映画「銀河英雄伝説 DIE NEUE THESE 星乱」 第二章を観に行く

 イベント上映されている「銀河英雄伝説 DIE NEUE THESE 星乱」 第二章を観に行ってきました。上映回数が少ないので、行ける時間帯の調整が・・・。
 観に行ったのは、大阪ステーションシティシネマさん。


IMG_3003.JPG


 TVアニメフォーマットで言うところの、17話~20話までを編集したバージョンでの上映です。同様のイベント上映を行ったヤマト2199、2202と同様ですね。今章の内容としては、自由惑星同盟、銀河帝国それぞれで起こった内乱が各話交互に描かれます。

 むむう、この第2章は、「正に今の現代政治に対するブラックコメディ」もしくは「痛烈な皮肉」なのかと思えてしまうものでした。あまりにもタイミング良過ぎです(笑)。特に、自由惑星同盟内で起こったクーデターに関しては、正に「すぐそこにあり得る現実」ともいえる話です。

 帝国の門閥貴族のバカっぷり・無能ぶりを極端にすることで「長年に渡る特権に浸り過ぎた事による権力の腐敗」と言うおぞましさを描写していましたが、くるくるとしては「民主主義の崩壊」を見せつけられたエピソードの側の方に、より戦慄を覚えました。

 腐敗しない政治体制などあり得ない。滅ばない国などあり得ない。では、腐敗した国、滅びの時を迎えた国、そういった国の転換点に立ち会ったとき、どうすれば良いのか?

 この2章に関しては色々と考えさせられました。


IMG_0359.JPG


 今回は入場特典が頂けました。しかしパンフレットは売り切れ・・・(泣)。






 「星乱」のラストとなる第3章は11月29日からイベント上映開始です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント