144分の1スケール「HG マジンカイザー(INFINITISM Ver)」、完成

 部分塗装でお手軽に済ませましたが、これにて144分の1スケール「HG マジンカイザー(INFINITISM Ver)」、完成です。


IMG_0324.JPG


IMG_0325.JPG


 まずは前後。ムキムキ感に加え、全体のプロポーションバランスも素晴らしい。滅茶苦茶カッコ良いです。いや、ホント。


IMG_0774.JPG


 上半身のアップ。滅茶苦茶カッコ良いです。いや、ホント。元々マジンカイザーはマジンガーZのデザインに比べ、情報量が増えたデザインですから、さらに情報量の増えた今回のINFINITISM Verも違和感少なく馴染んでいるように思います。


IMG_0772_LI.jpg


 脚部を横から。股関節の可動に関しては問題ありません。引き出し式になっており、充分な可動範囲があります。

 しかし、素立ち状態を真横から見た時、脚部のラインが崩れているように見えて仕方ないのです。これがどうしても、どうしても気になります。どうも流用部分である膝パーツの軸位置が主原因のようです。 解り易いように写真に線を加えてみました。

 好意的な解釈を行えば、力強い立ち姿に見える「S字立ち」をデザインの基本に据えた為に、このようになったのかも知れませんが、そのあたりの事情は「想像」するしかありません・・・。実際、真横アングル以外から見ると、素立ちでも『これがまたカッコイイのなんのって、もう』なのです。

 ですが「S字立ちしか出来ない」と、「S字立ち出来る」は全く違いますからねぇ。


IMG_0336.JPG


 ひとまずボヤキは止めて、「マジーーーン、ゴーーー!!」


IMG_0604.JPG


 付属のスタンドと噴射炎のエフェクトパーツを使って「ターボスマッシャーパンチ」。このタイプのスタンドは一つしか付属しておりません。また、台座部分が小さいので、安定性に欠けるきらいがあるのは難点ですね。


IMG_0330.JPG


IMG_0597.JPG


 カイザーブレード。2刀流も楽々です。


IMG_0610.JPG


IMG_0606.JPG


 ファイナルカイザーブレード。両手持ちも楽々です。この辺りの可動範囲は中々に優秀です。


IMG_0614.JPG


IMG_0615.JPG


 飛行ユニット「カイザースクランダー」。装備すると迫力倍増です。これまたカッコ良いです。大きさとシャープさが相まって威厳が半端ないです。
 背中にある穴(パーツG2⓬)に差し込むだけの簡単な固定方法ですが、今の所はしっかりと保持できています。また、装備した状態でも自立出来ているのは凄いです。


IMG_0619.JPG


 と、言う事で、144分の1スケール「HG マジンカイザー(INFINITISM Ver)」でした。これまで幾度も立体化が行われた素材ですが、今回のINFINITISM Verが一番バランスの取れたものに仕上がっているのではないかと思います。

 組み立ての難度も高くないですし、プラスチックの質感も良いですから、パーツの切り出しさえ丁寧に行えば、素組みで充分に満足できるものに仕上がります。大きさも既発売の「超合金魂版」と大差ないですし、この点でも満足いくと思います。

 個人的には、真横から見た際、膝から下のラインが胴体とズレているように見えるのが唯一気になる点ではありますが、ここは「より力強さを演出する為のINFINITISM版デザインだから」と割り切る事とします(笑)。

 しかし、ここは個人的な主観です。商品構成として見れば、プラモデル制作の初心者にもおすすめできる良キットですよ。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント