怠け者のまったり記

アクセスカウンタ

zoom RSS 残留か、離脱か

<<   作成日時 : 2016/06/24 21:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 「EUに留まるか否か」を問う国民投票がイギリスで行われました。国を2分する激しい論争が繰り広げられましたが、結果が出たそうです。
 結果は、「離脱」となりました。

http://news.biglobe.ne.jp/international/0624/jj_160624_1422985002.html

 また、この結果を受け、キャメロン首相は辞意を表明しました。

http://news.biglobe.ne.jp/international/0624/ym_160624_5557429508.html

 度重なる戦乱と、2度の世界大戦の舞台となった歴史的事実を背景に成立・発展してきた「欧州連合」は大きな岐路を迎える事になりました。
 どれだけ理想を掲げても、目の前に在る現実には抗しきれない、という事なのでしょうか?話し合いによって「これまでの国家を統合し、新たな共同体を作る」という行為は、「自然の摂理に逆らう」無謀な行為なのでしょうか?
 「理想と現実」古くて新しい問題です。
 
 今回の決断がどのように「審判」されるのかは、後世の歴史家に委ねるより他無いのかもしれません。
 もっとも、そこまで人類が生存していればのハナシですが。



新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)
文藝春秋
池上 彰

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



21世紀の戦争論 昭和史から考える (文春新書)
文藝春秋
半藤 一利

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 21世紀の戦争論 昭和史から考える (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
残留か、離脱か 怠け者のまったり記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる