HGゴウザウラー、完成。

 ウェブリブログが大幅なリニューアルを行っています。これまでのデザイン・使い勝手と随分変わってしまっています。 今までのシステムに慣れきってしまっているので、今回のリニューアル版に慣れるまで、かなり時間がかかりそうです。  今回のリニューアル後、最初のネタはこれです。   1/300スケール HGゴウザウラー、完成です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高額商品ですけど・・・その2

 悩んだ挙句に購入した「超合金魂 宇宙戦艦ヤマト(2202Ver)」ですが、実はもう一つ、気になるところがありまして・・・。  「気になりだしたら止まらない。僕の悪い癖。」(by杉下右京)  それは第一主砲の取り付けに関してなのです。何故だか一番主砲取り付け部のみ、砲塔が最期までハマってくれないのです。三番、二番主砲の取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その14

 組み立て作業も、これでラストです。  ランドステゴの頭部。目は付属のシールを使用しました。とうとう手抜き。  ザウラージェットの機首も完成。この部分がランドステゴの尻尾になりますが。ポリパーツは使用されていませんので、いずれは「緩々」になると思われます。  サンダーブラキオ胴体(ゴウザウラー胴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていますので、見てきました。  ホビージャパン誌では、リニューアルされたMGガンダムNT-1の作例をはじめ、模型製作に使う各種工具を特集しています。最近のホビージャパンは「模型製作の基礎」を改めて特集することが多いように思います。模型製作の新規さんを増やしたいという面とともに、工具類も色々種類が増えて、どれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その13

 組んでいきます。  マッハプテラの胴体ですが、説明書に不備がありますので、封入されていた修正用紙の記載に従って組んでいます。  ウイング完成~。ただ、マッハプテラの胴体との取り付け部位の強度や耐久性がちょっち不安です。  ザウラーシールドにも手持ちのホログラムシールを貼ってみました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その12

 もしかすると、ここがこのキットにおける最難関かも知れません。  ゴウザウラーの額部分にある飾りパーツです。パーツC2⑧をはめ込む部分に手持ちのメタリックシールを貼ってみました。  ・・・、あまり意味が無かったかも(爆)。それよりもパーツC2⑧です。細かいです。はめ込み作業の際、上手くはまらず、「コノヤロー」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その11

 組み立てていきます。  まずは肩部分。パーツA1①(A1②)ですが、取り付け前にガンダムマーカー黒で部分塗装を行っています。  前腕部分。  腕部の完成です。 EMOTION the Best 星界の紋章 DVD-BOXバンダイビジュアル 2010-05-28 Amazo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その10

 組み立てに入っていきます。  股関節や太ももを組みました。何のヒネリもない素組みです。どうでもよいことですが、股関節の軸に沢山の小さな穴が開いています。  強度は問題ないと思いますが、もしかすると、こういった部位に至るまで「コスト削減」(プラスチックの使用量を抑える)を行っている表れではないかと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガールズ&パンツァー最終章 第2話を観に行く

 待ちに待った公開ですので、公開日当日に観に行きました「ガールズ&パンツァー最終章 第2話」。  観に行ったのはアースシネマズ姫路さん。関西圏において、ここと塚口サンサン劇場さんは、この作品の「音」に並々ならぬ拘りを持ってくれています。  ロビーのパネル部分にはかつて公開された作品がズラリと。  物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガールズ&パンツァー最終章 第2話、公開

 第1話公開から、随分と間隔があいてしまいましたが、無事に公開の運びとなりました。「ガールズ&パンツァー最終章」第2話、本日からイベント上映開始です。 『ガールズ&パンツァー 最終章』第2話 劇場本予告(60秒)  楽しみにしている作品ですが、「人気コンテンツ」になってしまったが故に(≒儲かる作品)、奇麗に終わらせることが出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高額商品ですけど・・・

 思い切って購入した超合金魂「宇宙戦艦ヤマト(2202Ver)」ですが、劇中で確認出来る各種マーキング類が殆ど省略されてしまっています。特に艦首・艦尾にある喫水線ゲージが再現されていないのは、大きなマイナス点です。  と、言う事で、マスキング+エアブラシのコンビで少し弄ってみようと考えました。  本当は喫水線ゲー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その9

 残っていたパーツを切り出し、スミ入れを行った後、半ツヤを吹きつけました。  これにて組み立て準備、完了です。 エアーブラシ大攻略2018改訂版: 解決!器材選びからプラモ塗装の基本技法マスターまで大日本絵画 Amazonアソシエイト GSIクレオス Mr.リニアコンプレッサー L7 レギュレーター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その8

 塗装が続きます。  サンダーブラキオ頭部です。結局こんな感じと相成りました。塗装のはみ出た部位に関しては、スミ入れ処理を派手めに行う事で誤魔化しました。  ゴウザウラー頭部にも色分け部分がありましたので、赤色で塗っています。    ザウラーブレードの柄部分にも肉抜き穴を発見しましたので、ここも処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その7

 塗装を進めます。  ザウラーマシンの脚部やら、肉抜き穴を埋めたパーツやらに塗装しました。ちなみに、肉抜き穴を埋めたパーツに対して何らかのディテールを施すという事は行いませんでした。何せセンスがないもので・・・。  塗装にはニュートラルグレーやブラックを使用しています。 HG 熱血最強ゴウザウラー ゴウザウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超合金魂「宇宙戦艦ヤマト(2202Ver)」、購入

 発売以来、ずっと『買う』『買わない』を繰り返していました。特にアシェットさんから「週間宇宙戦艦ヤマトをつくる」も発売されていますし・・・。  ただ、アシェットさんの商品は、「組み立ての楽しさ」という大きな魅力があるものの、「トータルの金額」「サイズ」が大きなネックです。  個人的にも、1/1000スケールのプラモデルで満足している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その6

 部分塗装を行っていきます。  今回、塗装を行う部分の下地としてシルバーを吹いています。また、幾つか「気まぐれ」でマスキング部分を追加しました。マッハプテラの胴体や、ランドステゴの胴体(ザウラーシールド)などです。  部分的に「赤色」「黒鉄色」や「金色(シルバー→クリアイエロー)」を塗っています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その5

 サンダーブラキオ頭部は面倒です。  黄色と青色にあたる部位は塗る事にします。そのためにマスキングテープをペタペタ貼っていくのですが・・・。  嗚呼、面倒くさい(笑)。 HG 熱血最強ゴウザウラー ゴウザウラー 1/300スケール 色分け済みプラモデルBANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3年生編、制作決定!

 公式HPにおいて告知がありました。  響け!ユーフォニアム「久美子3年生編」の制作が決定したそうです! 『響け!ユーフォニアム』特別告知 久美子3年生編制作決定PV  おおお、本当に、本当に嬉しい!!もう一回「誓いのフィナーレ」、観に行こうかな。 「響け! ユーフォニアム」Blu-ray BOXポニーキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「空母いぶき」を観に行く

 かわぐちかいじさん原作のマンガ「空母いぶき」が実写映画化されました。原作は未読とはいえ、この作品が連載中である事、そして、中国空母艦隊による領海侵犯に対し、海自初の「空母」いぶきを中心にした護衛艦隊が対峙するという、チャレンジングなテーマを扱っているという事、この程度の知識は持っています。  以前「沈黙の艦隊」にドハマりした人間とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャプテンハーロック~次元航海~Vol.10、購入

 マンガ「キャプテンハーロック~次元航海~Vol.10」が発売されていましたので、購入しました。このVol.10以降は原作マンガでは描かれる事が無かったストーリーとなっています。  そして、この巻をもって「完結」となります(泣)。  う~ん、ちょっと「駆け足」になっちゃったかなぁ・・・。ハーロックとラフレシアの対決はアニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その4

 ちょっち加工しました。  ザウラージェットの機首下部に装備されるビーム砲?(D1-5)の先端をピンバイスを使って穴開けを行いました。また、ザウラーキャノンの先端は、穴開け加工ではなくWAVE製のプラパーツを貼りつける事で砲口っぽくしてみました。  パーツを貼りつける前にキャノン先端を少し削る事で、可動に支障がないように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇場版「響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ」を観に行く

 前売り券を購入していたこの作品、ようやく観に行くことが出来ました。「劇場版 響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ」。  観に行ったのは「大阪ステーションシティシネマ」さん。上映回数が既に1日1回状態になっていて、『これは下手をすると・・・。』との思いも頭をよぎりました。危なかった(^^;)。  お話はこれまでの続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌  

 今月の模型誌が発売されていますので、見てきました。  ホビージャパン誌では、「女の子キャラのプラモデル」限定企画「ガールズキャラクターミーティング」に参加した各作例が載っています。アニメキャラのプラモデルは以前からありましたが、近年は再現度がどんどん上がってきて、プラモデルでも「柔らかさ」を感じさせる立体が増えてきました。この分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その3

 肉抜き穴の処理です。  結局、ランドステゴ、サンダーブラキオの脚部に、マッハプテラのくちばしなども処理してしまいました。  ゴウザウラーの足首先端(E-11)にも肉抜き穴がありましたので、プラ板でサクッと(=雑に)処理してみました。 HG 熱血最強ゴウザウラー ゴウザウラー 1/300スケール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロコロアニキ冬号「インベーダーキャップ」

 コロコロアニキ冬号にて応募受付を行っていた「インベーダーキャップ」。応募していたのですが、その品物が届きました。  代金は後払い方式。同梱されていた振込用紙を使って、早々に振り込みを済ませました。  マーキング類はすべて刺繍で処理されています。ドット絵で表されたインベーターマークの下には「SPACE INV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦、竣工

 超戦艦、竣工です!  全体をぐるぐると。全長は約44cm。幅は5.7cm。ですので、使用した元キット(アルペジオ版ムサシ)の縮尺(1/700スケール)でいくと、この艦の全長は、ええと、約308m程度ですね。現行の米原子力空母程度の大きさという事になるでしょうか。  もし1/1000スケー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その2

 パーツの合わせ目処理もやらないつもりなのですが、この2か所だけは処理することにします。  ザウラージェット機首、サンダーブラキオ頭部です。接着剤を使って左右のパーツを貼りつけています。ザウラージェット機首はともかく、サンダーブラキオ頭部の処理は大変そうです。  ・・・、『雑でも良いんだ。気負わない気負わない』、と、自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その1

 ヤマト系ばかり弄ってましたので、気分転換もこめて、このキットに手を付けたいと思います。塗装も部分塗装程度にして、あまり気負わず、サクッと済ませたいと思います。  まずは気になる(パッと見てわかる)「肉抜き穴」をパテやプラ板を使って埋めてみました。特にザウラーバンカー(D1③、D2③)とザウラーキャノン(A1⑥、A2⑥)だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

23番目の世界遺産へ

 ユネスコの諮問機関「イコモス」からユネスコに対し、大阪府にある大仙古墳(伝・仁徳天皇陵)を含む「百舌鳥・古市古墳群」を世界文化遺産に登録するよう勧告しました。この勧告により、世界遺産登録がほぼ確実となりました。  認定されれば、日本では23番目の世界遺産となり、令和になってからは「初の認定」となります。 https://hea…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポスターを飾る

 シド・ミード原画展にて購入したポスターを額に入れました。ヤマト2202の前売り券に付いていたポスターは、やっとお役御免です。  シド・ミード原画展でも∀ガンダム・ターンXの限定プラモデルは発売されたのに、YAMATOの側ときたら・・・。でも、あの再現度の現行キットを「原画展記念キット」として販売するのも、さすがに、ねぇ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その30

 ツヤ消しクリアーを吹いて、色を整えました。  艦橋トップはシルバーで塗っています。    艦NEXTに付属の飾り台も組み立て。  ようやく、長い旅路が終わりを迎えます。本当に長かった・・・・。 タミヤ 1/350 艦船シリーズ No.25 日本海軍 戦艦 大和 プラモデル 78025タミヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YAMATO2520プロダクションノート~シド・ミード原画展へ

 無理をして、行ってきました。新宿ロフトプラスワンにて開催された「YAMATO2520プロダクションノート」、そしてアーツ千代田3331にて開催中の「シド・ミード原画展」。  時間と予算の都合上、1日で済ませました。ミード展は、もっとゆっくり・じっくりと見たかったのですが、致し方ありません・・・。  来場者は100人を超…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その29

 竣工は近いです。やっとここまで・・・。  主砲バーベットや対空機銃群、艦尾クレーンなどを取り付けました。マンガ版「まほろば」では艦尾クレーンは4基あり、また、艦尾部分も2段になっていて、かなり大和級と異なっているのですが、今回はそこまで弄らず、キットのままにしています。  ほぼ、塗装作業が完了しました。飛行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その28

 船体にも塗装を施していきます。  甲板部分は基本ジャーマングレーで塗っていますが、大和級で言うところの「木製甲板」にあたる部分はマスキングし、塗装時には色を足していくことで変化をつけてみます。  「大和級において木製甲板だった部位も含め、艦全体が技術革新によって精製可能となった、とってもすごい超金属に変更されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「令和」はじまる

 今日から元号が「令和」となりました。 https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0501/jj_190501_8303780229.html  「平成」からの宿題も多く残っていますが、まずは良い時代となってくれることを願いたいと思います。 ビジュアル百科 写真と図解でわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「HUGっと!プリキュアオフィシャルコンプリートブック」、購入

 「大きなお友達」向けとして、今や「毎年恒例」の感もある「プリキュアコンプリートブック」シリーズ。「恒例」という事は、それだけの支持があるからこそという事です。すごいぞプリキュア。  で、今回も発売されていますので購入しました。表紙の段階で既に華やかです。  構成に関しては、キャラクター設定、ストーリーダイジェスト、スタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初のクレーター生成

 小惑星探査機はやぶさ2から分離したインパクタによって、小惑星リュウグウにクレーターが形成されたことが確認されたとのニュースがありました。 https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0425/mai_190425_2768869248.html  このクレーターに着陸するかどうかは検討中のようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていますので、見てきました。  ホビージャパン誌では、新世紀エヴァンゲリオン、そして平成ガンダムシリーズを特集しています。また、付録として通算600号記念の小冊子が付いてきます。創刊号から今までのHJ誌が何を取り上げてきたのかがピックアップされて(表紙は全号分!)載っていました。ちょっち「懐かしい」気持ちに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LDデッキを修理

 今やレトロな再生機器となったLDデッキ。映像ソフトも幾つか残していますので、くるくるの手元にはまだ置いてあります。このメカを久しぶりに引っ張り出し、電源を入れてみました。  電源はOKですが、ソフトを入れると、ウイイイイインという音の後、勝手にトレイが開いてしまいました。何度トライしても、結果は同じ・・・。  「なにせ古いものだし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エヴァンゲリオンのコンサートが開催されます

 エヴァンゲリオンのコンサート「エヴァンゲリオンウインドシンフォニー」が開催されるそうです。 https://www.kyodotokyo.com/pr/eva2019.html  開催場所は東京、名古屋、大阪の3か所。オーケストラを指揮するのは天野正道さん。くるくるとしてはOVA「ジャイアントロボ」、TVアニメ「ストラトス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙戦艦ヤマト2202全記録集・下巻、購入

 宇宙戦艦ヤマト2202全記録集・下巻が発売されていますので、購入しました。  構成は上巻に準じたものになっています。ストーリーダイジェストは後半にあたる14話から最終話までが載っています。また、2202関連イベントの一覧も載っています。  インタビューが行われたスタッフは、羽原信義さん、福井晴敏さん、岡秀樹さん、玉盛順…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YAMATO2520のトークイベントが開催されます

 行けるかどうかも分からない。にもかかわらず、チケットを購入してしまった「シド・ミード原画展」。 https://sydmead.skyfall.me/  何といっても「YAMATO2520」関連の展示があるというのが大きな購入動機でした。       (これは当時のチラシ)  今回の原画展でも、かなり大きく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラックホール撮影

 アニメやマンガではお馴染みのSFネタである「ブラックホール」。このブラックホールの撮影に初めて成功したとのニュースがありました。 https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0410/jj_190410_4648109346.html  これまでの理論を覆すような現象は観測されなかったという事で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガールズ&パンツァー最終章第2話、予告公開

 今年の6月15日から第2話がイベント上映される「ガールズ&パンツァー最終章」第2話ですが、本予告が公開されています。 『ガールズ&パンツァー 最終章』第2話 劇場本予告(60秒)  制作スピードが、往年のOVA「ジャイアントロボ THE ANIMATION」を彷彿とさせますが(汗)、制作陣は頑張ってくれているようです。公開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その27

 船体の目途がつきましたので、擬装関係も進めます。  船体に装備される各種構造物です。基本、艦NEXT「大和」「武蔵」のパーツを素組みし、そのまま流用→塗装しています。また、対空機銃に関してですが、高角砲も含め、全てシールド付きタイプにしています。  ほか、主砲が載る台座(バーベット)はそのままでは高さが足りません(艦首…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チケット購入

 東京で開催される「シド・ミード原画展」のチケット、購入しちゃったりなんかしちゃってます。  むろん「YAMATO2520」ポストカード付のチケットです。特典は会場にて頂けるようです。また、会場内の物販にYAMATO2520のポスターもあるようなので、これも気になります。  ただ、実際に会場へ行けるかどうかは微妙なト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メカコレ「コスモタイガーⅡ(2202Ver.)」、完成

 メカコレ「1式空間戦闘攻撃機・コスモタイガーⅡ(2202Ver.)」、完成させました。  全体をぐるぐると。う~ん、あと少~~しだけ機首を上げても良かったかもしれません。また、改めて全体を見ると、正に「パース付きデフォルメモデル」という事がよく分かります。ミサイル類を懸架している部分にもし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

メカコレ「コスモタイガーⅡ(2202Ver.)」をつくる、その8

 本体以外のパーツにも塗装を進め、スミ入れを施しています。が、ここに至るまでに、お馬鹿なチョンボをいくつもやらかしています。  懸架しているミサイル類も塗っています。本体は共通させましたが、懸架部分に関しては、完結編カラー版はマスキングを施し、白色にしています。  また、後部にあるテールパーツ(A1-3、4)もそれぞれ黄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次の元号は・・・

 「平成」の次の元号が閣議決定され、菅官房長官から発表されました。 https://news.biglobe.ne.jp/quicknews/201904/01k0000m010070000c.html  新元号は「令和」だそうです。出典は「万葉集」からとの事。日本最古の歌集からですか・・・。ほうほう。悪くないと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その26

 サーフェイサーの続きです。  主要な構造物を取り付ける際の目安になる副砲基部などを、先に船体に取り付け、改めて黒サーフェイサーを吹いています。  推進器の形状ですが、移植したパーツの仕上げの雑さを隠すべく、小細工を繰り返した結果、最終的にこんな感じと相成りました。  アルカディア号+まほろば+アルペジオと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「突撃ラブハート」に一票

 5月4日の午後9時から、NHK‐BSプレミアムにおいて「全マクロス大投票」という番組が放送されるそうです。また、これに先駆けて、3月30日の午後11時45分から「歴史秘話マクロスヒストリア」も放送されるとの事。  https://www.nhk.or.jp/anime/macross/index.html  初代TVシリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていますので、見てきました。  ホビージャパン誌では、アニメ制作会社「サンライズ」が手掛けたロボット作品に登場したロボを特集しています。  モデルグラフィックス誌では、「ガンダムUC」のその後を描いた「ガンダムNT」を中心に特集を組んでいます。  ヤマト関連では、超合金魂ヤマト2202に対応する「ガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5・7・5は強い

 「人はみな、何かしらのオタクです」  うむ、名言ですな。  すでに14回を数えている「オタク川柳」、今回の投票結果が出ています。 https://www.575.moe/  今回の1位は【細胞は 働いてるが 俺無職】が選出されています。色々と「考えさせられる」ところもある句ではないかと・・・。  この1位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メカコレ「コスモタイガーⅡ(2202Ver.)」をつくる、その7

 塗装が続きます。  キャノピーはクリアグリーンで塗っています。完結編カラー版は、キャノピーのフレーム(?)が黄色ですので、ここは「フリーハンド」で塗ってみました。  機首の先端部分も、それぞれ黄色、オレンジで塗っています。 「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨 (角川新書)KADOKAWA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチロー、引退へ

 大リーグ・マリナーズのイチロー選手が第一線を退くことを表明しました。 https://www.asahi.com/articles/ASM2X7KKXM2XUTQP02N.html  ついに、ついにこの時が来た、という事でしょうか・・・。  平成の終わりと時を同じくするかのように、ひとつの伝説と時代が終わったのですね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相棒17、終了

 本日放送の2時間スペシャルにおいて、「相棒17」が終了しました。  危惧していた事が、やはり起こってしまいました・・・。  特命係の〆の食事は、果たしてどうなってしまうのか!(笑)。  あの特命係の2人が気兼ねなく食事できる処を見つけるなんて、難事件を解決する以上に難しい案件と思いますがねぇ・・・。 相…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

メカコレ「コスモタイガーⅡ(2202Ver.)」をつくる、その6

 塗装を進めていくのです。    濃緑色、エアスペリオリティブルーでそれぞれの機体を塗っています。  完結編版のカラーリングですが、機体裏側は白色です。で、機首部分の塗り分けが少し厄介です。塗装の境目を不規則なラインで行っている人や、グラデーションっぽく処理している人、様々なようです。  今回は不規則なライン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メカコレ「コスモタイガーⅡ(2202Ver.)」をつくる、その5

 サーフェイサーを吹いたのち、白色を全体に塗装しました。  実は2機、同時進行させております。2機とも同様の機首上げ改造を施しています。一機は完結編カラーにする予定です。 さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たちバンダイ 2000-05-02 Amazonアソシエイト さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち設定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙戦艦ヤマト2202全記録集・上巻、購入

 「宇宙戦艦ヤマト2202全記録集・上巻」、購入ております。2199の設定集と比べ、「薄くなった」かも知れませんが、2199のものが「凄すぎた」だけで、充分なボリュームの内容になっていると思います。  地球側のメカニック、キャラクター設定に加え、1話から13話までのストーリーダイジェストで構成されています。この本が発売され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の里はどうなる?

 本日放送の「相棒17」において、「花の里」の2代目女将、月本幸子役でレギュラー出演しておりました鈴木杏樹さんが番組を「卒業」と相成りました。 https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0313/ori_190313_9378107991.html  13年間もこの作品に関わり続けてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

振り返るにはピッタリ

 雑誌「ブルータス」を購入しました。表紙にある『We♡平成アニメ」に魅かれて、です。  表紙を飾るキャラクター、「ダレ??」と思いましたが、Fateシリーズに登場する「金ピカ」でお馴染み?のギルガメッシュでした。  さて、特集内容ですが、これは良いものです。平成という時代に制作・放送された日本アニメについて振…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その25

 遥かな旅路の果て、ゴールが見えてきました。  営々といじり続けてきましたが、ようやく、ようやく船体に黒色サーフェイサーを吹くところまでたどり着きました。ビルジキールの拘りを止めた事で、気分的に楽になったという面もあります。  「こんな出来でも良いよねっ」という事です、ハイ。 ガルパン・インストブック ファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマトは難儀

 4月27日~5月19日にかけて開催される「シド・ミード原画展」。特典付き前売り券の詳細も発表されています。気になっているYAMATO2520のイラストですが、CDのオマケ画集に掲載されていた内容とほぼ被っていましたので、ちょっち残念ではあります。  で、今回の原画展開催を記念して、「スタジオぬえ」のメンバーによるトークイベントが開催…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リュウグウ」に着陸時の映像です。

 小惑星探査機はやぶさ2が目的地「リュウグウ」に着陸したときの映像がJAXAから公開されています。 はやぶさ2 小惑星「リュウグウ」着陸時の映像公開 JAXA  おお、本当に、本当にスゴイ。これは紛れもなく人類史に残る映像ですよ♪ 地表の岩石が舞い上がる所もはっきりと映っています。  しかし、この舞い上がった岩石が難儀だそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宇宙戦艦ヤマト2202第7章・新星篇」を観に行く

 「宇宙戦艦ヤマト2202第7章・新星篇」、観に行ってきました。 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章〈最終章〉真ラストPV  観に行ったのは大阪ステーションシネマさん。  全7章を観終わった訳ですが、ようやくストーリー構成の福井晴敏さんが考えていた「ストーリーと、構成」が理解出来た感じです。納得は出来…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

メカコレ「地球連邦主力戦艦ドレットノート級セット①」、購入

 メカコレ「地球連邦主力戦艦ドレットノート級セット」、購入しています。「1」の方です。  箱です。  箱を開けると、こんな感じ。  パーツ群。同じ内容のキットが色違いで入っています。モールドの繊細さは、さすが最新キットです、素晴らしい!!各種マークは水性デカールで再現されています。  地球防衛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宇宙戦艦ヤマト2202第7章・新星篇」、公開

 おそらく「リブート・ヤマト」のフィナーレとなるであろう「宇宙戦艦ヤマト2202第7章・新星篇」」がいよいよイベント上映開始です。 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章〈最終章〉真ラストPV  ヤマトの最後、観に行きます。 【Amazon.co.jp限定】宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち<メカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メカコレ「コスモタイガーⅡ(2202Ver.)」をつくる、その4

 あ、ハマらない。  機首を持ち上げたため、コクピット(パーツA1-6)がはまらなくなりました。先端を少しカットすることで帳尻を合わせています。が、今度は先端部分のスジボリのラインが機首のラインとずれてしまいました。ここをいじれば、今度は別のところが・・・。まるでドミノ倒しのような連鎖です。ああもう、ホントに段取りが悪いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌

 今月の模型誌が発売されていますので、見てきました。  ホビージャパン誌は可動モデルを固定ポーズにして仕上げるというテクニックの特集を組んでいます。可動モデルだからこそ、色々ポージングを試した上で、固定で仕上げる事が出来る、という訳ですね。  モデルグラフィックス誌はアニメ映画「この世界の片隅に」に登場する艦船類などを作例として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇場版「幼女戦記」を観に行く

 過日、TVシリーズの続きとなる内容を描いた「劇場版・幼女戦記」を観に行っております。  初め、このタイトルとキャラデザインを見たとき「こりゃ合わないな」と思っていましたが、主人公ターニャと、それを演じる悠木碧さんの声質から発せられるセリフのギャップにまず掴まれましたね。で、視聴を続けるうちに、あれよあれよという間に作品自体の面白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はやぶさ2」、小惑星リュウグウに着陸成功

   ~宇宙。そこは、最期のフロンティア~   小惑星探査機「はやぶさ2」が、目的地である小惑星リュウグウへの着地に成功したと、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発表しました。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00000012-mai-sctch https://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電ホ版メカコレ「コスモファルコン」を修理する

 メカコレ「コスモゼロ(2202Ver)」が完成したこともあり、久しぶりに電撃ホビーマガジン付属のメカコレ「コスモファルコン」を引っ張り出しました。すると垂直尾翼の破損を発見。いつの間に・・・??  後ろに飛び出ている「トンガリ」部分が折れて、ロストしていました。そこで手持ちのヤマトジャンクパーツから適当なものを選び、ちょ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「宇宙戦艦ヤマト2202第7章・新星篇」、新PV公開中

 現在放送中の「荒野のコトブキ飛行隊」ですが、やはりレシプロ機はロマンだよねっと思いつつ視聴しています。で、ですね、この番組中でヤマト2202第7章のCMが流れました。  いよいよイベント上映開始が迫ってきた感じです。そして「第7章・新星篇」の新しいPVも公開されておりました。 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章〈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メカコレ「コスモゼロ(2199Ver)」、完成

 メカコレ「零式52型空間艦上戦闘機・コスモゼロ」(2202Ver)、完成です。  今回は爆装なし、基本の状態で組んでみました。付属のシールは未使用です。  高機動ユニットは主翼下部に。ここは要接着です。このキットの組み立てに関し、継ぎ目消しは一切行っていません。継ぎ目で目立つのは高機動ユニットくらいでしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メカコレ「コスモゼロ(2199Ver)」をつくる、その4

 キャノピーの塗装です。  チマチマとマスキングテープを切って、貼り付けていきました。嗚呼、面倒くさい。段取りが悪かったですねぇ。段取りに関しては、いつもいつも反省ばかりです。  クリアブルーで塗装です。ああ、本当に細かい、目がつらい(泣)。 【Amazon.co.jp限定】宇宙戦艦ヤマト220…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メカコレ「コスモタイガーⅡ(2202Ver.)」をつくる、その3

 「気になりだすと、止まらないもので。僕の悪い癖。」(by杉下右京)  機首さえ弄れば良いと思っていました。しかし甘かったようです。全体をチェックすると、胴体部分の歪みとのギャップが気になってしまいました。  気になりだしたので、仕方がありません。もう少し弄る事にします。ああ、泥沼化(笑)。  胴体であるパーツA2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

メカコレ「コスモタイガーⅡ(2202Ver.)」をつくる、その2

 垂直尾翼(パーツA3-14、15)にも、若干カーブが付いるようです。ここも、ちょっち気になります。  鉛筆でラインを引き、カーブ部分を切り落としてみる事にします。  施されているモールドにも「さほど」影響なく、修正することが出来ました。少なくとも、ここに関しては、「やれやれ」です(安堵)。  そうそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇場版「CITY HUNTER 新宿PRIVATE EYES」を観に行く

 劇場版「CITY HUNTER 新宿PRIVATE EYES」、観に行ってきました。約20年ぶりの新作です。  客層ですが、結構女性の方も多かったですね。また、どう見ても冴羽獠のコスプレと思われる男性を見かけました。しかし、元キャラの衣装が現実にあってもおかしくないデザインですから、浮いてはいませんでしたね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more