怠け者のまったり記

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇宙戦艦ヤマト2202第1章を観に行く

<<   作成日時 : 2017/02/27 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 宇宙戦艦ヤマト2199の続編であり、かつての「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」「宇宙戦艦ヤマト2」のリメイクとも言える「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」を、公開初日に観に行ってきました。
 こんな事をするのは「ヤマト」だからです。

画像


 今回は大阪ステーションシティシネマへ行くことに。難波パークスシネマでも良かったのですが、ちょっち距離が・・・。



 さて、気になった内容をつらつらと・・・。

 前作でも憎まれ役であった芹沢虎鉄が、今作でも「大活躍」です(笑)。よく失脚しなかったものです。ガミラス戦役後、うまく立ち回ったんでしょう。想像が膨らみます(^^;)。

 地球に落下してくる大戦艦を改装中のヤマトのショックカノンが迎撃しましたが、たった1発の砲撃で完全破壊。 主砲は一層威力を増しているようです。また、弾道は螺旋を描いていました。うんうん、重要な演出です。
 
 古代と雪のデートシーンは旧作から変更されていますが、ううむ、最近のアニメ演出に毒されているのでしょうか、ああいう演出を見ると、いわゆる「雪の死亡フラグが立った」と思えて仕方がないのです・・・。

 今回初登場となるアンドロメダの同型艦ですが、う〜ん、空母型のデザインはイマイチ好きになれないです。アイデアそのものは面白いと思うのですが、「これまで培ってきたヤマトの世界観」を鑑みると・・・。
 PSゲーム版で登場した「主力戦艦を改造した戦闘空母」のデザインが素晴らしかっただけに、尚更です。今回のデザインが魅力的になるか否かは、これからの演出(活躍)を見てみないと、ですね。 

 英雄の丘に集うヤマトクルーたち、ちゃんと2199版になっていました。岬百合亜や星名透など、2199で新規に追加されたキャラが居てホッとしました。また、「星巡る方舟」でヒロイン格だった桐生美影も司令部付きのスタッフとして登場しています。桐生は斎藤一とは知り合いという設定になっていますから、2202でも何らかのフォーカスがあるかも・・・。

 絵のクオリティに関しては、あえて「次第点」とします。「ヤマト」という作品であればこそ、まだまだ「やれる」はずだと思います。劇場上映を行うというからには、やはり相応のモノを求めたいですね。無茶を言っている事は重々承知の上なのですが・・・。

 音楽は素晴らしいものです。この質を保ったCDならば購入したいです。「さらば」のリメイクである以上、やはりパイプオルガンは外せません(笑)。
     
 総じて、がっかりする事はありませんでした。ただ、「社会現象」になる作品になれる否かは、まだまだ様子見というところ。
 そう、正に「これから」の作品です。だからこそ、全7章をしっかり見届けたいと思います。

画像


 第2章の公開は4か月後の6月24日。むろん観に行きますよ〜。個人的な注目ポイントは、羽原監督以下のスタッフが、「ヤマト発進シーン」をどれほど魅力的に描いてくれるのか、というところです。旧作を超える迫力ある発進シーンを期待です。(←ハードル上げ過ぎ)


画像

 
 今回手にした品々。第2章の前売り券もちゃっかり購入しています。






宇宙戦艦ヤマト2199 Blu-ray BOX (特装限定版)
バンダイビジュアル
2017-01-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宇宙戦艦ヤマト2199 Blu-ray BOX (特装限定版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟 [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2015-05-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇宙戦艦ヤマト2202第1章を観に行く 怠け者のまったり記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる