怠け者のまったり記

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊チャンピオンRED11月号

<<   作成日時 : 2014/10/16 22:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 ・・・、やはり「キャプテンハーロック」が気になるので、もう一回購入する事にしました。

画像


画像


 オマケは松本零士先生の「ハーロック&トチロー・未収録短編集」です。単行本にこれまで収録されなかった短編やオマケマンガを収録しています。

 さて、ハーロックですが、基本は原作マンガ通りです。今のところは。今話ではマゾーン文字を解読したクスコ教授が登場。しかし原作通り(原作以上に)あっさりとマゾーンの手下に殺されてしまいました。う〜む、もう少し何とかして欲しかったところです。
 さて、今回、かつて地球を護っていた伝説の艦隊「ガイアフリート」という艦隊が出てきます。このあたりはCG映画版ハーロックの設定を取り込んでいるようです。この辺りは第1話を読んだ時点で判っていた事ですし、原作マンガから広がりや深みを持たせるという意味で良いチャレンジだと思います。
 ただ、話を広げ過ぎる事にならないかという危惧もあります。「あれもこれも」と欲張り過ぎると、収集がつかなくなる恐れもあるので、上手く差配して欲しいところです。

 そして何より、ガイアフリートを構成する4艦なのですが・・・。そのうちの1艦が「グレートヤマト(Gヤマト)」なのですよ。ええと、この艦を出して大丈夫なのでしょうか?
 以前「新・宇宙戦艦ヤマト」が大人の事情で「大ヤマト零号」というトンデモ企画になってしまい、世界観そしてGヤマトのデザインすら大きく変更になるという、単なる一介のファンからすれは「困った」としか言いようのない出来事がありまして・・・。
 ただ、この1件のおかげで「宇宙戦艦ヤマト2199」が世に出る事が出来たとも言えますし、「新・宇宙戦艦ヤマト」という作品には色々複雑な思いがあります。
 
 個人的には「お互い住み分け出来る事になったので、この度、Gヤマトも登場できるようになった」であって欲しいのですが・・・。

 色々な意味で(笑)期待と不安が綯い交ぜになる作品です。基本は原作通り「ハーロックVSマゾーン」なのでしょうが、ガイアフリートがハーロックと関わってくるのか、トチロー、エメラルダス、まゆといったキャラは登場するのかなど、新たな部分をどう描くのかも注目したいところです。



チャンピオン RED (レッド) 2014年 11月号 [雑誌]
秋田書店
2014-09-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by チャンピオン RED (レッド) 2014年 11月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



チャンピオン RED (レッド) 2014年 12月号 [雑誌]
秋田書店
2014-10-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by チャンピオン RED (レッド) 2014年 12月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



新 宇宙戦艦ヤマト 新装版 1 (少年サンデーコミックススペシャル)
小学館
2010-11-18
松本 零士

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新 宇宙戦艦ヤマト 新装版 1 (少年サンデーコミックススペシャル) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
月刊チャンピオンRED11月号 怠け者のまったり記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる