怠け者のまったり記

アクセスカウンタ

zoom RSS 劇場版「CITY HUNTER 新宿PRIVATE EYES」を観に行く

<<   作成日時 : 2019/02/12 23:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 劇場版「CITY HUNTER 新宿PRIVATE EYES」、観に行ってきました。約20年ぶりの新作です。

画像


 客層ですが、結構女性の方も多かったですね。また、どう見ても冴羽獠のコスプレと思われる男性を見かけました。しかし、元キャラの衣装が現実にあってもおかしくないデザインですから、浮いてはいませんでしたね〜。



 オリジナルキャストの集結、ストーリーの緩急のつけ方、シーンに合わせての音楽の使い方、あの頃のシティーハンターそのままです。100トンハンマーや「もっこり」など、お約束もそつ無く押さえています。懐かしいのに古臭さが全くありません。
 ゲスト声優となる飯豊まりえさん、徳井義美さんの演技も違和感なく、と言うか、普通に上手でした。作品を壊すことなく、バッチリです。また、各シーンに合わせて使われる、かつての楽曲の数々は、ファンサービス極まれりです。そして香の幼馴染にして、獠と対決することになる御国真司を演じるのは山寺宏一さん。「ハンサムで良い人そうに見えて、実は・・・。」という役を演じる事が最近多いような。「ソードアートオンライン」「魔法少女リリカルなのは」がそうでしたし。
 客演となるキャッツアイ(来生3姉妹)と海坊主、美樹との掛け合いも面白かったですね〜。猛者の傭兵である2人が土下座する程怖いって、いったい・・・。
 登場するキャラが魅せる様々な掛け合いの妙が、この作品の大きな魅力のひとつです。

 ミュージックビデオ
 コメディ
 シリアス
 アクション
 バディ

 と、様々な面で観る事の出来る娯楽作品でした。ヤマト復活篇が悪い意味で「あの頃のまま」だったのに対し、こちらは良い意味で「あの頃のまま」な作品でした。新旧スタッフのバランス感覚が良かったのかも。
 今作は「お祭り」と言う事で、こういう構成でも良かったと思いますが、もしシリーズ化するとなると大変かも。「お約束」=「マンネリ」とも言えますからね。最近のルパン三世でも、マンネリ打破に苦闘している感じがしますし。

 エンドテロップ中のキャスト欄に、キャッツアイで来生泪を演じていた故・藤田淑子さんの名前があったのにはウルっときました。藤田さんは今作に参加する事叶わず亡くなっていますので、瞳役の戸田恵子さんが泪役と兼ねているのですが、哀悼を込め、敬意を払い、テロップに名前を出すというキャスト・スタッフの配慮が嬉しかったですね。

画像


 シティーハンターという作品を知っている人も知らない人も、普通に「楽しいアクション映画」として鑑賞できる作品になっていたと思います。
 普段はグータラ&スケベでも、ここぞという場面でキメてくれる男は、やはりカッコいいのです。

画像


 当然パンフレットも購入。こちらに記載されているキャスト表の中では故・藤田さんの名前が無いのですが、これはイカンですよ。配慮をするならば、こういったトコロまで配慮しないと。

画像


 入場者特典も頂いております。






CITY HUNTER Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
アニプレックス
2019-01-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
劇場版「CITY HUNTER 新宿PRIVATE EYES」を観に行く 怠け者のまったり記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる