テーマ:模型

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その10

 砲塔後部です。  ゲペックカステン(雑具箱)取り付け用の穴などを全て埋めました。  一番の資料としている「アハトゥンク・ガールズ&パンツァー」掲載の設定画では、砲塔後部のディテールは殆ど読み取れません。なので、わかる範囲でプラ板を使いディテールを加え?ました。  また、雑具箱と砲塔の接続ですが、結局最も安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

700分の1スケール「万能潜水艦ノーチラス号」をつくる、その10

 推進器パーツに色を塗りました。  缶スプレーのガンメタルで塗装。左側はキットのパーツです。で、右側のパーツは市販品と、プラ板を切り出した物となります。この市販品パーツを補機部分のディテールアップに使います。  キットパーツは、ガンメタル塗装に加え、縁を赤色で塗っています。  ・・・、殆ど分かりませんけれども(^^;)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ「サンバルカンロボ」をつくる、1

  グレーのパーツにシルバーを塗装しました。  部分塗装でサックリと済ませて・・・、と考えて塗装を始めたのですが、調子に乗って塗装しているうちに、何だか塗装部位が増えてる(笑)。黄色に当たる部位も勢いに任せて塗ってしまいました。下地処理なしで塗っているので、発色に関しては問題ありとなっています( ̄▽ ̄;)。  そんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塗装ベースを自作

 塗装するときに使用する「ペインティングクリップ」。今まではこのクリップを主に発泡スチロールの板に挿していました。ですが、何度もグサグサ刺しているうちに、発泡スチロール板がボロボロになってきました。当然と言えば当然の帰結です。いい加減、何とかせねばならないと、ずっと考えてはいました。  と、必要に迫られるカタチで何か代わりになるものは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その9

 砲塔後部に装着されているゲペックカステン(雑具箱)の続きです。  キットでは雑具箱底部に砲塔との固定に使う支柱がありますが、ガルパン版では見られませんので、取り付け用のガイド部位にプラ板を貼りつけた後、底板が平らになるように削りました。  砲塔への取り付け方法は一先ず置いといて、黒サーフェイサーを吹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

700分の1スケール「万能潜水艦ノーチラス号」をつくる、その9

 船底部にある潜水球をいじります。第14話「ディニクチスの谷」で活躍した装備です。  キットでは只の半球状パーツでしたので、ピンバイスを使い、窓っぽいディテールを彫ってみました。設定画を見ると、更にマニュピレーターも左右に装備されているようです。この装備は劇中では使用していませんでしたので、再現は『パス』と言う事で(←あ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その8

 砲塔後部に装着されているゲペックカステン(雑具箱)をいじります。  キットのパーツですが、側面から見ると形状は「台形」になっていますが、設定画をチェックすると、台形ではなく「四角」になっているようです。この差異を少しでも縮めるため、プラ板・プラパテを用いて修正しました。  また、雑具箱を砲塔に固定する支柱を設定画に近付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

144分の1スケール「HG マジンガーZ」(INFINITY Ver)、完成

 144分の1スケール「HG マジンガーZ」(INFINITY Ver)、完成しました。まずは、やはり、  パイルダー、オォーーン。  マジーーーン、ゴーー。    で、前後から。プロポーションが素晴らしくバランスの取れたものになっています。また、ディテールがウルサイとも言われていますが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その7

 悩んでいたキューボラですが、結局タミヤさんのキットから流用する事にしました。  タミヤさんの1/35スケール「ティーガーⅠ初期生産型」から、該当部分を流用し、仮置きしてみます。  おお、ピッタリではありませんか♪  手元にある「アハトゥンク・ガールズ&パンツァー」と見比べて、取り付けの角度を確認します。う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ「ジャガーバルカン」購入

 スーパーミニプラ「ジャガーバルカン」、購入しています。と、言うより、購入しちゃいました・・・。  昔ジャガーバルカンのおもちゃを持っていまして(ほとんど作品は見ていないのに)、随分ボロボロになるまで手元にありました。その懐かしさと、各種レビューサイトの高評価に負けての購入です。  しかし、金額的にはガンプラでのMGクラス(それも高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていますので、見てきました。  ホビージャパン誌では、アニメ等に登場するロボットを再び特集しています。マジンガーZやファイヤーバルキリー、サンバルカンロボなどが取り上げられています。  また、現在模型会社(コトブキヤ、マックスファクトリー)で活躍しているスタッフさんへのインタビュー記事も。個人的には、マッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

144分の1スケール「HG マジンガーZ」(INFINITY Ver)をつくる、その6

 飛行ユニット「ジェットスクランダー」を作ります。  翼は前後に動きますが、可動に伴う摩耗対策は無いようです。  完成です。  アニメではベルト状のパーツでマジンガーZに装着されますが、キットでは専用のジョイントパーツを使用する事でしっかり固定される事になります。  これで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

700分の1スケール「万能潜水艦ノーチラス号」をつくる、その8

 船体左右にあるダクト(パーツ24、25)をいじります。  先端が尖っていなかったので、プラ板を先端に貼り付け、プラパテで面をある程度整えたのち、尖るように削り込んでいきました。  ・・・、接着面が小さかった事と技量の無さから、ここに至るまで何度も失敗しています・・・。  なんとかここまでのカタチにすること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

144分の1スケール「HG マジンガーZ」(INFINITY Ver)をつくる、その5

 脚部を作ります。  やはり膝関節は可動軸の位置や形状を含め、もう少し「煮詰めて」も良かったのではないかと思います。グレートマジンガー、グレンダイザーと「パーツの共有化を前提にした」商品展開をしている訳ですから、尚の事です。  足首。  脚部の完成です。組み立ての段取り自体は、マジンカイザーと同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

144分の1スケール「HG マジンガーZ」(INFINITY Ver)をつくる、その4

 胴体を作っていきます。  肩まわりの可動構造はマジンカイザーと同様です。  胸まわり。  腹部。アニメ作中よりもディテールが強調された感じです。  各部分を組み合わせ、胴体の完成です。 ロボ道 機動警察パトレイバー イングラム1号機 1/35スケール ABS&a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

700分の1スケール「万能潜水艦ノーチラス号」をつくる、その7

 左右にある補機のダクトと艦首パーツです。  ダクトは裏側を削り、縁が少しでも薄く見えるようにしてみました。その後サーフェイサーを吹いています。 ふしぎの海のナディア (ロマンアルバム) - アニメージュ編集部 ふしぎの海のナディア コンプリート・サウンド・コレクション - TVサントラ ふしぎの海の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

144分の1スケール「HG マジンガーZ」(INFINITY Ver)をつくる、その3

 頭部を作ります。  パーツA-20はカメラアイの部分のみ塗装していました。ですが、こうして組んでみると、色の統一感が無いのが気になります。ですので、この後パーツA-20が見えている部分はシルバーで塗装してしまいました。     マスク部分(パーツC-1❽)はスミ入れ済み。  頭部、完成です。マジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

144分の1スケール「HG マジンガーZ」(INFINITY Ver)をつくる、その2

 サクサクと組んでいきます。まずはコレ。  ホバーパイルダーです。左右のウイングパーツを間違えないように注意です。小さいですが、よく出来ています。ウイングは可動します。  ・・・、今更ですが、このキット、144分の1スケールなのですね。一般的なガンプラの縮尺と同じですので、並べると大きさのイメージをつかむのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

144分の1スケール「HG マジンガーZ」(INFINITY Ver)をつくる、その1

 144分の1スケール「HG マジンガーZ」(INFINITY Ver)を作っていきたいと思います。これも部分塗装でお手軽に済ませます。    マジンカイザー同様、胸の放熱板の裏はシルバーで塗装したのち、クリアーレッドで上塗りしています。  ホバーパイルダーの一部にイエローを。小さい部位ですが、結構目立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その6

 キューボラを組みます。  キューボラ内側の窓部分。  砲塔上面のハッチ。  キューボラ本体。ここまでの作業、捻る事無く、説明書のとおり進めました。  ・・・、??  何かが変です。違和感を感じます。  あ、キューボラ本体のカタチが違う・・・。  そうです、ガルパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていますので、見てきました。  ホビージャパン誌では、模型改造に使う各種マテリアルの特集です。主にプラ板、パテなどを取り上げていますが、さらに3Dプリンターに関しても話が及んでいます。出来ればもう少し3Dプリンターによる立体制作に関して解説が欲しいなと思いました。  う~ん、プラ板にしてもパテにしても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その5

 車体上面の左右にあるダクト?とフェンダーを組みました。  説明書のとおりに組んでいます。よく見ると、フレーム(パーツD-4、5)の形状がアニメと少し異なります。アニメは簡略化して描いているものと思われます。  改造するとなると同じパーツを後2個用意し、青線で囲った部分を使って「ニコイチ」する必要があります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」、完成

 スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」、完成です。  前後から。  手持ちの1/144ユニコーンガンダムと並べても、この大きさ!  断空砲フォーメーション。ミサイルランチャーの可動軸を少し調整した方が良かったかも・・・。  また、腰の回転ですが、見栄え重視の断空砲パーツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」、アグレッシブ・タンク・モード

 お次はタンクモードです。  ビッグモス。タンクモード、ビーストモードの時は、背部の断空砲は可動タイプに交換します。と、言うより、可動タイプを装着するのが基本です。見栄え重視タイプはほどんど使う事は無いかと(笑)。  ランドクーガー。  ランドライガー。  ビッグモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」、アグレッシブ・ビースト・モード

 まずはビーストモードです。  ビッグモス。差し替え部分が多く、各パーツ自体の取り付けも固いので、頻繁に変形させるのは大変です。可動軸の摩耗も早まりますし、パーツ自体の破損の恐れも出てきます。  あくまで「変形も出来る」程度に考えるのが基本です。  ランドクーガー。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」をつくる、その8

 ビッグモスの続きです。    肩内部を組んでいる所。  腕部完成です。変形モデルということもあり、肩の可動部分はかなり複雑。ビッグモスの肩と腰に関しては、通常のガンプラ並の熱量があるように思います。  また、手首パーツの豊富さは嬉しいところです。  脚部の組み立て途中。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」をつくる、その7

 ビッグモスを組んでいきます。   パーツのはめ込みがかなりキツイ部位がありましたが、可動部位自体の調整は殆どしていません。ダンクーガ時の保持力の高さを優先させました。また、ライガーやクーガーよりも軸が太めなので、乱暴に動かさなければ壊れる事は少ないだろうという判断もあります。  それでも、幾つか調整した部位があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その4

 設定に準じる位置に、ピンバイスを使って新たに穴を開け、取っ手を付けました。  手持ちの真鍮線(0.5㎜)を曲げ、瞬間接着剤で固定しています。 ガールズ&パンツァー 最終章 第1話 (特装限定版) [Blu-ray] - 渕上舞, 茅野愛衣, 尾崎真実, 中上育実, 井口裕香, 水島努 ガー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35分の1スケール「ポルシェティーガー(レオポンさんチーム)」をつくる、その3

 車体を組みます。  ひとまず箱状になりました。黒サフを吹きつつ作業しています。  ・・・、この取り付け位置で間違いないとは思うのですが。「パーツを取り付ける際のガイド」の位置が解り難いので(←タミヤさんやバンダイさんの配慮が凄すぎるだけ)、悩むトコロなのです。 ガールズ&パンツァー TV&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」をつくる、その6

 まずはこちらを片付ける事にします。  ビッグモス(ダンクーガ)の背面に装備される断空砲です。これもパーツの差し込みがキツかったですね。また、飛行ブースターのキャノン砲砲身同様、この砲身の分割も目立ちますので、完成度を高めたい方は処理をお勧めします。    ダンクーガの武器、ダイガンです。随分とストレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more