キャプテンハーロック~次元航海~Vol.10、購入

 マンガ「キャプテンハーロック~次元航海~Vol.10」が発売されていましたので、購入しました。このVol.10以降は原作マンガでは描かれる事が無かったストーリーとなっています。  そして、この巻をもって「完結」となります(泣)。  う~ん、ちょっと「駆け足」になっちゃったかなぁ・・・。ハーロックとラフレシアの対決はアニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その4

 ちょっち加工しました。  ザウラージェットの機首下部に装備されるビーム砲?(D1-5)の先端をピンバイスを使って穴開けを行いました。また、ザウラーキャノンの先端は、穴開け加工ではなくWAVE製のプラパーツを貼りつける事で砲口っぽくしてみました。  パーツを貼りつける前にキャノン先端を少し削る事で、可動に支障がないように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

劇場版「響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ」を観に行く

 前売り券を購入していたこの作品、ようやく観に行くことが出来ました。「劇場版 響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ」。  観に行ったのは「大阪ステーションシティシネマ」さん。上映回数が既に1日1回状態になっていて、『これは下手をすると・・・。』との思いも頭をよぎりました。危なかった(^^;)。  お話はこれまでの続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の模型誌  

 今月の模型誌が発売されていますので、見てきました。  ホビージャパン誌では、「女の子キャラのプラモデル」限定企画「ガールズキャラクターミーティング」に参加した各作例が載っています。アニメキャラのプラモデルは以前からありましたが、近年は再現度がどんどん上がってきて、プラモデルでも「柔らかさ」を感じさせる立体が増えてきました。この分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その3

 肉抜き穴の処理です。  結局、ランドステゴ、サンダーブラキオの脚部に、マッハプテラのくちばしなども処理してしまいました。  ゴウザウラーの足首先端(E-11)にも肉抜き穴がありましたので、プラ板でサクッと(=雑に)処理してみました。 HG 熱血最強ゴウザウラー ゴウザウラー 1/300スケール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロコロアニキ冬号「インベーダーキャップ」

 コロコロアニキ冬号にて応募受付を行っていた「インベーダーキャップ」。応募していたのですが、その品物が届きました。  代金は後払い方式。同梱されていた振込用紙を使って、早々に振り込みを済ませました。  マーキング類はすべて刺繍で処理されています。ドット絵で表されたインベーターマークの下には「SPACE INV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦、竣工

 超戦艦、竣工です!  全体をぐるぐると。全長は約44cm。幅は5.7cm。ですので、使用した元キット(アルペジオ版ムサシ)の縮尺(1/700スケール)でいくと、この艦の全長は、ええと、約308m程度ですね。現行の米原子力空母程度の大きさという事になるでしょうか。  もし1/1000スケー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その2

 パーツの合わせ目処理もやらないつもりなのですが、この2か所だけは処理することにします。  ザウラージェット機首、サンダーブラキオ頭部です。接着剤を使って左右のパーツを貼りつけています。ザウラージェット機首はともかく、サンダーブラキオ頭部の処理は大変そうです。  ・・・、『雑でも良いんだ。気負わない気負わない』、と、自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HGゴウザウラーをつくる、その1

 ヤマト系ばかり弄ってましたので、気分転換もこめて、このキットに手を付けたいと思います。塗装も部分塗装程度にして、あまり気負わず、サクッと済ませたいと思います。  まずは気になる(パッと見てわかる)「肉抜き穴」をパテやプラ板を使って埋めてみました。特にザウラーバンカー(D1③、D2③)とザウラーキャノン(A1⑥、A2⑥)だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

23番目の世界遺産へ

 ユネスコの諮問機関「イコモス」からユネスコに対し、大阪府にある大仙古墳(伝・仁徳天皇陵)を含む「百舌鳥・古市古墳群」を世界文化遺産に登録するよう勧告しました。この勧告により、世界遺産登録がほぼ確実となりました。  認定されれば、日本では23番目の世界遺産となり、令和になってからは「初の認定」となります。 https://hea…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポスターを飾る

 シド・ミード原画展にて購入したポスターを額に入れました。ヤマト2202の前売り券に付いていたポスターは、やっとお役御免です。  シド・ミード原画展でも∀ガンダム・ターンXの限定プラモデルは発売されたのに、YAMATOの側ときたら・・・。でも、あの再現度の現行キットを「原画展記念キット」として販売するのも、さすがに、ねぇ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その30

 ツヤ消しクリアーを吹いて、色を整えました。  艦橋トップはシルバーで塗っています。    艦NEXTに付属の飾り台も組み立て。  ようやく、長い旅路が終わりを迎えます。本当に長かった・・・・。 タミヤ 1/350 艦船シリーズ No.25 日本海軍 戦艦 大和 プラモデル 78025タミヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YAMATO2520プロダクションノート~シド・ミード原画展へ

 無理をして、行ってきました。新宿ロフトプラスワンにて開催された「YAMATO2520プロダクションノート」、そしてアーツ千代田3331にて開催中の「シド・ミード原画展」。  時間と予算の都合上、1日で済ませました。ミード展は、もっとゆっくり・じっくりと見たかったのですが、致し方ありません・・・。  来場者は100人を超…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その29

 竣工は近いです。やっとここまで・・・。  主砲バーベットや対空機銃群、艦尾クレーンなどを取り付けました。マンガ版「まほろば」では艦尾クレーンは4基あり、また、艦尾部分も2段になっていて、かなり大和級と異なっているのですが、今回はそこまで弄らず、キットのままにしています。  ほぼ、塗装作業が完了しました。飛行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超戦艦をつくる、その28

 船体にも塗装を施していきます。  甲板部分は基本ジャーマングレーで塗っていますが、大和級で言うところの「木製甲板」にあたる部分はマスキングし、塗装時には色を足していくことで変化をつけてみます。  「大和級において木製甲板だった部位も含め、艦全体が技術革新によって精製可能となった、とってもすごい超金属に変更されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「令和」はじまる

 今日から元号が「令和」となりました。 https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0501/jj_190501_8303780229.html  「平成」からの宿題も多く残っていますが、まずは良い時代となってくれることを願いたいと思います。 ビジュアル百科 写真と図解でわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more