サイレントウィッチーズ スオムスいらん子中隊ReBOOT!第2巻、購入

 サイレントウィッチーズ スオムスいらん子中隊ReBOOT!第2巻、購入しました。第1巻が面白かったので、引き続きReBOOT版サイレントウィッチーズシリーズを購入する事にしました。
 今巻にも、既シリーズに登場する事になるウィッチの名前がチラホラ出てきます。後に第502統合戦闘航空団(ブレイブウィッチーズ)司令となるグンドュラ・ラルですが、既に「あの才能(性格」」の片りんを見せていたことが分かります・・・。

IMG_1213.JPG


 未知の多脚式重戦車型ネウロイの出現に対し、スオムス軍の対抗作戦が展開されるというのが今巻の大まかな流れです。
 戦い方が進化していくネウロイに対し、これまでの戦い方を捨てきれない穴吹智子少尉の葛藤も注目ポイントです。また、謎めいた言動をする記憶喪失ウィッチ、チュインニ准尉の今後も気になるところ。
 さらに、カールスラントから2人のウィッチがやってきます。そのうちのひとり、ルーデル大尉はカールスラントの皇帝ですら一目置くスーパーウィッチ。上層部は怪我を負っても出撃しようとするルーデル大尉を何とか治療に専念させようと考え、スオムスへ送ったようですが、当人はそんな気がさらさら無く・・・。
 今巻はルーデル大尉の活躍に刮目せよ!という感じです。彼女に穴吹少尉が自身の悩みを相談するシーンがあるのですが、このくだりは良いですね。ルーデル大尉も最初から才能溢れるウルトラエースという訳ではなかったのです。

IMG_1214.JPG


 今回もドラマCD付きの限定版を購入。いらん子中隊に対し、スオムスベストカップルコンテストに出場するようにとの「お願いという名の命令」が下ります。ですが、そんな面倒事に関わりたくないいらん子中隊の面々は、何とかして逃れようと悪知恵を絞って・・・、というお話です。
 聴き終えた感想としては、『コイツら、バカだ(称賛!)』としか。罵るために飛びかう単語も、かな~りヤバめ(←良い子に聞かせるには憚られるレベル)。地上波放送などもってのほか(笑)。個人的には『いいぞ、もっとやれ』です。
 今まで幾つかの「ウィッチーズ」作品を見てきましたが、このいらん子中隊のメンバーは突出して「困った人たち」レベルが高いですねぇ。第506統合戦闘航空団(ノーブルウィッチーズ)のグリュンネ少佐とエルマ中尉は「胃薬談義」を始めたら止まらなさそうです(笑)。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント