テーマ:戦艦まほろば

超戦艦、竣工

 超戦艦、竣工です!  全体をぐるぐると。全長は約44cm。幅は5.7cm。ですので、使用した元キット(アルペジオ版ムサシ)の縮尺(1/700スケール)でいくと、この艦の全長は、ええと、約308m程度ですね。現行の米原子力空母程度の大きさという事になるでしょうか。  もし1/1000スケー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その30

 ツヤ消しクリアーを吹いて、色を整えました。  艦橋トップはシルバーで塗っています。    艦NEXTに付属の飾り台も組み立て。  ようやく、長い旅路が終わりを迎えます。本当に長かった・・・・。 タミヤ 1/350 艦船シリーズ No.25 日本海軍 戦艦 大和 プラモデル 78025タミヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その29

 竣工は近いです。やっとここまで・・・。  主砲バーベットや対空機銃群、艦尾クレーンなどを取り付けました。マンガ版「まほろば」では艦尾クレーンは4基あり、また、艦尾部分も2段になっていて、かなり大和級と異なっているのですが、今回はそこまで弄らず、キットのままにしています。  ほぼ、塗装作業が完了しました。飛行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その28

 船体にも塗装を施していきます。  甲板部分は基本ジャーマングレーで塗っていますが、大和級で言うところの「木製甲板」にあたる部分はマスキングし、塗装時には色を足していくことで変化をつけてみます。  「大和級において木製甲板だった部位も含め、艦全体が技術革新によって精製可能となった、とってもすごい超金属に変更されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その27

 船体の目途がつきましたので、擬装関係も進めます。  船体に装備される各種構造物です。基本、艦NEXT「大和」「武蔵」のパーツを素組みし、そのまま流用→塗装しています。また、対空機銃に関してですが、高角砲も含め、全てシールド付きタイプにしています。  ほか、主砲が載る台座(バーベット)はそのままでは高さが足りません(艦首…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その26

 サーフェイサーの続きです。  主要な構造物を取り付ける際の目安になる副砲基部などを、先に船体に取り付け、改めて黒サーフェイサーを吹いています。  推進器の形状ですが、移植したパーツの仕上げの雑さを隠すべく、小細工を繰り返した結果、最終的にこんな感じと相成りました。  アルカディア号+まほろば+アルペジオと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その25

 遥かな旅路の果て、ゴールが見えてきました。  営々といじり続けてきましたが、ようやく、ようやく船体に黒色サーフェイサーを吹くところまでたどり着きました。ビルジキールの拘りを止めた事で、気分的に楽になったという面もあります。  「こんな出来でも良いよねっ」という事です、ハイ。 ガルパン・インストブック ファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その24

 艦首甲板です。  マンガを参考に、ジャンクパーツやプラ板でデコレーションしてみました。あくまで「参考」です。「それっぽく」なればいいか、程度です。また、実用面に関しても、考察は勘弁してください(笑)。 ハセガワ クリエイターワークスシリーズ 宇宙海賊 キャプテンハーロック 1978TVアニメ版 宇宙海賊戦艦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その23

 シンプルな形状に戻します。  元キットであるアルペジオ版ムサシのビルジキールを残しておいて正解でした。これを移植します。長さが足らない分はプラ板で継ぎ足しました。  また、船体に施していたジャンクパーツによるディテールアップ作業は取りやめ、これまで施していたパーツは全て剥ぎ取りました。    マンガを参考に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その22

 ここのディテールをカタチにするのは、もう、無理だ。  船底部に施していたビルジキールのパテ盛りですが、どうやっても納得のいく形状に仕上げる事が出来ませんでした。  頭の中には「こうしたい」というイメージがあるのに、実際に手を動かすと、ガタガタのクオリティでアウトプットされてしまうという感じです。これは「もうどうにもなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その21

 ある程度船体の目途が付いたので、各種擬装に手を付けています。  とりあえず、新造中の船体に流用パーツを並べ、位置を確認。何とか「収まって」くれているようで一安心。主砲も回転できそうです。  基本、「艦NEXT」シリーズの戦艦大和、武蔵から部品取りを行っています。艦橋、主砲、主砲基部、副砲、機銃などで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その20

 船体にディテールを施してみます。    手持ちのジャンクパーツやプラ板を使ってみました。  う~ん、センスが無い・・・。  本当に、無い(笑)。 超合金魂 GX-86 宇宙戦艦ヤマト2202 全長約425mm ABS&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュアBANDAI SPIRITS(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その20

 エポキシパテを盛って、形状を整えていきます。  う~~~ん、考えているイメージと違う・・・。  頭の中には「こうしたい」というイメージがあるのに、実際に手を動かすと、そのイメージが反映されないという感じです。  何というポンコツぶり・・・。 【Amazon.co.jp限定】 宇宙戦艦ヤマト2202 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その19

 船底部をいじっていきます。  コスモタイガーⅡの増槽パーツとプラ板でビルジキールっぽいものをでっちあげました。   あくまで「デッチあげ」です。  艦尾船底部に、宇宙戦艦ヤマトの涙滴状パーツを貼り付け、デコレーション。  う~ん、センス無いなぁ・・・。 【Amazon.co.jp限定】…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その18

 でっち上げた推進器を取り付けてみました。  船体とのスキマが目立ちますが、いずれパテで埋めるつもりです。また、マンガを参考にし、プラ板でフィンを作ってみました。松本メカでは珍しい有機的なラインです。  なんだか「それっぽく」見えてきました。完全に贔屓目です(笑)。 フジミ模型 1/700 艦NEXTシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その17

 艦底部のデコレーションをしたいと思います。  ジャンクとなっているコスモタイガーⅡの増槽パーツとプラ板で、ビルジキール(っぽいもの)をでっち上げてみようと考えています。  喫水線より上はWW2軍艦のスタイル、喫水線より下はSFっぽいスタイルというイメージが「戦艦まほろば」ではないかと思い、手を動かしている訳です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その16

 マンガ「超時空戦艦まほろば」の戦艦まほろばを念頭に置いて建艦を行っている訳ですが、さて、問題が。それは「推進器」です。  マンガでは十字状にノズルが配置されているように描かれているカットがあるのですが、それは2巻に出てくるおぼろげな1カットのみ。これではセンスのないくるくるには、全く形状がつかめません・・・。  とは言え、元キット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その15

 マンガ版を少し参考に・・・。  船体のサイドに、何やら膨らみ(バルジ?)のフォルムが見られますので、プラ板・プラ棒を貼り付けて「それっぽく」なるようにしてみました。  元キットのディテールをパーにしてしまったからというのもありますが。(^^;) 松本零士 名作アニメ大解剖 (SAN-EI MOOK)三栄書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その14

 こんなところで妥協します。    一応、船体のラインは整ったように思います。基本、プラパテを使用しているので、とにかく面倒くさい事この上ありません。  盛って、削って、盛って、削って・・・。  とは言え、ここで異なる素材を変に使ってしまうと、後々の各種処理が一層面倒になってしまうだろうと思いますので、このまま進みま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その13

 諦めます。  元キットのディテールは諦めました。プラパテをベタベタを塗りまくり、まずは目先の「船体のラインを整える」事に傾注します。  無様です。 ローマ帝国 人物列伝(祥伝社新書463)祥伝社 本村 凌二 Amazonアソシエイト by 歴史と戦争 (幻冬舎新書)幻冬舎 2018-03-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その12

 『意味ないじゃ~~ん。』となりました。    何とかして船体のラインを整えようと、遮二無二、ひたすらに、ガシガシと、ヤスリをかけましたところ、せっかく残していたディテールをつぶしてしまう結果となりました。  おバカ丸出しです。 バカ論 (新潮新書)新潮社 ビートたけし Amazonアソシエイト by …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その11

 サーフェイサーを試しに吹きました。  …、新たな資源ごみの誕生かも知れません。ごめんよ地球。 衛宮さんちの今日のごはん (1) (角川コミックス・エース)KADOKAWA 2017-01-26 TAa Amazonアソシエイト by ガールズ&パンツァー 劇場版Variante 1 (M…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その10

 船体ラインの繋がりがイマイチに思えたので、プラパテを追加で盛り盛り。  …、間違いなく、ドツボにハマりつつあります、うむ。 幼女戦記 1 [Blu-ray]KADOKAWA メディアファクトリー 2017-04-26 Amazonアソシエイト by 【Amazon.co.jp限定】ヴァイオレット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その9

 ガッツリ開いている船体側面を塞いでいきます。  既存のパーツも使います。本体同様切断しています。  手持ちのプラ板、プラパテで塞ぎました。  ・・・、開口部は塞がったものの、何だか「ゲロマズ」な感じに。やっちまったかも知れません(汗)。   【Amazon.co.jp限定】 ガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その8

 忘れていたディテールです。  艦尾付近の舷側にある「くぼみ」です。初期の絵では、「脱出用のいかだ」?らしいものが描かれていましたが、後期になると「ダクト」?のように描かれることになった部分です。  『この辺かなぁ・・・』というあたりをくり抜きました。  市販のディテールアップパーツを裏側から取り付けました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、閑話休題 

 と、ここまでくれば、わかる人はわかると思います。松本零士さんが描いたマンガ「超時空戦艦まほろば」に登場する戦艦「まほろば」を作ろうという魂胆です。  実のところ、一度タミヤさんのキットを使い、WLでやってみた事があるのです。  出来に関しては、推して知るべきモノです(ちなみに、現在は既に「廃艦状態」となって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その7

 ひとまず、甲板を貼り付けました。  アルペジオ版ムサシのキットなので、船体左右がガッツリ空いています。この辺りはプラ板で塞いでいくことにします。 「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)あさ出版 2017-04-10 汐街コナ Amazonアソシエイト by うつヌケ うつト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その6

 甲板を船体に取り付けていきます。後ろから合わせていきます。  船体は延長すべく「真っ二つ」にしたわけですが、船体の延長分に関しては、既に延長を行っている甲板が基準になっています。  まず艦底部に1ミリプラ板を貼り付ける事で、長さと基本の強度を確保しています。 フジミ模型 1/700 艦NEXTシリーズ №…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その5

 艦尾から進めていきます。  切り出したプラ板を飛行機作業甲板に取り付け、主砲塔が載るスペースを確保しました。その後、2ミリの三角プラ棒を張り付け。ここで船体中央部との段差となります。  これで元のキットより船体中央部が2ミリ分高くなる事になるので、その分に合わせ、船体側面にプラ板をカットしたものを貼り付けています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その4

 アルペジオ版ムサシの船体をばっさりカットしました。  ヤマトではなくムサシを選んだのは、艦首にある魚雷発射管の形状が、また、艦尾は推進器付近の形状が好みだからです。 蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-オリジナルサウンドトラック 完全版FlyingDog 2015-09-16 甲田雅人 Amazonアソシエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more