映画「GODZILLA KING OF THE MONSTERS」を観に行く

 ギャレス版ゴジラが思いのほか良かったので、その続編となるこの映画も「ギリギリのタイミングで」観に行ってきました。ハリウッドの映像クオリティでゴジラ、キングギドラ、ラドン、モスラが大暴れする映画なんて、それだけでワクワクもんです♪



 「ゴジラ対~」「ゴジラVS~」といった日本版ゴジラを、ハリウッドが大金をかけ、本気で作ってみたらこうなったという映画でした。背景となる世界観は、「平成ガメラシリーズ」に近い物でしょうか。怪獣の出現シーンやバトルシーンは大迫力。小さい子供がゴジラのおもちゃで遊んでいた頃『こんなシーンを見たい。やりたい。』という願望がそのまま映像化されている感じです。潔いです。
 その分人間のドラマパートはヒドイです(笑)。渡辺謙さんが「締めて」なければどうなっていた事か。大体モナークの警備は一体どうなっているのでしょうか?怪獣を保存・監視している組織にしてはあまりにお粗末です。
 また、同じ「危機的状況化」において、主役級とそうでない登場人物との扱いの差がヒドイです。娯楽作品ですから主役クラスに対する「ご都合主義」が入るのは当然なのですが、その「許せる一線」があまりにも極端すぎました。怪獣のバトルシーンでテンションが上がっているのに、人物パートでそのテンションを下げてしまう感じです。
 特にエマ・ラッセル博士、最期に責任を取る形にはなりましたが、そこに至るまでの行動は、過去に何があったにせよ許せるものではありません。自身の家族に起きた不幸を、そっくりそのまま世界中の人々にバラまくという事になった訳で、残された家族(もしくは一族)は【世界に災厄をもたらした女性の関係者】として重い十字架を背負っていくことになると思います。

 それでも「地球の全生命体の頂点に立つ存在」としてのゴジラは貫禄十分でしたし、ラドンの演出は想像以上に力が入っていました(笑)。ここまでの映像を作られてしまった以上、今後日本版ゴジラで同様のコンセプトで映画化すると、どうしても見劣りする映像にしかならないのではないかと危惧してしまいます。
 悪くはなかったのですが、テレビやスマートフォン程度の画面では、どうしても迫力が伝えきれないので、コレは映画館で観る作品ですね。

 この続編(敵対勢力も同じ)で「ゴジラVSキングコング」が予定されていますが、これほどの力を持つゴジラに対し、コングはどのように立ち向かうのでしょう?力の差があり過ぎるように思いますが。

 最初はゴジラとコングが戦う→その後、真の敵(復活したキングギドラ?)に対しゴジラとコングが共闘する

 という流れになるのではと予想しますが、はてさて。

IMG_9588.JPG

 
 むろんパンフレットは購入。豪華版を購入しましたが、どうもカバーが付いているか否かだけの違いだったようです。






GODZILLA ゴジラ[2014] Blu-ray2枚組
東宝
2015-02-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト






S.H.モンスターアーツ ゴジラ (2019) 約160mm PVC製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
2019-05-31

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



S.H.モンスターアーツ ゴジラ キングギドラ (2019) 約250mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
2019-06-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事

テーマ別記事

過去ログ

QRコード

商品紹介