35分の1スケール「Ⅳ号戦車D型 (F2型仕様) 」をつくる、その1

 タミヤさんのキットではないので、またまた手こずる事になると思いますが、この車両にも手を付けていきたいと思います。「プラウダ高校」戦時の姿である、「Ⅳ号戦車D型 (F2型仕様) 」を作っていきます。
 またまたまた、誘導輪の処理を行うのかと思うと、ちょっち・・・。

画像


画像


 まずは、不要であろうと思われる部位をパテ埋めしました。車体に取り付ける「A‐11、12」を組み合わせたパーツですが、ガルパン仕様では最後尾部分には取り付けません。
 なので、この取り付け穴を埋めておきます。

 ・・・、この変更箇所、Ⅳ号戦車の制作3両目制作にして、ようやく気付いた点です(←マヌケ)。











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック