相棒・元旦SP

 最近の年末、もしくは年始の楽しみと言えば、初詣でもなく、おせちでも無く、これ、「相棒・元旦SP」。

 むろん今回も堪能しました。千利休、幻の茶器が背景にあるという設定はなかなか面白かったです。信長・秀吉と茶の湯・茶器は切っても切れない関係ですし。

 と、そういった部分や脚本の類は、詳しい人にお任せするとして、くるくるが気になったのは「京都ロケ」。う~ん、出てくる場所が、なにかどこかで見たような感じか・・・。

 そう、TV版エヴァ21話「ネルフ、誕生」(ビデオフォーマット版)にでてくる「人工進化研究所」です。21話の主な舞台は京都でした。
 「ネルフ、誕生」において、冬月教授と、碇ユイの2人が話している場所は、今回の事件の真犯人が逮捕された場所と似ています。エヴァにおいて、モデルになった場所なのでしょうか。
 それに神戸刑事の元恋人、神戸刑事が呼びかける時『ユイ』と言ってましたね。

 もしかして、今回の相棒、千利休の茶器の謎が裏にあるという事より、「エヴァネタ」が裏にある事の方が真実なのでは??
 まぁ、深読みしすぎでしょうが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック