HI-METAL R「VF-1J アーマードバルキリー 」

 以前展開されていた変形トイ「HI-METAL」が、「HI-METAL R」と看板を掛け替えて戻ってきました。その第1弾は「VF-1J アーマードバルキリー 」です。

画像


 箱です。チラリとバトロイド形態のVF-1Jが見えています。

画像


 箱裏です。

画像


 箱から出すと、こんな感じ。

画像


画像


 内容物は段重ねになっています。

画像


 取扱説明書。

画像


画像


 バトロイド形態。

画像


画像


 ガウォーク形態。

画像


画像


 ファイター形態。主翼はミサイル懸架可能な取り付け穴ありのものと、そうでないものの2種類あります。

画像


 コクピット内部。綺麗に塗装されています。この精度、自分では無理でしょうね~(笑)。キャノピーカバーのみ差し替えですが、それ以外は「完全変形」です。
 関節の固さもいい感じです。これまでのDX超合金「VF‐25」などに比べ、変形システムがシンプルということもあり、扱いやすいです。
 脚部や腕部等に固定用の穴やピンがあり、形態をきっちりと固定してくれます。

画像


 そうそう、ランディングギアは差し替え式。ハッチとランディングギアは一体成型ですので、交換もラク。

 これだけも十分なプレイバリューですが、今回はアーマードパーツも付属しています。

画像


画像


 アーマードパーツ装着.装着には機首の先端を取り外す必要があります。アーマードパーツのような、何らかの追加パーツを装着する際、せっかく装着したパーツが「ポロポロ」外れてしまう商品が間々あります。
 そういった玩具では、弄って楽しむどころか、逆にストレスがたまってしまうという事になってしまうのですが、今回の商品はそんな事もなく、かなりスムーズに装着出来ました。装着作業もストレスなく行うことが出来、簡単な部類に入ると思います。

画像


 各部に装備されたミサイルハッチは全て展開可能。

画像


 と、いう事で、HI-METAL R「VF-1J アーマードバルキリー 」でした。サイズも大きすぎず小さすぎず、プロポーション自体も3形態とも十分許容範囲内にまとまっています。気軽に手に取って可変戦闘機バルキリーを楽しむことが出来るのは良いですね~。DX超合金シリーズより楽しいくらいです。
 個人的にはこの「J」タイプが一番好みの機体なので、今回購入できて良かったです♪













画像


 ・・・、!!?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック