figma「セイバー」(Ver.2)

 くるくるがアクションフィギュアに手を出すきっかけになった「figmaセイバー」が、Ver.2となって再登場です。『どんなんかなぁ~』と言う事で、購入しております。

画像


画像


 箱です。

画像


 箱から出すと、こんな感じです。

画像


画像

 
 取扱説明書・・・。小さいです!今こういうカタチになっているんですか・・・。内容に関して足らない部分は箱に記載されています。

画像


付属品。交換用手首、スタンドです。予備の手首用ジョイントが1つ付いてきます。

画像


 2種の武器。エクスカリバーとカリバーンです。それぞれの鞘も付属。Ver.2の今回も、造形・塗装共に素晴らしい出来栄えです。これが量産品とは思えません。

画像


画像


 パッと見た感じでは、さほどの変化は見られません。ですが、さすがのfigmaクオリティです。造形・塗装共に素晴らしい!

画像


 お馴染みの通常顔。

画像


 照れ顔。頬の赤らめ具合がなんとも言えません。

画像


 叫び顔。前髪は靡いた状態のものが付属しています。これが結構「効いて」いるパーツです。

画像


画像


画像

 あ~くしょん!

 以前のものより動かしやすくなった印象です。また、「剣の両手持ち」がよりスムーズに出来るようになっている感じがします。

画像


 光と影のバトル。セイバー・オルタさんにご登場願いました。

画像


 Ver.1のセイバーさんと並べて。髪や甲冑の造形がより細かくなったように思えます。一番分かり易い違いは「つま先の可動の有る無し」でしょうか。

画像

 
 セイバーといえば、やはりこのポーズです。左手首の掌に窪みがあるタイプがあるのですが、その窪みに柄をセットすることで、より安定して剣を支える事が出来るようになっています。地味ですが、高感度大の改善ポイントです。

画像


 と、いう事で、figma「セイバー」(Ver.2)でした。パッと見た感じ、それほど変化があるようには見えませんが(ハッキリわかるお値段の変化はありますが)、細部にわたる改善点の積み重ねが、アクションのし易さに表れているように感じました。
 造形・可動のバランスが取れたアクションフィギュアだと思います。カッコいいと可愛いの両方を満足させるフィギュアです(^^)。

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック