映画「空母いぶき」を観に行く

 かわぐちかいじさん原作のマンガ「空母いぶき」が実写映画化されました。原作は未読とはいえ、この作品が連載中である事、そして、中国空母艦隊による領海侵犯に対し、海自初の「空母」いぶきを中心にした護衛艦隊が対峙するという、チャレンジングなテーマを扱っているという事、この程度の知識は持っています。
 以前「沈黙の艦隊」にドハマりした人間として、この映画は気になる作品でしたので、割引デーを利用して観に行ってきました。
 ・・・、潜水艦アクション映画「ハンターキラー」を観に行けなかった事による反動も一因です(笑)。

 現代(近未来)の日本を舞台にして、他国と「交戦状態(戦争一歩手前)」になった時、憲法上の制約がある自衛隊がどのように動けるのか?と考えれば、この映画は良く出来ていると思います。
 なので、CGパートは頑張ってはいますが、戦闘シーンは地味です。そんな中、個人的な一押しシーンは護衛艦の主砲が一発で敵艦のミサイル発射装置を打ち抜くという一連のところです。このシーンは「ファンタジー」に近い演出であると思いますが、個人的には「大歓迎(笑)」です。主砲バンザイ!
 戦闘シーンが地味と言っても、まあ、武器を使う事に躊躇しない国が作るアクション映画のドンパチがあまりに派手過ぎるというのもありますから、そこのところは考慮してあげないと・・・。
 日本領を侵犯してくる敵対国家ですが、ああいう表現になってしまうところが「日本発のエンタ-テイメント」の限界なのでしょうね。特に武器を使う事に躊躇しない国が作るアクション映画・ドラマでは割と平気で「実際の国や人名」(リビアのカダフィ大佐とか、北朝鮮のキム委員長とか)を使ってきますからねぇ。あれはあれでスゴイですが。

 ドラマパートはですね・・・、う~ん、日本国内の日常シーン(コンビニのシーン)はもっと少なくても良かったかなぁ。平凡な日常の象徴としているのは分かるのですが、入れるなら、戦争の足音が近づき、パニックに近い状態になっているというシーンを増やす方が良かったかも?と思います。もうひとつ、いぶき艦内にいるマスコミ関係の2人です。ここもねぇ・・・、もうちょっと何とかならなかったかなぁ。ベタっぽいですが先輩記者が後輩に寄り添いつつ、報道機関の理想や誇り、そして責任をそっと後輩にアドバイスするというシーンがあっても良かったような気がします。
 良いなと思えたのは、石渡官房長官(演:増岡徹)と垂水総理(演:佐藤浩市)の関係です。政治思想で支えるという面より、気心の知れた友人関係に近い面で支えているという感じが画面から伝わってきました。緊迫する状況の中、石渡官房長官がいなければ、垂水総理は心理的プレッシャーで持たなかったのではないでしょうか。
 事態が収束したのち、2人が語らうシーンはお気に入りです。

 戦闘終結のオチについてですが、この映画を「沈黙の艦隊」ワールドの続きが描かれたものっぽい、と考えれば腑に落ちると思います。
 あの作品で描かれた「海からの安全保障」が曲がりなりにも成立し、機能している世界、という事です。アメリカ副大統領の名前が「ベイツ」でもありますし(笑)。

 現実に起こりうる状況を舞台にし、その上で自衛隊、政府の振舞いが「こうであって欲しい」という理想や願いを描いた映画だと思います。現実に日本が直面している問題を考えれば、この映画で描かれる理想や願いは「馬鹿げた幻想」と一笑に付すものかもしれません。くるくるもそう思わない訳ではありません。
 でも、だからこそ、その一方で「願いや理想」を簡単に馬鹿にしてほしくないという思いも持っています。

 個人的には、この映画は観て良かったと思えるものでした。なので・・・、

 『タミヤさんの「いぶき」プラモデル、買っちゃおうかなぁ。』
 『タミヤさん、せっかくですから、1/700スケールで「原子力潜水艦やまと」をやっちゃいましょうよ』
 (←え、結局そこ??)

画像


 むろんパンフレットも購入。






[まとめ買い] 空母いぶき
かわぐちかいじ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



映画「空母いぶき」オリジナル・サウンドトラック
バップ
2019-05-22
音楽:岩代太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事

テーマ別記事

過去ログ

QRコード

商品紹介