144分の1スケール「HG マジンカイザー(INFINITISM Ver)」をつくる、その3

 塗装が済みましたので、あとはパチパチと組んでいきます。まずは胴体と頭部。


IMG_0299.JPG


 胴体の内部構造です。シンプルな構造ですが、このおかげで肩が前後にスイング出来るようになっています。


IMG_0300.JPG


 組み立て途中の腹部。こんな感じの内部構造です。


IMG_0302.JPG


 胸部完成。ファイヤーブラスターの形状が蝙蝠の羽のようになっているのが、マジンカイザーの大きな特徴です。単なる「正義のロボット」では無いという事を表現していると思います。


IMG_0314.JPG


 腰回り。今回の「INFINITISM Ver」では外部ディテールに独特なアレンジが加わっていますが、その中でもこの「腰回り」の再構成は上手いと思います。


IMG_0315.JPG


 胴体、完成です。


IMG_0304.JPG


 頭部も完成。ここはあまりアレンジが成されていない感じがします。パーツA-18には少しスミ入れを行いました。


 中々良い感じのスタイルではないですか♪ この時点で充分過ぎるほどカッコいいですねぇ。惚れ惚れします。









"144分の1スケール「HG マジンカイザー(INFINITISM Ver)」をつくる、その3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント