35分の1スケール「ポルシェティーガー(最終章版)」

 ガールズ&パンツァーにおいて、大洗女子チームが所有する戦車のひとつ「ポルシェティーガー」。この車両も以前にプラッツさんから公式キットが発売されていました。今回「最終章」にあわせ、公式キットの内容が大幅にリニューアルされて再発売されるという告知がありましたので、そのリニューアルキットを購入しました。

 TVシリーズ最終話での「弁慶の仁王立ち」や、最終章OPで見せる「雨中でのドリフト走行」はアニメならではの痺れるカッコイイシーンです。


IMG_9568.JPG


 箱です。パッケージはこれまでの公式キット同様シンプルです。


IMG_9569.JPG



 箱を開けると、こんな感じ。今回のキットは「アミュージングホビー」というメーカーさんから提供を受けているとの事。


IMG_9576.JPG


IMG_9578.JPG


 パーツ群。成型色は明るめの茶色です。成型色はグレーの方が有難かったのですが、致し方ありません。履帯は軟式パーツ。ワイヤー再現用と思われる糸も入っていますが、これはガルパン仕様で制作する際には不要でしょう。


IMG_9571.JPG


 またエッチングパーツや、怪しげな金属パーツが入っています。コレは何に使うのかしらん??むろんガルパンキットの証であるデカールも入っています。

 エッチングパーツがあるので、塗装の際にはプライマーを塗るなどの下処理が必要となってきます。

IMG_9573.JPG


 組み立て説明書。これまで同様、才谷屋龍一さんのイラストによる解説があります。

 ・・・、「ああっ女神さまっ」に登場する自動車部といい、アニメに出てくる自動車部って、どうしてこうもスキルがとんでもなく高い方々なのでしょうか(笑)。


IMG_9574.JPG


 怪しげな金属パーツはサスペンション可動を再現するためのパーツでした。以前に購入したA41センチュリオンでもそうですが、ミョ~なトコロで拘っています(笑)。

 説明書自体は、かなり見易いものになっていると思います。それでも念のために「アハトゥンク・ガールズ&パンツァー」のような設定本があるほうが良いかと思います。


 ざっとパーツのチェックを行い、ざっと説明書を見てみましたが、気負わず組み立てる分には難易度は低そうな印象を受けました。


 しかし、古くからのミリタリーモデラーの方々からすると、こんなマイナー車両(実車も先進的過ぎたが故の失敗作らしい・・・)までプラキット化されるなど、夢にも思わなかったでしょうし、くるくる自体も「ガールズ&パンツァー」という作品を視聴していなければ、こんなキットを購入する事は無かったと思います。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

最近の記事

テーマ別記事

過去ログ

QRコード

商品紹介