宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち第五章「煉獄篇」を観に行く

 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち第五章「煉獄篇」、観に行ってきました。「リズと青い鳥」と連続して観ております。

画像

 
 なので、会場は大阪ステーションシネマさん。



 事前の予告通り、前半がデスラーのエピソード。後半が地球艦隊VSガトランティス艦隊と言う構成です。デスラーのエピソードに関しては、2199と繋がるよう、何とか辻褄を合わせたという感じです。ちょっち「ベタ」っぽい気もしましたが、2202での「後付け」設定の中では上手くまとめた方に入ると思います。また、キーマンの正体もようやく解明されました。これもまた、落ち着くところに落ち着いたという感じです。ただ、ここまで持っていく一連の展開が、これはこれで良いと思う一方で、もうちょっと上手くミスリードできていれば、もっと魅せる事が出来たのでは?とも感じます。
 少し作画が悪い部分がチラチラ見受けられましたが、劇場アニメではなく、TVアニメレベルと見れば、「まだ許容できる」クオリティです。

 後半は地球艦隊VSガトランティス艦隊。旧作「2」での大きな見せ場である「土星沖会戦」のリメイクともいえるエピソードです。互いに物量にものを言わせる戦いは、映画館の大画面に栄えるもの。主力戦艦(ドレットノート級)、バンザーイ。(←バカ)
 しかし、物量にものを言わせるあまり、戦い方が単調に見えてしまうのもまた事実。「星巡る方舟」のダガームがマトモに見えてきます。
 ガトランティス艦隊側は良いとしても、地球側は・・・。あの物量で押してくる訳ですから、対応の仕方も必然的にああなってしまうのかも知れませんが。
 気になるのは、地球側の資材や人的資源はどうなっているのか??という事。これは時間断層では説明しきれないと思います。何らかの補足説明がこれからのエピソードで成される事を願います。
 また、予告で思わせぶりに登場する藤堂早紀艦長ですが、今章ではそのまま「思わせぶり」で終わります。活躍は6章からとなりそうです。担当する艦はオレンジ色のドレットノート級ではなく、次章予告に登場するヤマト型戦艦になるのかな?

 そして、やはり煽り文句にあった「ラスト5分」です。気になっていました。加藤の決断には胸が締め付けられる思いがしました。それは確かです。でも、ここに至るまで、もうちょっと上手い展開と演出が出来なかったか、と。
 何と言いますか、凄く「モッタイナイ」感がします。

 2202は2199同様、1話30分のTVフォーマットで制作されていますが、TV放送時にはCM等の関係で、カットされる場面が必ず出てくると思います。
 であるなら、いっそのこと、「サービスサービス♪」という事で、フォーマットから少々足が出るくらいで映像ソフト化していても良かったのではないかと思います。パンクで使えるであろう「ヤマト発艦口から出撃するコスモタイガーⅡ部隊」のシーンが未だ無いのは・・・。VS都市帝国というクライマックスに温存しているのでしょうか?。 
 2202でのコスモタイガーⅡの扱い、悪すぎるというか、「いらん子」状態と言うか(^^;)。ついでに言えば、ヤマトの主砲もほとんど使用していないような。使っているのはパルスレーザー砲と艦首ミサイルばかり(笑)。

 期待値低めで観に行ったこともあり、おかげで満足感はそれなりにありました。スタッフ陣の頑張りは解ります。しかし、2202からは色々な「粗さ」「雑さ」をどうしても感じてしまいます。

 キャラもアップ絵を多用し過ぎです。目線を動かす程度であっても、もっと各々のキャラに「動き」をつけてください。背景で立っているだけのキャラであろうと同様です。あれではただの「背景」であって「人物」に見えません。
 艦船も、攻撃を受けているのに、回避行動はおろか、防御の弾幕すら展開しないのは「絵として」不自然です。そういう行動をとるならば、その(もっともらしくて良いので)理由を劇中で示してください。

 ちょっとした「粗」が積もり積もって「全体として変」につながっているのではと思います。このあたりが作品に「没頭しきれない」遠因ではないでしょうか。

 しかし、最期までこの「ヤマト2202」という艦に付き合うと決めた以上、最期まで「乗艦」します。
 ただし、2202以降は、イベント上映から「下艦」するかもしれませんが・・・。

画像


 パンフレット、ブルーレイソフトは乗艦の義務(←ヲイ)として購入。

画像


 グッズは最小限。「コレ」というものが無かったので。

画像


 入場者特典も頂いています。









小説 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち (3)
KADOKAWA
2018-05-25
皆川 ゆか

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小説 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち (3) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



画像


 第六章「回生篇」は11月2日からの上映です。このイメージビジュアル、随分とまた思わせぶりな・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック