テーマ:ゾイド

ZOIDS 〜ART OF HMM 2006-2020〜、購入

 コトブキヤさんが展開する「ゾイドHMM」シリーズ。最新作になる「ワイルドライガー」までのボックスアートを収録した「ZOIDS 〜ART OF HMM 2006-2020〜」を購入しています。  プラモデルの「箱絵(ボックスアート)」は一番最初に目にするところですし、カッコいいイラストであれば、眺めるだけでもワクワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」、完成

 素組み+部分塗装で、72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」、完成です。  72分の1スケールなので、同サイズのミリタリー系模型と並べても、極端な違和感はありません。ちなみに、この機体がたたき出す最高速度は時速200㎞。同スケールの模型を持っている方は並べてみて、そして想像してください。この「巨大なもの」が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」をつくる、9

 頭部を組んでいきます。  素組みで進めている限り問題では無いのですが、コレ、合わせ目消しや全塗装をして仕上げるとなると、相当面倒ですね。コマンドウルフ自体がゾイドHMMシリーズ初期のキットという事も関係しているのだと思います。  今回、サックリ素組みで進めましたが、個人的にはこの方法で正解だった気がします・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」をつくる、8

 後ろ脚を組んでいきます。  組み立ての段取り自体は前脚と変わらないのですが、パーツが「似て非なる」ので、その点は注意です。  可動部にはポリパーツが使用され、ヘタリにくいよう配慮されているのですが、パーツが小さいので、過度の期待は出来ないかと(笑)。  後ろ脚も完成です。 メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」をつくる、7

 前脚を組んでいきます。  パイプパーツは(困ったときの)黒鉄色で塗装。  足首は可動の関係上、複雑にパーツが組み合わさります。  つま先の金色パーツは塗装済みパーツとなっています。    同じ作業を2回繰り返すことで、前脚の完成です。 ZOIDS RHI-3 コマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」をつくる、6

 尻尾です。  尻尾完成~。付け根にあるシリンダーっぽい部位はシルバーで部分塗装を行っています。  胴体左右に装備される「スモークディスチャージャー」も組み立て。塗装したせいか、パーツのはめ込みが上手くいかず、難儀してしまいました。  一応、コマンドウルフの通常装備である「50㎜対ゾイド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」をつくる、5

 ロングレンジライフルを組んでいきます。  左右の砲身にガッツリ合わせ目があるのですが、今回は気にせずそのままにしています。  ファンのようなディテールは黒鉄色で部分塗装を行っています。困ったときは黒鉄色orガンメタルです(笑)。  組みあがりました、と言いたいところですが、銃口パーツ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」をつくる、4

 部分塗装です。ジャーマングレーやシルバーを使います。  ロングレンジライフルに描かれている赤ラインはマスキング処理をして再現してみます。シートもブラウンで塗装しておきます。  ちょっち赤ラインがゴツくなりましたが・・・、まぁ、こんなところでしょうか。 コトブキヤ ZOIDS RBOZ-003 ゴジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」をつくる、3

 胴体の続きです。  首と胴を繋ぐ部位になります。  これで胴体の各部位は完成です。 ゾイド Blu-ray BOX - 岸尾だいすけ, 大本眞基子, 鈴木琢磨, 藤原啓治, 渡辺久美子, 加戸誉夫 コトブキヤ ZOIDS ゴジュラス・ジ・オーガ 全高約370mm 1/72スケール 色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」をつくる、2

 胴体です。  サクサク組みます。シルバーのパイプパーツは、改めてシルバーで塗っております。  肩関節・股関節には「ディスクブレーキ」風のディテールがあります。これはHMMゾイドシリーズ共通のようですね。 HAGANE WORKS ゾイド ブレードライガー 1/72スケール 亜鉛合金&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

72分の1スケール「コマンドウルフ・アーバイン仕様」をつくる、1

 ちょっとは手を付けてはいたのですが、ご多分に漏れず「ほったらかし」にしていました。  ですが、アニメ「ゾイド」においてアーバインを演じた藤原啓治さんが亡くなったという報に触れた際、『コイツはほったらかしではイカンな』と。  そこで、【素組み+部分塗装】で完成させようと思います。  歯ですが、パーツ分けされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMシリーズ「ゴジュラス・ジ・オーガ」

 コトブキヤさんがゾイドのプラキットシリーズをスタートして以来、この機体の発売がくるくるの大本命でした。ですが、モノがモノだけに「無理だろうなぁ」と思っていました。  が、ついに立体化。まさに夢のようです。ゴジュラスのパワーアップバージョンである「ゴジュラス・ジ・オーガ」、ネットショップにて購入しました。  凄いサイズの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMカスタマイズパーツ「ゴジュラスキャノンセット」

 ゾイドHMMシリーズ対応のカスタマイズパーツである「ゴジュラスキャノン」が発売されていますので、購入しました。  一般的なプラモデルの箱と大差ないサイズの箱です。  箱を開けると、こんな感じ。  パーツ群。砲身の太さが・・・。パーツの時点で迫力満点です。  組み立て説明書。組立て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM「ジェノブレイカー」

 ジェノザウラーのキット化がなされてから、いずれはこの機体もと思っていましたが、やはり発売されました「ジェノブレイカー」。ブレードライガーのライバル機と言う事もあり、購入しています。  ゾイドHMMシリーズは気にいった機体を購入しているのですが、殆どが「手付かず」の状態です(爆)。  それなりの金額のキットなので「素組みだともったい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM「ダークホーン・ハリースペシャル」

 頼んでいた事を忘れていた、ゾイドHMMの新作、「ダークホーン・ハリースペシャル」が届きました。商品的には純然たる新作ではなく、バリエーション展開の一環です。  箱です。ゾイドバトルのワンシーンをイメージしたものになっています。  箱を開けると、ゾイドHMMシリーズ恒例ともいえる、ギッシリ詰まったパーツが現れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMシリーズNo.4「ジェノザウラー」、ようやく完成

 ジェノザウラー、ようやく完成しました。な、長かったです・・・。  荷電粒子砲発射態勢を取るために苦労した訳ですが、その出来はこんな感じです。  ふむう・・・、もう少し「一直線」になるかと思ったのですが、あと一歩及ばずと言ったトコロですね(^^;)。また、尻尾のフィンですが、数が多いだけに展開させるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMシリーズNo.4「ジェノザウラー」をつくる、その17

 残っているクリアパーツに色を塗ってみました。  このパーツを、各部に取り付けました。  これで、全ての組み立ては終了です・・・。 ZOIDS RZ-041 ライガーゼロ (タイプゼロ) (1/72スケールプラスチックキット)壽屋 2010-11-30 Amazonアソシエイト by …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMシリーズNo.4「ジェノザウラー」をつくる、その16

 ようやく尻尾を連結しました。  組んでみてようやく「あ、尻尾はクリック関節なんだ」と気付く始末(^^;)。 ですので、保持力はキッチリしています。と、言いますか、塗装の被膜の分だけ「キツイ」かも・・・。  尻尾と胴体が繋がりました~♪    残していたクリアパーツも取り付け、頭部もようや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMM No.019「セイバータイガーゴールド」

 ジェノザウラーがまだ完成していないにもかかわらず、購入しました「セイバータイガーゴールド」。ネットショップで注文していたのですが、それが随分以前でしたので、その注文自体を忘れていたというテイタラク・・・。  ああ、組んでいないゾイドキットがたまっていく・・・。だめじゃなイカ。  箱です。デスザウラーに立ち向かい、エネル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMシリーズNo.4「ジェノザウラー」をつくる、その15

 改修工事、もう少しやってみます。  サーフェイサーを吹きました。  再塗装。雑である事は間違いないですが、まぁ・・・、良いでしょう(^^:)。  尻尾は良いとして、首にも問題が。ここも加工しないと、荷電粒子砲発射態勢がとれません。で、可動の干渉になっているのではないか?と思われる部分を削りまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMシリーズNo.4「ジェノザウラー」をつくる、その14

 尻尾と胴体を繋ぐパーツであるK-3、K-4ですが、そのまま組むと尻尾を水平にする事が出来ません。つまり、アニメで描写される「荷電粒子砲発射態勢」が取れないと言う事です。ですので、少し加工してみました。  組んだ時、尻尾が平行になるか見計らいながら、ガシガシ削りました。すると大穴が。これくらい削って、ようやく「平行に出来る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMシリーズNo.4「ジェノザウラー」をつくる、その13

 どうにか尻尾、組みあがりました。  修理したC-11パーツ、どうやら可動に問題はなさそうです。一安心です。ただ、このジェノザウラーというキット、やはりパーツの合いが悪い所があり、その部分は少し削ったりしています。   ZOIDS ブレードライガーAB バン仕様 (1/72スケールプラスチックキット)壽屋 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMシリーズNo.4「ジェノザウラー」をつくる、その12

 尻尾を組んでいきます。  尻尾にあるフィン展開ギミックですが、この部分、大きさ違いで、似たようなパーツを組んでいかなければなりません。パーツの切り出しには要注意です。にもかかわらず、やっちゃいました。  「パーツ破損」(爆)  フィンの1枚「C-11」のピンを折ってしまいました・・・。それも「大きさ違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMシリーズNo.4「ジェノザウラー」をつくる、その11

 脚部の続きです。  脚部アンカーを組んでいるところ。荷電粒子砲発射時の反動を抑えるための物です。  パーツを切り出していきます。爪のパーツですが、正しく組めば、上から見た際、「扇状」に広がる様になります。  組んでいきます。ああ、塗装が「雑」ですねぇ・・・。こんなモノ、見せても良いのでしょうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMシリーズNo.4「ジェノザウラー」をつくる、その10

 脚部を作っていきます。  サスペンション(?)部分、パーツを切り出した跡は、ガンダムマーカー「ゴールド」で塗っています。  基本部分をパチパチ組んでいきます。初期のHMMシリーズですので、ガンプラの様には・・・。  ドンドン組んでいきます。これくらい揃って、ようやく「ああ、このパーツはここに組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMシリーズNo.4「ジェノザウラー」をつくる、その9

 腕部を組んでみました。  まずは爪(ハイパーキラークロー)を。部分塗装(紫色)してますが、本体の紫と合っておりません(笑)。  左右、同時進行です。  外部装甲を取り付けていきます。  爪を組みたてる際に使ったR-2パーツですが、切り欠きによって、C-22、23に取り付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMシリーズNo.4「ジェノザウラー」をつくる、その8

 背中に背負う「ロングレンジパルスレーザーライフル」を組んでみました。  まずはライフル本体です。  次はライフルの基部。  基部を組み上げ~。  完成です。パーツを貼り合わせた部分の処理等、やった方が良いところもありますが、まぁ、出来るだけお手軽にと言う事で。一応部分塗装…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMシリーズNo.4「ジェノザウラー」をつくる、その7

 チマチマと進めていきます。  説明書によると、胸部を組んでいる事になっていますが、この段階では「??」ですね。もう少し組みあがったパーツが揃わない事には・・・。 ZOIDS ブレードライガーAB バン仕様 (1/72スケールプラスチックキット)壽屋 2009-12-19 Amazonアソシエイト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMシリーズNo.4「ジェノザウラー」をつくる、その6

 久しぶりの「ジェノザウラー」です。  肩関節、股関節の基部にあるパーツを組んでみました。ここも『そのままでは寂しいなぁ』と感じたので、ちょこちょこっと色(金・銀・紫)を塗ってみました。  説明書の色指定は参考程度に(笑)しています。『「それっぽく」なればよいか』程度の物です。  この部分ですが、ゾイドHM…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾイドHMMシリーズNo.4「ジェノザウラー」をつくる、その5

 胴体部分を組んでいきます。  ・・・、う~ん、インナーフレームだから、「チラ見え」程度になるだろうと踏んで、塗装してみたのですが、今回ばかり(?)は読みが甘かったですね・・・。 ZOIDS ジェノザウラー (1/72スケールプラスチックキット)壽屋ユーザレビュー:Amazonアソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more