超合金魂「宇宙戦艦ヤマト(2202Ver)」、購入

 発売以来、ずっと『買う』『買わない』を繰り返していました。特にアシェットさんから「週間宇宙戦艦ヤマトをつくる」も発売されていますし・・・。
 ただ、アシェットさんの商品は、「組み立ての楽しさ」という大きな魅力があるものの、「トータルの金額」「サイズ」が大きなネックです。
 個人的にも、1/1000スケールのプラモデルで満足しているところもありました。ですが、『買わずに悶々とするよりは・・・』と考え、思い切って手を出しました。

画像


画像


 箱です。

画像


 箱から出すと、こんな感じ。

画像


 『飾り台は?』『付属品は?』と思っていたら、内箱の裏側にくっ付いておりました・・・。

画像


 気になっていた第2副砲基部左右にある発進口(?)ですが、やはり再現されていませんでした。アシェット版でも、チラシ等でサンプル写真を見る限り、間違っているようです。
 今のところ、ここの形状が再現されているのは1/1000スケールキットのヤマト(2202版)だけですね。

画像


画像


 ディテールですが、船体側面と上面とで、ディテール量に差があり過ぎます。甲板や艦橋のディテール量が少ないのが気になります。このあたり、一回り小さい1/1000キットの方がバランスよくディテールが入っています。また、甲板上にはスピーカーの穴が開いています。

画像


 船体側面には、若干の甘さを感じるものの、大きさに見合ったディテールが入っています。2202版ヤマトの特徴である船体と波除板の境にあるはずの微妙なクビレが再現出来ていませんので、全体的に2199と2202の形状がミックスされたという感じになっています。

画像


 メインマスト基部にあるディテールが間違っています。凸モールドではなく、凹モールドが正解です。何故わざわざこんな形状に??
 パルスレーザー砲砲身は繊細に再現されています。

画像


画像


 第3艦橋、艦底部格納庫は設定どおり再現されています。特に艦底部格納庫ハッチは設定画どおりの形状が再現されています。また、ほとんど見えない格納庫までしっかり再現され、コスモタイガーⅡが収納されています。
 アニメ本編では、ほとんど描写がありませんでしたので、ある意味貴重です(笑)。

画像


 この商品最大のセールスポイントである、各種サウンドギミックを操作するコントローラー。なかなか凝ったデザインです。しかし主電源を入れるスイッチがちょっち頼りない感じがします。

画像


画像


 電池ボックス付近に見える出っ張りが本体スイッチ。電池ボックスの蓋を外さずとも、左舷第3格納庫パーツを外すことでオン・オフが可能です。ただ、このパーツを外すのも、そこそこ力がいるので手間なのですが・・・。
 コントローラー、ヤマト本体に単4電池がそれぞれ必要です。商品内にテスト用電池として梱包されています。電池を入れる際、フタを開けるために精密ドライバー(+)が必要です。
 ヤマト本体に電池を入れる作業の際、パルスレーザー砲砲身を破損させないかとヒヤヒヤしました。せめて第3艦橋本体が外れるようになっていれば、かなり破損のリスクを下げる事が出来ると思うのですが・・・。

画像


 開封していませんが、付属の各種艦載機。小さいサイズながら、細かく塗装されていました。

画像


 取り扱い説明書。羽原信義さん、福井晴敏さん、吉田知弘さん、岡秀樹さんのコメントが載っていました。

画像


 主砲、副砲を始めとした備品を取り付けました。三番主砲はキッチリはまるのですが、一番、二番主砲は最後までキッチリはまってくれませんでした。少~~~し「浮いた」感じです。この辺りも個体差かも知れません。
 また、船体各所にあるはずのマーキング類は殆ど省略されています。左舷側展望室の窓部分が受光機になっています。船体の色調や塗装は良い感じですね。
 自己責任となりますが、エアブラシでつや消しを吹きつければ、より落ち着いた印象になるのではないかと思います。

画像


 主翼を取り付けてみました。取り付け部位にあたる部分はバネで固定されていて、主翼を取り付けると奥に引っ込むようになっています。

画像


画像


画像


 発光部分は、艦橋、メインノズル、サブノズル、波動砲口です。付属品や発光部分など、商品の基本構成は、これまで発売された商品とさほど変化が無いように思います。
 しかし、今回の商品最大のセールスポイントである「モーションリアクトサウンドシステム」があることで・・・。

 『何コレ!た~~~~のし~~~~~~い!!!』

 と、なりました(笑)。砲塔の可動に連動して効果音が鳴るというものですが、これがホントに良く出来ているのです。コレに各種セリフやBGMを加えて鳴らすことで、様々なシチュエーションが自身の手で再現できるようになっています。写真や文章ではこの面白さを伝えられないのが、何とももどかしいです。もう脳内や口頭で各種セリフや音(SE)を呟かなくても良いのです。
 ただ、これは個体差かも知れませんが、時折誤動作を起こしました。その時は旧作「新たなる旅立ち」での訓練シーンをイメージすればよい事です。少々の誤動作も「ノープロブレム」です(爆)。
 注意する点としては、音量の調節が出来ません。また、遊んでいる際、おそらく顔がにやけっぱなしになると思われます。ですので他人に見られないようにしましょう。見られてしまうと、「ドン引き」される可能性大です。
 ちょっち気になったのは、スリープモードに入る時の雪のセリフです。「機関停止。ヤマト沈黙します」というセリフなのですが、「沈黙」という単語の選択がどうも・・・。「波動エンジン、停止します」程度に抑える方が良かったと思います。

画像


 ラストは同シリーズのアルカディア号と並べて。アルカディア号のバージョンアップがあるとすれば、「モーションリアクトシステム」は装備されることになるのでしょうか?

 と、いうことで、超合金魂「宇宙戦艦ヤマト(2202Ver)」でした。ディテールに関しては、パルスレーザー砲砲身など、頑張っているところも多いのですが、形状の再現度も含め、このあたりはやはりプラモデルに軍配が上がります。
 しかし、内蔵されているギミックに関しては、この商品が「過去の様々な商品を含めて考えても、これが最高のもの」と言えると思います。
 手にするまでは少々の疑いも持っていましたが、実際に遊んでみて【本当に面白かった】です。ですので、遊び終わって我に戻った時、「モーターを含めた、メカの耐久性はどうなのだろう?」というところが気になってきました。スイッチやツマミを夢中になって操作し、楽しんでしまったものですので・・・。

 ※ギミックの楽しさを優先→超合金魂
 ※形状の再現度を優先→プラモデル
 ※お金も飾るスペースもあり、組み立て作業も苦にならない→アシェット版

 と、言った感じになるかと思います。
 


超合金魂 GX-86 宇宙戦艦ヤマト2202 全長約425mm ABS&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
2019-03-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事

テーマ別記事

過去ログ

QRコード

商品紹介