怠け者のまったり記

アクセスカウンタ

zoom RSS MG 1/100 RX-93 vガンダム Ver.Kaをつくる、完成

<<   作成日時 : 2015/08/20 21:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 MG 1/100 RX-93 vガンダム Ver.Kaをつくる、完成です。・・・、これまた「一応」です(笑)。

画像


画像


 まずは前後から。やはり今風のプロポーションです。足が長〜い・・・。シールは未使用(爆)。

画像


 ライフル、シールド装備。あれ?背部に装備されるフィンファンネルは?と思われるでしょうが、あれはですねぇ・・・、

 取り付け方法に不備があるとしか言えません。

 厳しい言い方のようですが、そう言わなければならないくらい酷いです。ファンネルに装備されている取り付けジョイントですが、内部に収納できるようになっていて、見栄えが良いように処理されています。そう、見栄えは良いのです。
 しかし、見栄えの良さと引き換えに、パーツ同士の固定力が弱いのです。
 そのため、何とかファンネル同士の取り付けができたと思っても、すぐに「ポロポロ」と外れる始末。イラついたので、取り付けはあきらめました。ファンネル取り付けのイライラのため、新設定となるサイコフレーム展開というギミックも「面倒」くさくなって諦めました。個人的にも「どーでもいい」設定ですし(^^;)。

 う〜ん、MGシリーズはバンダイプラモデルのトップクラスに位置するブランドですが、今回のキット、「策士策に溺れる」的な設計が目立つ感じがします。コンピューターによる設計や、新素材の導入など、既存の考えに捕らわれず、技術・完成度のさらなる高みを目指していこうというチャレンジ精神は素晴らしいと思うのですが・・・。
 

画像


 と、言う事で、「MG 1/100 RX-93 vガンダム Ver.Ka」でした。接着剤不要・パーツを切り出すだけで、これほどの完成度のモデルが手に入る事は称賛する点です。
 ただ、ファンネルを繋ぐジョイントが一番の弱点です。そして関節部。関節部分も、何と言いますが・・・、「シャキっとせず」「フニャフニャ」しているのです。使われているのが耐摩耗性に優れた新素材らしいのですが、これが原因のように思います。 ファンネル無し、素立ちで飾る分には見栄え充分なのですが。
 個人的にはHGUCシリーズの1/144キットで充分だったかなぁという感じですね。



HGUC 1/144 RX-93 νガンダム (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
バンダイ
2008-03-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by HGUC 1/144 RX-93 νガンダム (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
MG 1/100 RX-93 vガンダム Ver.Kaをつくる、完成 怠け者のまったり記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる