テーマ:ゾイド

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、8

 脚部です。  太増しいサスペンションのディテールは、ダンパー部は黒色、スプリング部は銀色と塗り分けています。  脚部は全てを支える事になる部位ですから、ポリキャップの大きさも半端ではありませんし、組み込みも力が要ります。  このキットはフル可動仕様ですから、強度面は大丈夫なように設計してあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、7

 背面です。  どうやら肩の基部となるようです。可動部位がある事はわかりますが、何せモノが大きすぎて、組んだパーツ達がどのように連動し、動く事になるのか把握しきれません( ̄▽ ̄;)。  ・・・、ワタクシは何の建物を作っているのでしょうか?(笑)。 ZOIDS EZ-015 アイアンコングイエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、6

 今回も脚部です。ふくらはぎ辺りに装備されているブースターです。  ブースターノズルは、外側をガンメタル、内側をシルバー→クリアーレッド、クリアオレンジで塗装しました。別にこんな塗装をしなくても良いのですが、突発的に起こるワタクシの「悪い癖(=発作)」と思ってくだされば(←で、自分の首を絞める、となる訳です)。一応、以前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、5

 足を作ります。  パーツをバシバシ切り出します。これが足指となる訳です。  パーツを組み上げ~。  ひとまず、足の指は組みあがりました。指は左右には動きますが、上下には動きません。人型の模型(ガンプラ等)と違い、ゾイドは動物をモチーフとしていますので、そこは意識しておかないといけません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、4

 上顎です。  シートは艦底色・黒鉄色などを使って塗装しました。  とりあえずここまで。今回の製作は部分塗装で済ませるのですが、つや消しだけは全体に吹きたいと思っています。ですのでクリアパーツの取り付けや取り付けは全て後回しとします。 壽屋 ZOIDS アイアンコング プロイツェン ナイツ 全高約3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、3

 組んでいきます。今回は胸のあたりです。    可動部にはポリパーツが使われています。キットのサイズがサイズだけに、ポリパーツも大きいものがゴロゴロと・・・。コトブキヤさんのポリパーツはあまり良い印象が無いのですが、改善されているのでしょうか??      首と胸のあたりが組めました。なんと言いますか、「どこぞの秘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、2

 今回のゴジュラスですが、部分塗装のみの「素組み」で済ませる事にします。合わせ目消しもしませんし、パーツの切断面も特に処理をする事はしません。説明書の順序通りに組む事すらしません(笑)。とにかく「組み立てる」ことが最優先です(汗)。  何と言っても「オオモノ過ぎるキット」ですからねぇ・・・。とにかく手を動かすことで「どんなキットなのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM 1/72スケール「ゴジュラス」をつくる、1

 積んだままにしていても仕方ないので、後の事は考えず組む事にしました。    コトブキヤさんがリリースするゾイドHMMのフラッグシップキット「ゴジュラス」を組みます。  ガムテープを使い、ランナーにタグを振りました。  事前にわかっていた事とは言え、大量のランナー群に眩暈がします(◎_◎;…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM「ゴジュラスキャノンセット」、完成

 あっさりとではありますが、ゾイドHMM「1/72スケール ゴジュラスキャノンセット」、完成です。  このキットはあくまで「オプションパーツ」なので、コレ単体でどうとか言うものではありません。ただ、これだけは言えます。  『デカい』( ̄▽ ̄;)。  これで1/72スケール・・・。  以前作った1/10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM「ゴジュラスキャノンセット」をつくる、4

 つや消しを吹きます。クリアパーツを取り付けたりと、最終的な組み上げはこの後です。    砲身はジャーマングレーで塗装しました。また、砲本体の一部とAZ4連装ショックカノンの「盾」に当たる一部を(チ-3、エ-1)は「差し色」として赤色で塗ってみました。 ZOIDS RHI-3 コマンドウルフ リパッケージ版 全長約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM「ゴジュラスキャノンセット」をつくる、3

 砲身後部です。シリンダーっぽい部位は、ゴールド、シルバー、カッパーで各々塗装しています。  砲身の後ろ側は前後に可動するようになっています。第2次世界大戦の記録映像などで見る事が出来る野砲の動きを取り入れたもののようですね。 壽屋 ZOIDS RZ-041 ライガーゼロ イエーガー マーキングプラスVer. 全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM「ゴジュラスキャノンセット」をつくる、2

 弾倉です。脱着可能になっています。  弾丸のみカッパー+クリアーレッドで塗装しています。 ZOIDS EZ-036 デススティンガー 全長約450mm 1/72スケール プラモデル ZOIDS RMZ-11 ゴドス 旧共和国仕様 全高約135mm 1/72スケール プラモデル 壽屋 ZOIDS RZ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM「ゴジュラスキャノンセット」をつくる、1

 急に思い立ち、長年棚の肥やしになっていたこのキットを組む事にしました。ゾイドHMMカスタマイズパーツ「ゴジュラスキャノンセット」です。  後の事は何も考えておりません(^^;)。  今回は、あくまで「部分塗装」のみの「素組み」で行くことにします。継ぎ目を消したり、全塗装したりなんてな事にまで踏み込んでしまうと取り返しの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ZOIDS 〜ART OF HMM 2006-2020〜、購入

 コトブキヤさんが展開する「ゾイドHMM」シリーズ。最新作になる「ワイルドライガー」までのボックスアートを収録した「ZOIDS 〜ART OF HMM 2006-2020〜」を購入しています。  プラモデルの「箱絵(ボックスアート)」は一番最初に目にするところですし、カッコいいイラストであれば、眺めるだけでもワクワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」、完成

 素組み+部分塗装で、72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」、完成です。  72分の1スケールなので、同サイズのミリタリー系模型と並べても、極端な違和感はありません。ちなみに、この機体がたたき出す最高速度は時速200㎞。同スケールの模型を持っている方は並べてみて、そして想像してください。この「巨大なもの」が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」をつくる、9

 頭部を組んでいきます。  素組みで進めている限り問題では無いのですが、コレ、合わせ目消しや全塗装をして仕上げるとなると、相当面倒ですね。コマンドウルフ自体がゾイドHMMシリーズ初期のキットという事も関係しているのだと思います。  今回、サックリ素組みで進めましたが、個人的にはこの方法で正解だった気がします・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」をつくる、8

 後ろ脚を組んでいきます。  組み立ての段取り自体は前脚と変わらないのですが、パーツが「似て非なる」ので、その点は注意です。  可動部にはポリパーツが使用され、ヘタリにくいよう配慮されているのですが、パーツが小さいので、過度の期待は出来ないかと(笑)。  後ろ脚も完成です。 メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」をつくる、7

 前脚を組んでいきます。  パイプパーツは(困ったときの)黒鉄色で塗装。  足首は可動の関係上、複雑にパーツが組み合わさります。  つま先の金色パーツは塗装済みパーツとなっています。    同じ作業を2回繰り返すことで、前脚の完成です。 ZOIDS RHI-3 コマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」をつくる、6

 尻尾です。  尻尾完成~。付け根にあるシリンダーっぽい部位はシルバーで部分塗装を行っています。  胴体左右に装備される「スモークディスチャージャー」も組み立て。塗装したせいか、パーツのはめ込みが上手くいかず、難儀してしまいました。  一応、コマンドウルフの通常装備である「50㎜対ゾイド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」をつくる、5

 ロングレンジライフルを組んでいきます。  左右の砲身にガッツリ合わせ目があるのですが、今回は気にせずそのままにしています。  ファンのようなディテールは黒鉄色で部分塗装を行っています。困ったときは黒鉄色orガンメタルです(笑)。  組みあがりました、と言いたいところですが、銃口パーツ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」をつくる、4

 部分塗装です。ジャーマングレーやシルバーを使います。  ロングレンジライフルに描かれている赤ラインはマスキング処理をして再現してみます。シートもブラウンで塗装しておきます。  ちょっち赤ラインがゴツくなりましたが・・・、まぁ、こんなところでしょうか。 コトブキヤ ZOIDS RBOZ-003 ゴジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」をつくる、3

 胴体の続きです。  首と胴を繋ぐ部位になります。  これで胴体の各部位は完成です。 ゾイド Blu-ray BOX - 岸尾だいすけ, 大本眞基子, 鈴木琢磨, 藤原啓治, 渡辺久美子, 加戸誉夫 コトブキヤ ZOIDS ゴジュラス・ジ・オーガ 全高約370mm 1/72スケール 色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」をつくる、2

 胴体です。  サクサク組みます。シルバーのパイプパーツは、改めてシルバーで塗っております。  肩関節・股関節には「ディスクブレーキ」風のディテールがあります。これはHMMゾイドシリーズ共通のようですね。 HAGANE WORKS ゾイド ブレードライガー 1/72スケール 亜鉛合金&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」をつくる、1

 ちょっとは手を付けてはいたのですが、ご多分に漏れず「ほったらかし」にしていました。  ですが、アニメ「ゾイド」においてアーバインを演じた藤原啓治さんが亡くなったという報に触れた際、『コイツはほったらかしではイカンな』と。  そこで、【素組み+部分塗装】で完成させようと思います。  歯ですが、パーツ分けされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMシリーズ「ゴジュラス・ジ・オーガ」

 コトブキヤさんがゾイドのプラキットシリーズをスタートして以来、この機体の発売がくるくるの大本命でした。ですが、モノがモノだけに「無理だろうなぁ」と思っていました。  が、ついに立体化。まさに夢のようです。ゴジュラスのパワーアップバージョンである「ゴジュラス・ジ・オーガ」、ネットショップにて購入しました。  凄いサイズの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMカスタマイズパーツ「ゴジュラスキャノンセット」

 ゾイドHMMシリーズ対応のカスタマイズパーツである「ゴジュラスキャノン」が発売されていますので、購入しました。  一般的なプラモデルの箱と大差ないサイズの箱です。  箱を開けると、こんな感じ。  パーツ群。砲身の太さが・・・。パーツの時点で迫力満点です。  組み立て説明書。組立て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM「ジェノブレイカー」

 ジェノザウラーのキット化がなされてから、いずれはこの機体もと思っていましたが、やはり発売されました「ジェノブレイカー」。ブレードライガーのライバル機と言う事もあり、購入しています。  ゾイドHMMシリーズは気にいった機体を購入しているのですが、殆どが「手付かず」の状態です(爆)。  それなりの金額のキットなので「素組みだともったい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM「ダークホーン・ハリースペシャル」

 頼んでいた事を忘れていた、ゾイドHMMの新作、「ダークホーン・ハリースペシャル」が届きました。商品的には純然たる新作ではなく、バリエーション展開の一環です。  箱です。ゾイドバトルのワンシーンをイメージしたものになっています。  箱を開けると、ゾイドHMMシリーズ恒例ともいえる、ギッシリ詰まったパーツが現れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMシリーズNo.4「ジェノザウラー」、ようやく完成

 ジェノザウラー、ようやく完成しました。な、長かったです・・・。  荷電粒子砲発射態勢を取るために苦労した訳ですが、その出来はこんな感じです。  ふむう・・・、もう少し「一直線」になるかと思ったのですが、あと一歩及ばずと言ったトコロですね(^^;)。また、尻尾のフィンですが、数が多いだけに展開させるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMシリーズNo.4「ジェノザウラー」をつくる、その17

 残っているクリアパーツに色を塗ってみました。  このパーツを、各部に取り付けました。  これで、全ての組み立ては終了です・・・。 ZOIDS RZ-041 ライガーゼロ (タイプゼロ) (1/72スケールプラスチックキット)壽屋 2010-11-30 Amazonアソシエイト by …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more