144分の1スケール「HG マジンカイザー(INFINITISM Ver)」

 劇場映画「マジンガーZ INFINITY」のメカニックデザインを担当した柳瀬敬之さんの手によってアレンジが施された「マジンカイザー」が発売されていますので、購入しました。


IMG_0282.JPG


 箱です。全体像を見せるのではなく、頭部のドアップというインパクトのあるパッケージイラストになっています。


IMG_0283.JPG


 箱を開けると、こんな感じ。


IMG_0285.JPG


IMG_0286.JPG


IMG_0287.JPG


IMG_0288.JPG


 パーツ群。成型色のままでも良い印象を受けます。このように感じるキットは珍しいです。大概のプラスチックは素材特有の「安っぽさ」があるのですが(←それを無くすために塗装作業があるとも言えます)、このキットに関しては安っぽさはあまり感じません。
 塗装が苦手というならば、塗らない方が良いくらい。赤色パーツと黒色パーツの質感はホント良いです。赤色のプラスチックは「安っぽく見える」代名詞みたいなものなのですが(笑)。

 また、関節部分へのポリパーツ(ポリキャップ)は未使用となるキットです。最近のバンダイさんのプラモデルはポリパーツを使わない、もしくはほとんど使わないというキットが増えてきています。素材の改良によって、関節部分にポリパーツを使わなくとも「可動部のヘタリ」は起こりにくくなっているという事らしいのですが・・・。
 個人的にはこの「改良プラスチック」に対し、今の所あまり良い印象がありません。動かした際にフニャフニャとしていて「しっかり感」が伝わらないとでも言えばいいのでしょうか。
 とにかく「保持力」が頼りなく感じるのです。

 さらに、パーツのかなりの部分を既発売の「マジンガーZ」「グレートマジンガー」が占めています。「既存のパーツ+新規パーツ」というガンプラでもよく見られるパーツ構成となっています。それでもここまで別物に仕上がるのですから、それはそれでスゴイ事です。デザイナーさんや商品企画の人の苦労が偲ばれます。


IMG_0284.JPG


 組み立て説明書。パーツの構成上「形状は同じでも成型色が違う」というところがあり、その点は組み立て時に注意が必要です。

 さて、このキット、如何様にして組むかという事になるのですが、金色(黄色)パーツ、刀身パーツだけは塗装しても良いかなぁとは思うのですが、素材自体の色が本当に良いので、悩みどころです。
 サックリと素組みで済ますのが一番気楽かつ奇麗に組みあがるような気もしますね。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント