月刊アニメスタイル第2号 (ねんどろいどぷちナディア付属)

 くるくるがアニメに「出戻る」きっかけとなった作品「ふしぎの海のナディア」。この作品の特集を組んだ雑誌があるとのハナシを耳にしましたので、購入しました。

画像


 「月刊アニメスタイル」です。通常の書店では販売しておらず、ツタヤさんやアマゾンさんなど、限られたお店のみでの販売となっています。
 今回の特集では、書き下ろしイラスト、ストーリーダイジェスト、そして当時の中心スタッフにインタビュー(庵野秀明さんへのインタビューは無し)といった構成になっています。「あの時は・・・」といった、『今だから話せるハナシ』的なモノとなっていました。

 う~む、設定資料のような「絵」的なものを期待しない方が良いですね。何となく「ワイドショーのインタビューを文字に起こしたような」テイストに感じてしまいます。ちょっと期待外れです。
 庵野監督以外のスタッフが、「当時どういった思いで仕事をしていたか。また、今になってどう思うか」が垣間見えるのは、確かに面白いのですが。
 もっと突っ込んで、当時を知るNHKの人にも話を聞くとか、そういった視点も欲しかったです。まだ「第2号」なので方向性がイマイチ定まっていないのかもしれません。

 むしろ、第2特集ともいえる、アニメーターさんへのインタビュー記事の方が面白いかも。その中でも梅津泰臣さんへのインタビューは良かったです。長年気になっていたアニメーターさんでしたので。

画像


 正直に告白します。購入動機、こちらがメインです(笑)。オマケの「ねんどろいどぷち・ナディア(キング付)」です。まずは箱です。

画像


 こんな感じで入っていました。

画像


 新世紀合金ノーチラス号をバックに。

画像


画像

 
 ナディア嬢。似ているかどうかは別ですが、塗装もキレイでかわいいです。ナディア嬢に「カワイイ」という単語が似合うかどうか、これもまた別問題であります(恐)。

画像


画像


 ナディア嬢の相棒(後にマリーの相棒)、キング。「子ライオンなのにオヤジくさいキャラ」を上手く立体化しているのではと思います。
 
画像


 と、いうことで、月刊アニメスタイル第2号でした。第3号の特集は「機動戦艦ナデシコ」(ねんどろいどぷち ホシノ・ルリ付)だそうです。「ナデシコ」・・・、う~ん、劇場版は好きなのですが、TV版はどうも好きになれないアニメです。TV版は、どうもあのノリが好きになれない・・・。戦艦もプラモ化されなかったし。(←ヲイ)
 
 これはまた、次号もまた「オマケ目当て」で購入ということになりそうです(爆)。

画像


 ・・・で、「ナディア」が「ブルーレイBOX化」ですか! LD-BOXも購入しましたし(初めて購入した映像ソフトが「ナディア」でした)、大枚はたいてDVD‐BOX(フィギュア付き)までも購入しているのですが・・・。

画像

 
 これは、参りましたね、どうしましょう(笑)。





ふしぎの海のナディア Blu-ray BOX【完全生産限定版】
キングレコード
2011-11-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ふしぎの海のナディア Blu-ray BOX【完全生産限定版】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ふしぎの海のナディア DVD-BOX I
キングレコード
2007-06-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ふしぎの海のナディア DVD-BOX I の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ふしぎの海のナディア DVD-BOX II
SOL BLADE ENTERTAINMENT(K)(D)
2007-10-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ふしぎの海のナディア DVD-BOX II の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ふしぎの海のナディア オリジナル・サウンドトラック(Forever NADIA)
EMIミュージック・ジャパン
2004-07-07
TVサントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ふしぎの海のナディア オリジナル・サウンドトラック(Forever NADIA) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"月刊アニメスタイル第2号 (ねんどろいどぷちナディア付属)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント