DX超合金「VF-25Sメサイアバルキリー・オズマ機・リニューアルVer.」

 ネットショップで注文していた、DX超合金「VF-25Sメサイアバルキリー・オズマ機・リニューアルVer.」が届きました。出来の良かったリニューアル版アルト機のバリエーション展開です。

画像


画像


 箱です。マクロス30周年記念のステッカーが貼ってあります。

画像


 飾り台はアルト機と共通です。

画像


 箱から出すと、こんな感じです。アルト機と同じ梱包です。

画像


 交換用の手首一式。

画像
 
 
 武装のナイフ。それと頭部レーザー機銃。初めから頭部についている物は軟質樹脂製で、好みで交換できるようになっています。万が一のスペアという意味でも、有難い配慮ですね。

画像


 もうひとつの付属武装、ガンポッド。色はアルト機と異なっています。

画像


 パイロットのオズマフィギュアと、最大のオマケ(笑)であるランカフィギュア。ランカはちょこんと手を膝に置いています。

画像


 とーぜんランカはアルト機に(笑)。コクピットを単座⇄複座に出来るギミックも共通です。

画像


 ファイター形態。

画像


 ガウォーク形態。あ、脚部の翼、畳むのを忘れてます(爆)。

画像


 バトロイド形態。

画像


 アルト機と並べて。サクッと弄ってみましたが、やはりリニューアル版のVF-25のプロポーションは良好ですね~。3形態、どれも見事です。

 ただ、前回のアルト機の時もそうでしたが、脚部を固定しているピン部分、ファイター⇄ガウォークへの変形時に一旦外さなければなりませんが、固くてなかなか外れませんでした。何度か変形させていくうちに馴染んでくるのでしょうが、そうなると保持力が不安になってきます。
 そして頭部の移動。ここも固くて、なかなか動いてくれませんでしたし、バトロイドからファイターに戻す時、なかなかキッチリと元の位置にハマってくれませんでした。

 しっかり固定はして欲しいけれど、ヘタってしまうのも困るし・・・。この点は変形トイの悩ましい所ではあります。

 しかしながら、現時点では保持力はしっかりしていますから、その点は安心ポイントです。おそらく、予定されている「アーマードパーツ」を考慮しているのかもしれませんね。

 
画像


 リニューアル・アルト機の時みたいな驚きは少なかったですが、それはリニューアル版の出来が良いことの裏返し。
新造形の頭部もシャープでカッコいいですよ。
 
 今更ながら、バルキリーシリーズにハマっている気が。メーカーは違いますが、やまとさんのVF-19ファイアーバルキリーも「どうなのかなぁ?」と思っています・・・。
 でも、値段が・・・。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック