し異なります。アニメは簡略化して描いているものと思われます。  改造するとなると同じパーツを後2個用意し、青線で囲った部分を使って「ニコイチ」する必要があります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」、完成

 スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」、完成です。  前後から。  手持ちの1/144ユニコーンガンダムと並べても、この大きさ!  断空砲フォーメーション。ミサイルランチャーの可動軸を少し調整した方が良かったかも・・・。  また、腰の回転ですが、見栄え重視の断空砲パーツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」、アグレッシブ・タンク・モード

 お次はタンクモードです。  ビッグモス。タンクモード、ビーストモードの時は、背部の断空砲は可動タイプに交換します。と、言うより、可動タイプを装着するのが基本です。見栄え重視タイプはほどんど使う事は無いかと(笑)。  ランドクーガー。  ランドライガー。  ビッグモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」、アグレッシブ・ビースト・モード

 まずはビーストモードです。  ビッグモス。差し替え部分が多く、各パーツ自体の取り付けも固いので、頻繁に変形させるのは大変です。可動軸の摩耗も早まりますし、パーツ自体の破損の恐れも出てきます。  あくまで「変形も出来る」程度に考えるのが基本です。  ランドクーガー。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」をつくる、その8

 ビッグモスの続きです。    肩内部を組んでいる所。  腕部完成です。変形モデルということもあり、肩の可動部分はかなり複雑。ビッグモスの肩と腰に関しては、通常のガンプラ並の熱量があるように思います。  また、手首パーツの豊富さは嬉しいところです。  脚部の組み立て途中。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」をつくる、その7

 ビッグモスを組んでいきます。   パーツのはめ込みがかなりキツイ部位がありましたが、可動部位自体の調整は殆どしていません。ダンクーガ時の保持力の高さを優先させました。また、ライガーやクーガーよりも軸が太めなので、乱暴に動かさなければ壊れる事は少ないだろうという判断もあります。  それでも、幾つか調整した部位があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その4

 設定に準じる位置に、ピンバイスを使って新たに穴を開け、取っ手を付けました。  手持ちの真鍮線(0.5㎜)を曲げ、瞬間接着剤で固定しています。 ガールズ&パンツァー 最終章 第1話 (特装限定版) [Blu-ray] - 渕上舞, 茅野愛衣, 尾崎真実, 中上育実, 井口裕香, 水島努 ガー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その3

 車体を組みます。  ひとまず箱状になりました。黒サフを吹きつつ作業しています。  ・・・、この取り付け位置で間違いないとは思うのですが。「パーツを取り付ける際のガイド」の位置が解り難いので(←タミヤさんやバンダイさんの配慮が凄すぎるだけ)、悩むトコロなのです。 ガールズ&パンツァー TV&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」をつくる、その6

 まずはこちらを片付ける事にします。  ビッグモス(ダンクーガ)の背面に装備される断空砲です。これもパーツの差し込みがキツかったですね。また、飛行ブースターのキャノン砲砲身同様、この砲身の分割も目立ちますので、完成度を高めたい方は処理をお勧めします。    ダンクーガの武器、ダイガンです。随分とストレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」をつくる、その5

 ランドクーガーを作ります。  工程そのものはランドライガーと変わりません。なので、組み立て時の面倒な部分も変わりません(笑)。たてがみパーツが無い分、こっちの方がマシかも知れません。  むろん可動部分の組み立て時には、調整が必要か否かを確認しつつ組んでいきました。  ランド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その2

 車体パーツにパテ埋めです。  車体パーツのひとつであるD-13と、砲塔パーツのひとつであるA-28のディテールや取り付け穴を処理しました。  特に車体後部にある取っ手の配置がキットとガルパン版では違うので、ここは何とかしなければならないのです、ハイ。 ガールズ&パンツァー TV&amp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていますので、見てきました。    ホビージャパン誌では、近年充実してきた市販の改造パーツを使った改造を特集しています。かつては手首パーツ程度でしたが、今ではノズルやダクト、リベット、果てはオリジナルデザインの機関銃などの武器まで、色々とそろっています。  素材もプラスチック製が殆どですし、取り付けるための…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」をつくる、その4

 ランドライガーです。ビミョ~に呼び難い名前です。  まずは胴体。パーツD-12(11)の取り付けには難儀しました。向きの確認はもちろん、パーツB-15に通すのが面倒くさいかったのなんのって、もう。ピンセット等を使う工夫が必要です。  肩の可動を担当するパーツD-13、9は取り付け穴を削って、テンションを調整しました。可…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」をつくる、その3

 飛行ブースターを組みます。最初にイーグルファイターを組んだわけですが、そのおかげでパーツの精度に難があるという事を実感する事ができました(笑)。  ですので本格的に可動部位が仕込まれているランドライガー、ランドクーガー、ビッグモスを組む前に、練習と確認の意味合いを込めて、先に飛行ブースターを組んでみよう、という算段です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」をつくる、その2

 イーグルファイター、あっさりと完成です。  まずはアグレッシブ・ビースト・モード。スタンド用の穴などはありません。  ヒューマロイド・モード。可動部はなし。ですが、スタンド無しで自立出来ています。  ダンクーガの頭。ちょっち「たらこ唇」っぽい? 個人的には超合金魂版の方が「オト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その1

 実車は意欲的過ぎたが故の失敗作らしいのですが、アニメ「ガールズ&パンツァー」では妄想・願望というファンタジー補正(笑)もあって大活躍という、この「ポルシェティーガー」を作っていきます。  「ガールズ&パンツァー」版としてキットが発売されていますが、今回作っていくのは「最終章」版パッケージとして発売されたものになります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」をつくる、その1

 スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」を作ります。色々と「難儀」なキットらしいので、素組みで進めます。  はてさて、どうなる事やら??  まず、気になる所だけを部分塗装しました。全塗装はしません(笑)。  【シールで再現している部分を塗装】を基本にしています。飛行ブースターの翼などですね。ただ、イーグルファイタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

700分の1スケール「万能潜水艦ノーチラス号」をつくる、その6

 左右にある補機をいじります。  『ここには何らかの推進器っぽいものがあるに違いない』と判断し、まず後ろ側に穴を開けました。この穴に市販のプラパーツを貼りつけようと思います。最終的にはパーツ26が取り付けられる事で殆ど見えなくなる部位ですので、少々雑でも問題ないかな、と思っているのですが。はてさて・・・。  また、前側に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

300分の1スケール HG「マグナザウラー」

 マジンガーZと一緒に、これも購入しました。  「熱血最強ゴウザウラー」から、マグナザウラーです。初版を買い逃してしまったので、今回再販分を購入しました。  箱を開けると、こんな感じ。かなりギッシリとパーツが入っています。  パーツ群。今回もなかなかのパーツ数です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2202版ヤマトを修理する

 2202版ヤマトの艦底部にあるトンガリパーツ(パーツF1⓰)が根元から折れてしまいました。  飾り台に置く際、微妙に当ててしまう事が時々あり、一応は気をつけていたのですが・・・。  最初は、予備パーツとして購入していた2199版キットの同位置にあるパーツ(パーツB22)を移植しようと思ったのですが、取り付け穴の形状が合わず断念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

144分の1スケール「HG マジンガーZ」(INFINITY Ver)

 マジンカイザーの出来が意外と良かったので、こっちの方も購入してみました。  144分の1スケール「HG マジンガーZ」(INFINITY Ver)です。模型誌などでの紹介写真を見ていた時点では、全体に施されたパネル分割風ディテールがイマイチ気に入らなかったのですが、同様のアレンジが施されたマジンカイザーを組んでみて『意外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

700分の1スケール「万能潜水艦ノーチラス号」をつくる、その5

 これが再現されていないことが、どうしても気になります。  このキット、劇中でも多用された「飛行爆雷(大型ミサイル)」と、「対雷撃防御(ホム・ガード)」の発射口が再現されていないのです。ですので、作中の描写やムック本に載っているイラストなどを参考に『この位置だろう』というところに、ひとまずエンピツで下書きを施しました。飛行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

700分の1スケール「万能潜水艦ノーチラス号」をつくる、その4

 艦首を少し弄ります。  艦底部の先端を切り取りました。この部分、設定では「超大型魚雷」(だったハズ・・・)という事なので、以前作った1/72スケール「コスモファルコン」に付属していたミサイルを使い、ディテールアップ?します。このミサイルの先端部分を切り取ったものをノーチラス号に流用します。 ふしぎの海のナディア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「巡航戦車 A41センチュリオン」、完成

 35分の1スケール「巡航戦車 A41センチュリオン」、やっと完成しました~♪  全体をぐるぐると。  『飾る時に邪魔になるから、別に再現しなくてもいいか・・・』と考えもしましたが、やはり目立つポイントですので、砲塔にあるアンテナを再現しました。0.5㎜真鍮線を使用する事で再現していま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていますので、見てきました。ホビージャパン誌はオマケつきの為、内容の確認は出来ず。表紙から察するに、エアブラシの特集が組まれているようです。  モデルグラフィックス誌は、模型の電飾に関しての特集です。ガンダム、スタートレック、スターウォーズに登場するメカを様々に電飾した作例が載っています。  また、ガールズ&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペインティングクリップを自作

 模型製作時に『もう少し数が欲しい』と常々感じていたペインティングクリップ。ただ、普通に購入するとそれなりのお値段です。なので、出来るだけ安価に済ませてみようと思い、ネット上の先人たちのやり方を参考にしつつ、自作してみました。  まずはクリップ本体。購入した商品では100個+α入っています。  そして「持ち手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more