スーパーミニプラ 「超獣機神ダンクーガ」をつくる、その4

 ランドライガーです。ビミョ~に呼び難い名前です。

IMG_0778 (2)_LI.jpg


 まずは胴体。パーツD-12(11)の取り付けには難儀しました。向きの確認はもちろん、パーツB-15に通すのが面倒くさいかったのなんのって、もう。ピンセット等を使う工夫が必要です。
 肩の可動を担当するパーツD-13、9は取り付け穴を削って、テンションを調整しました。可動部分ですが、組み立ての際、少しでも『ヤバい』と感じたなら、即、組み立てを止め、軸の調整を「少しずつ」行い、確認しながら組むのが良いと思います。
 スーパーミニプラはガンプラのように、簡単にパーツ請求が出来るわけではありません。破損時のリスクを考えれば、慌てず、ゆっくりと進めるのがベストかと・・・。

IMG_0780.JPG


 胴体部の組み立て途中。

IMG_0783.JPG


 胸部完成。

IMG_0784.JPG


 腕部完成。パーツF-2(1)の穴は調整してあります。

IMG_0785_LI.jpg


 脚部の組み立て途中。パーツC-11(7)の膝部を固定する軸が大変細いです。壊さずに組むのは「無理ゲー」に近いレベルです(笑)。パーツK-1、4を組んだ部位(膝)の穴を調整したうえで組みましたので破損はしていませんが、ここは要調整です。

IMG_0786.JPG


 何とか脚部完成。

IMG_0788.JPG


 付属武器や、変形時に使用するパーツです。

IMG_0789.JPG


 脚部を胴体に取り付ける際、素では「キケン」なキツさと判断し(笑)、両方のジョイント部をヤスリかけする事で調整しています。

IMG_0790.JPG


 背部の二連ビーム砲ですが、砲身基部が緩いので、上手く角度を付ける事が出来ませんでした。ここはパーマネントマットバーニッシュを使って調整しています。

IMG_0791.JPG


 これでランドライガー、完成です。組み立てた状態はヒューマロイドモードになります。サイズは小さいですが、ほぼ超合金魂版と同様の変型パターンを再現できています。
 これはなかなか凄いですねぇ。設計の頑張りを感じます。サイズの割にはかなりポージングの幅もありますし、本来なら称賛されてもおかしくないトコロなのですが・・・。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント