「コスモドラグーン(戦士の銃)」(水鉄砲Ver)をいじる、2

 なんとか切り離せました。

IMG_2170_LI.jpg


 切り離したのは銃身下部にある棒状のパーツです。元になったと言われる実銃(コルト51ネイビーやコルト・ドラグーン)では、ここは「ローディングレバー」と呼ばれる機構部だそうです。
 これを動かすことで、弾倉内の弾と火薬が突き固まるという事なのですが、イメージとしては「火縄銃」の発射機構が少し進化したという感じですかねぇ・・・?

 で、切り離した元パーツは使わず、手持ちのプラパイプに変更し、作り直します。




"「コスモドラグーン(戦士の銃)」(水鉄砲Ver)をいじる、2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント