小説版「宇宙戦艦ヤマト2202第1巻」購入

 宇宙戦艦ヤマト2202の1話~5話までをノベライズした「宇宙戦艦ヤマト2202 Ⅰ〈地球復興〉」が発売されていますので、購入しました。

画像


 執筆担当は皆川ゆかさん、挿絵担当はむらかわみちおさんです。総ページ数は501ページと、かなりなボリュームです。ですが、アニメの1~5話をまとめた訳ですから、これでもコンパクトになっていると思います。

 さて、内容ですが、活字だからできる描写や表現があったり、アニメでの演出とはまた異なった描かれ方がされていたりと、堪能できるものに仕上がっていました。

 ヤマトが発進した際、「英雄の丘上空を飛ぶヤマト」というシーンがアニメ作中にあるのですが、オーディオコメンタリーによると、「ヤマトの進行方向には英雄の丘はない。でも、このシーンはあえて入れてある」とありました。このシーンについて、小説では整合性が取れるよう「ひとこと」付けてあります。配慮が細かいです。

 今回の小説版ですが、「2202は、星巡る方舟を含め、2199の続編である」というところが、アニメ以上に強く感じる事が出来ました。ココ、結構重要なポイントだったりします。
 2199では、「その他大勢」のキャラにさえ、出来うる限り名前・設定を付けていましたが、このノベライズでは、そういったところを拾ってくれています。2199の7話において、古代から地球への通信を変わってもらった内のひとり「佐伯」が、コスモタイガー隊を収容した場面で出てきます。1行足らずではあるのですが、この1行があるおかげで、モブキャラであろうと、ひとりひとりバックボーンがあるのだと実感する事が出来ました。
 また、同7話において、加藤三郎の父も出てきましたが、ガミラス戦役後、孫の翼にメロメロになった事もこの小説でわかります。
 ページ数に制約がある中でも、ちょっとした目配りがある事で、作品世界に奥行きが出ていて、好感の持てるノベライズになっていました。

 少しだけ気になった点は、加藤(原田)真琴は、テレサからのメッセージを受けたのか否かが描かれていなかった事でしょうか。
 この小説では(というか、2202では)「雪以外のヤマトクルーがテレサからのメッセージを受けた」となっています。だからこそ雪は苦悩する訳ですが、では「今回の航海に参加しなかったクルーは、どのようなメッセージを受けたのか?」がイマイチよくわからないところがあるのです。小説では、一例として星名が「誰から、どのようなメッセージを受けたのか」が具体的に描かれているのですが・・・。
 「ヤマトに乗れ」と言われたクルーと「ヤマトには乗れない」と言われたクルーがいるという事は、「ヤマトに乗るな」といったメッセージを受けたクルーも居たという事でしょうか・・・?う~む。

 トータルでは満足できた作品でしたので、次巻以降も購入して良いかな?と思っています。その際、一つお願いが・・・。

 『難しい漢字には「ルビ」をお願いします』(←そこかい!!)


 
小説 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち (1)
KADOKAWA
2017-10-13
皆川 ゆか

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小説 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち (1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



小説 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち (2)
KADOKAWA
2017-12-26
皆川 ゆか

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小説 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち (2) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「宇宙戦艦ヤマト」の真実 (祥伝社新書)
祥伝社
豊田有恒

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「宇宙戦艦ヤマト」の真実 (祥伝社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



宇宙戦艦ヤマト2199 艦艇精密機械画集 HYPER MECHANICAL DETAIL ARTWORKS
マッグガーデン
西崎彰司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宇宙戦艦ヤマト2199 艦艇精密機械画集 HYPER MECHANICAL DETAIL ARTWORKS の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



宇宙戦艦ヤマト2199 艦艇精密機械画集 HYPER MECHANICAL DETAIL ARTWORKS 弐
マッグガーデン
宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宇宙戦艦ヤマト2199 艦艇精密機械画集 HYPER MECHANICAL DETAIL ARTWORKS 弐 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近の記事

テーマ別記事

過去ログ

QRコード

商品紹介